ムカゴサイシン 葉っぱの季節に入る

2018.07.29 08:18|野生ラン・7月

2014/7/3 の記事を改めて掲載しました。

 梅雨のこの時期になると、ムカゴサイシンは葉っぱの季節に入ります。
 花の季節は終り、果実はタネを撒いて空っぽになり、葉っぱの側に花茎だけが残っていることもあります。
 
 この時期から夏にかけての間が、ムカゴサイシンを見つけるには一番良いのです。
 葉は小さく(直径3㎝前後)、地面にくっ付くようにひろがっていますが、茶色い落ち葉の上では、その緑が目立ちます。
 形は、手元の図鑑では、「五角状心形」と書かれています。ひらたく言えば「五角のハート形」です。
 わざわざ探すのは、お薦めしませんが、山歩きの途中で目に留まったら、場所を覚えておいて来年の花の時期を楽しみにするといいですね。



タグ:ムカゴサイシン

コメント

非公開コメント

09 ← 2018/10 → 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”