アキザキヤツシロラン、見つけた

2018.12.09 18:53|野生ラン・12月

2012/12/6 の記事を改めて掲載しました。

11月30日、撮影  アキザキヤツシロランを見つけました。場所は、仁淀川沿いの竹林。
 最初の竹林では、なし。次もダメ。三番目の竹林で、発見。もちろん、もう花は終わり、果実になっています。
 11月1日に、「探すなら11月」と書いた手前、自分でもやってみた訳です。竹林といっても、今時、手入れはされていませんから、足を踏み入れたくないような場所ばかりですが、薮蚊がいないので、落ち着いて探せます。
 アキザキヤツシロランは、お世辞にも「綺麗!」な花ではありません。華やかさも色気もありませんが、なぜか惹きつけられます。




タグ:オニノヤガラ属 アキザキヤツシロラン

ツチアケビ 花が咲いて、実がなっても・・・

2018.12.08 09:10|野生ラン・12月

2016/12/8 の記事を改めて掲載しました。

左から、5/11、6/13、7/20、12/5 撮影 左から、5/11、6/13、7/20、12/5 撮影

2007/10/29撮影
鳥が啄んだような跡が見られる。
2007/10/29撮影
鳥が啄んだような跡が見られる。

 
 ツチアケビは、花が咲いて、実がなっても、タネが撒かれなければ、なんにもならない。
 人様は、綺麗に咲いた花をカメラに収めれば、一巻の終わりで良いが、ツチアケビのほうにしてみれば、子孫繁栄に繋がらなくては、春に地上に現れた意味がない。
 近くの神社へは、今年も、10回前後訪問した。上の写真は、その時、撮った写真のうちの4枚。右端が、最新のものだが、果実がすべて、真っ黒になっている。小鳥が啄んだような形跡は全くない。赤いうちは良いが、こんなに黒くなっては、小鳥の食欲をそそることもあるまい。
 左下の写真は、2007年に、別の場所で撮ったものだが、数個の果実に、小鳥が啄んだような形跡がある。喰った小鳥はどこかへ飛んで行って、そこで糞をする。糞の中のツチアケビのタネがそこで発芽する(もしかして、運が良ければだが)。 これは成功例である。
 多くの場合は、真っ黒に変色して、腐ってしまう、残念ながら。




タグ:ツチアケビ

シモバシラに霜柱が

2018.12.07 09:57|山野草・12月

2012/12/13 の記事を改めて掲載しました。

 
 このごろ、四国カルストで花道楽に、しばしば、シモバシラが登場するものだから、私も、近くのシモバシラを見てきました。やっぱり、霜柱が付いていました。昨年よりも、ずっと出来が良いみたいです。
 後期高齢者に仲間入りすると、早寝早起きは得意ですが、寒さには弱い。撮ったのは、10時になっていましたが、この時間で丁度でしょうか。
 なお、花道楽さん所では、さすが、檮原だけに、いろいろな枯れ草に、美しい霜柱ができるようですが、ここのは、シソ科のシモバシラです。




  

タグ:シソ科 シモバシラ属 シモバシラ 12月 1月

11 ← 2018/12 → 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”