キバナシロタンポポも咲き始めた

2018.02.16 12:00|山野草・2月
キバナシロタンポポ

シロタンポポ セイヨウタンポポ

 
 近くの草原で、キバナシロタンポポが咲き始めた。
 高知県植物誌(2009年)には、載っていなかったが、その後に、あちらこちらで自生地が見つかったものだ。 高知県植物誌作成のため、数年間、大勢のボランチアが高知県内全域を調査したが、その時は確認できていなかった。 もちろん、急に生え出すということはないから、見逃していたということだろう。
 花の色が、セイヨウタンポポとシロバナタンポポとの中間にあるし、同じ時期に咲く。また、シロバナタンポポは、雄蕊の黄色が周りに映えて、全体として薄い色に見える。こうしたことが見逃していた原因だろうか。
 昨日訪れた場所でも、この3種のタンポポが咲いていた。なお、セイヨウタンポポは、外来種だが、あとの2種は在来種である。 そして、ここ数年の観察では、在来種のほうが多くて、外来種はむしろ少ない。
 外来種が在来種を駆逐する、というのは、ここでは見られない。




タグ:キク科 タンポポ属 キバナシロタンポポ 2月 3月

白梅の 花の隙間の 青空が好き

2018.02.12 10:23|山野草・2月

2014/2/10の記事を再度掲載しました。

往きに見て帰りにも見つ白梅の花の隙間の青空が好き

安立スハル

 
 昨日散歩していたら、あちこちで梅が咲き始めていました。
 白梅の花を見ると、毎年、この短歌を思い出します。
 短歌に詳しいというほどではなく、もちろん一首もつくったことはない私ですが、安立スハルの歌はほんとに好きです。
 現代の歌人140 で初めてこの歌人を知りました。歌人140人のうち、ほとんどが難解で、何回読み返してもわかりませんが、この女性の歌は共感できました。

 もう二首、  

金にては幸福は齎されぬといふならばその金をここに差し出し給へ

いつもいつも善き人なればむらむらと厭ふ心湧けりああすべもなし








 

タグ:ウメ

キンギンソウ  牧野植物園ラン展で (7)

2018.02.11 19:00|ラン of 世界

2015/2/27 の記事を改めて掲載しました。

キンギンソウ Goodyera procera は、展示が始まったときは、まだ蕾だったと思いますが、今日は花茎の中ほどまで開花していました。
 下の方はもう終わりに近い感じですが、先端の方は今でも固い蕾のままです。

01 ← 2018/02 → 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”