マヤランの花茎が現れた

2018.07.30 09:02|野生ラン・7月

2009/7/2 の記事を改めて掲載しました。

 所要時間30分ぐらいのところに、マヤランの自生地があります。一昨年は20株を超えるマヤランが花を咲かせたのですが、昨年は花茎が出てきたところを鹿に喰われて全滅。
 今日行ってみると、3株が地上に現れているのを確認することができました。マヤランは腐生植物ですから、鹿が地上部を喰っても地下に本体が残っているはず、とは思っていましたが、やっぱり一安心です。しかし、これから花茎が伸びて花を咲かせ、実を結び、タネを撒くまで無事にことが運ぶのかは不安です。
 マヤランは腐生植物ですが、花茎は緑色をしており葉緑素を持っています。果実もシュンランと同じように葉緑素を持っており、光合成をしてタネを充実させる養分を補っているようです。腐生ランは一般に花を咲かせ実をつけタネを撒くまでの期間が短いのですが、マヤランの果実が割れてタネを飛ばすのは、歳を越して来年の春になります。
 どうか鹿の餌になりませんよう無事を祈ります。
(兎の可能性もありますが、鹿の食害が奥山から里山・畑まで拡がっているものですから、喰ったのは鹿と決め付けてしまいました。)




タグ:シュンラン属 マヤラン

07 ← 2018/08 → 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ amazon ”