キバナノセッコクが サンゴジュで花盛り

2018.07.22 21:07|野生ラン・7月

2015/7/9 の記事を改めて掲載しました。

 
 わが家の庭の一辺は、サンゴジュの生垣であるが、その一本でキバナノセッコクが、今、盛りを迎えている。
 もう一週間以上前から満開だったから、ピークを過ぎているといわれるかも知れないが、このころが黄色みが強くでて、キバナノセッコクに相応しい色になる。
 このキバナノセッコクは、今世紀の初めごろ、我が家に来た。それは、フラスコ苗というもので、小さな瓶の中の寒天培地に100株近くも入っていたように思う。
 庭木に残っているものは数株だけだが、その内の一株はご覧のように立派になって、たくさんの花を付けている。


 
5月に出版された日本のラン①低山・低地編のキバナノセッコク Dendrobium catenatum Lindl. のページに次のように書かれている。
日本では高知県産の標本に基づき牧野富太郎が命名した D. tosaense Makino が学名として定着していたが、上記よりも古い学名がキバナノセッコクと同一の植物であることがわかったため、正式名が変更された。

タグ:セッコク属 キバナノセッコク

コメント

非公開コメント

02 ← 2019/03 → 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”