ヤツシロラン、伸びるのは花柄

2018.10.12 07:23|野生ラン・10月

2010/10/13の記事を再度掲載しました。

 クロヤツシロランが2株、くっつくように並んでいます。右側は、3つの花を咲かせています。 左のは、花が終わり、果実を2つつけています。花被は消えてなくなっています。
写真にカーソルを置くと、解説付きに替わります。

 ヤツシロランはオニノヤガラ属ですが、オニノヤガラは花茎が1mぐらいにあるのに対して、ヤツシロランの方は数センチで、花は地面に乗っかるように咲いています。ところが、受粉して果実になると、とたんに花柄が伸び始め、高いものは40cmにもなります。
 「茎が伸びて・・・」と書かれているのを、たまに見ますが、伸びるのは花柄の部分であって、花茎の長さはまったく変わりません。




タグ:オニノヤガラ属 ヤツシロラン

コメント

非公開コメント

01 ← 2019/02 → 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”