赤い花なら曼珠沙華

2018.09.22 08:23|山野草・9月

2011/10/3の記事を再度掲載しました。

 彼岸のころ、野を真っ赤に染めるのがヒガンバナ、又の名を曼珠沙華。他にも死人花、幽霊花、毒花、痺れ花などなど。子供のころ、「シイレー」と言っていたような記憶があるが、このたぐいでしょうか。
   ヒガンバナは普通、実を付けないのですが、まれに結実することもあるそうです。なぜ結実しないかというと、ヒガンバナが3倍体だからだという。この花はとうの昔、中国から渡ってきたと言われています。そして、原産地の中国のは、すべて2倍体で3倍体はない。日本ではすべて3倍体。そこで、ある学者は「3倍体は日本で生まれ、もとの2倍体は消滅した」と推測しているそうです。
 しかし、「中国で生まれた3倍体のヒガンバナを日本へ持ち帰った」と推測した方が、もっと無理がないように思います。日本で3倍体が生まれるのであれば、中国で3倍体が生まれったていい。中国には3倍体がないというが、日本で消滅したのなら、中国でもその可能性はあるし、広い中国のどこかに残っているかもしれません。
 遣唐使が船に積んで命がけで日本に持ち帰る物品を選ぶとき、並みのものよりは一番際立った品種を選ぶはずです。それが3倍体だった、と推測あるいは空想しても良いではありませんか。



タグ:ヒガンバナ

コメント

非公開コメント

06 ← 2019/07 → 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”