カンラン咲く、牧野植物園 地植え

2018.12.23 17:52|野生ラン・12月

2016/12/2 の記事を改めて掲載しました。

 
 いま、牧野植物園では、寒蘭の展示会が開かれている。豊雪や室戸錦など土佐寒蘭の銘品に加えて、中国産も見ることができる。
 しかし、長年夢見ているのは野生のカンランが花を咲かせている姿だ。何十年も昔一度見た切り、お目にかかっていない。そこで、野生とまではいかなくても、せめて、鉢植えではなく地面に生えているのを観たい。牧野植物園では、2か所、植えたところがある。
   一つは、本館から展示館への回廊の入り口の右わきに、ハルカンランなど一緒に植えられている。数株あるが、毎年観察していても、咲いたのを見たのは、3年ぐらい前に一度だけ。
 もう一つは、寒蘭センター脇の坪庭だ。ここでは、なんと3株も綺麗に咲いていた。実は、鉢で咲いているものをここに植えたものらしい。写真はその中の一つ。

 野生のカンランの開花株を見るのが難しいのは、一つは、花を咲かせるほどまで成長する前に、採られてしまうからだが、野生の場合は、出始めた花茎に虫が入ったり、病気にやられたり、などなど色々な障害があるようだ。




   

タグ:シュンラン属 カンラン 牧野植物園

シロバナタンポポ、はやばやと

2018.12.12 09:59|山野草・12月

2017/12/22 の記事を改めて掲載しました。

 
 近くの農道を歩ていたら、シロバナタンポポが花を咲かせていた。 もうタネを付けているのも、とっくにタネを飛ばしてしまった株もある。
 今日は冬至で、一年で一番、日の短いときだし、 春の花だと思っていたシロバナタンポポがこんなにも早く咲くものか、とビックリした。




シモバシラに霜柱

2018.12.11 09:03|山野草・12月

2013/12/21 の記事を改めて掲載しました。

 今朝庭に出たら、車のフロントガラスが霜で真っ白。
 そこで思い出して、シモバシラ(シソ科)に霜柱が付いているかも、と思って出かけました。歩いても5分ぐらいで行きつける所、ちょっと前、飼い犬が元気だったころは、毎日のように散歩していた所です。
 付いていました!
 
 ここには、 シモバシラ のほかに、秋には、 キバナアキギリヒヨドリバナ も咲きます。
 そして、 ヨツバハギ が夏から秋遅くまで咲きます。ヨツバハギは、高知県では60年ぶりに見つかったことで、地元新聞が取材にきて、ニュースになりました。  

タグ:シソ科 シモバシラ

01 ← 2019/02 → 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”