シロテンマ に 2つのタイプあり

2017.08.07 05:48|野生ラン・7月

2013/8/5の記事を再度掲載しました。

 やっとシロテンマなるものに出会えました。
 オニノヤガラの品種で、「青緑色のものをアオテンマ、

左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ。(唇弁の先端部分の切れ込み方が違う) 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ(唇弁の先端部分の切れ込み方が違う)

淡黄色のものをシロテンマという(日本の野生ラン 59.5.10発行)」ことになっています。が、「アオテンマは品種で良いとしても、シロテンマは別種じゃないか」と異議を唱える声は多数あります。

 私が見たシロテンマは、同じ場所に生えていた2株です。
① 高さは一つが25cm、もう一つが24cm。茎の直径は2.5mm。左右にオニノヤガラとシロテンマとを並べましたが、同じ縮尺ではありませんが、高さは3分の1、茎の直径は半分ぐらいではないかと思います。(シロテンマは実際に測りましたが、オニノヤガラのほうは計測していません) 
② 花数は8個です。オニノヤガラの20~50個と比べると非常に少ない。 
③ 花の色は純白です。けっして淡黄色ではありません。 ④ オニノヤガラの唇弁の先端部分は、細かく深く切れ込んでいて、毛状になって縮れていますが、シロテンマは鋸歯状のギザギザがあるだけです。
 こうして比べてみると、オニノヤガラとシロテンマとは、別種とすべきだという見解に軍配をあげたくなります。

 ところで、高知県植物誌(2009.3.15発行)のオニノヤガラの項に、その品種として、シロテンマが載っています。その標本の丈は、およそ56cmぐらいです。また、「花は灰褐色」と記載されています。
 私がシロテンマとして写真を載せたものは、高さや花の色、花数などの違いがあります。

 そうすると、シロテンマと呼ばれているのにも二つのタイプがあることになります。
 サイト上州花狂いの植物散歩野の花賛花 には、この両方の写真が載っていて参考になります。

 シロテンマの学名は、オニノヤガラの変種 Gastrodia elata var. pallens Kitag.として発表されています(1939)。それを品種 G. elata f. pallens (Kitag.) Tuyama としたのは、より大型で花数も多い(普通のオニノヤガラと比べるとやや小型で花数も少ない)タイプのものだと思います。

タグ:オニノヤガラ属 シロテンマ

コメント

非公開コメント

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”