日本列島 赤く染めて ヒガンバナ強し

2018.09.29 08:22|山野草・9月

2017/9/24 の記事を改めて掲載しました。


 今、ヒガンバナが咲き誇っています。この生命力は恐るべしで、日のかんかん照る場所を一面赤く染めているかと思うと、うす暗いような山道にボツボツと姿を見せます。
 大昔に中国から渡ってき、飢饉に備えて人々が広めてきたものでしょうが、それにしても良く繁殖したものです。

 私も戦後まもなくのころ、ヒガンバナの球根を少し食べたような記憶があります。当時でも農家はそんなに食料に切羽詰まったようではありませんでしたが、あるいは当時の政府の政策だったかも。イナゴも食べた。小学校の校庭を耕して芋も植えた。当時の農家は水田の畦さえも遊ばさず、大豆か小豆を植えた。小学生も道路の縁に大豆を植えたように思います。

 ヒガンバナはあんなに見事な花を咲かせるのに、実は付けないという。何でも3倍体だからタネができないそうです。ですから、日本国中のヒガンバナが全部株分けから殖えたもので、同じ遺伝子だというからビックリです。
 ヨシノザクラやタネのないバナナにも同じことが言えますが、こちらは同じ遺伝子ゆえの深刻な問題が置きつつあるそうですが、ヒガンバナは健康そのものですから偉い!

 ところで、ヒガンバナもたまにはタネを作るそうです。そのタネから発芽させた実験がホームページ「石川の植物」に載っています。










タグ:ヒガンバナ科 ヒガンバナ

10 ← 2018/11 → 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”