庭木も大木になれば、キバナノセッコクに ムカデランも

2018.08.02 07:01|野生ラン・7月

2015/7/24 の記事を改めて掲載しました。

 
 民家の庭の大木に、キバナノセッコクが二株、花を咲かせていた。
 ふと気が付くと、目の前にムカデランが重なりあって、花を咲かせていた。
 庭木もここまで大きくなると、いろいろと身に纏うものと思われる。

   ムカデランは、近くの神社から、台風で落ちていたのを拾ってきて、くっ付けたものだろう。しかし、それは最近のことではありえない。どう見たって、数十年前のことだろうと想像する。
 キバナノセッコクのほうは、この高さからすると、あるいはタネが飛んできてここで発芽したかもしれない。それとも、庭木がまだ小さい時に、くっ付けたもので、庭木が成長して、この高さになったのかも知れない。
 いずれにしても、この庭木には、自然林の中の一本の大木の風情が感じられる。




 




タグ:ムカデラン キバナノセッコク

コメント

非公開コメント

07 ← 2018/08 → 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ amazon ”