カノコユリとタキユリ

2017.08.11 07:05| 山野草

2015/8/15 の記事を改めて掲載しました。

左=カノコユリ、右=タキユリ  カノコユリ(写真左)とタキユリとが同じ時期に見られる。タキユリはカノコユリの変種とされていて、一見して違うところは、カノコユリは茎が立つのに対して、タキユリは垂れ下がる。
 タキユリは山道の崖や斜面に咲いていることが多い。カノコユリは日当たりの良い平地に見られる。
 タキユリは崖に生えるから茎が垂れ下がり、カノコユリは平地に生えるから茎が立つのじゃないか、という疑問を持ったこともあるが、 二つを同じ場所に植えても、この性質は変わらないらしい。
 高知県植物誌(2009年発行)では、「栽培のカノコユリの逸出の可能性のあるものは除外した」としている。









タグ:カノコユリ タキユリ 8月

コメント

非公開コメント

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき