カヤランが棒のような実をつけた

2019.05.31 07:41|野生ラン・4月

2015/5/26 の記事を再度掲載しました。

満開の時の姿。2015/4/9撮影

        
 庭のクロガネモチの枝にぶら下がっているカヤランが、今、沢山の果実を付けている。
 ラン科の果実は、ラグビーのボールのような形をしたものが多いが、カヤランは細長くて棒のようだ。
 タネを撒くのは来年の春4月になる。開花時期と同時になる。一年近くもじっくりタネを熟成させているのだろうか。
        
 左下の写真は、4月9日に撮った同じカヤランが、満開の花を咲かせている姿だ。
 それに比べて今の姿は地味で、多くの人がカメラを向けることもない。
 花が綺麗なのは受粉を助ける昆虫類を惹きつけるためだ。
 しかし、ほとんどのランは、タネが小さくて沢山あって、風にのせて遠くへ飛ばす戦術をとる。だから何も魅力的な色をつくる必要はない。


 

孫が育つと 雑草も育つ

2019.05.30 07:46|山野草・6月

2014/6/5 の記事を再度掲載しました。

 トウバナが、我が家の庭の千草に仲間入りしたのは何時ごろだろう。 庭の中央は避けて、周辺部に目立っています。
 もちろん、そこらあたりの野草を掘り取ってきて植えたわけではありませんので、わかりません。
 以前は、妻が除去すべき雑草のリストに入っていましたから、これほどには繁茂していませんでした。  それが、孫がひとり、ふたりとできて、その世話にも忙しくて、草取りどころではなくなった。お蔭でトウバナものびのびと育っています。




6/5/2

タグ:シソ科 トウバナ属 トウバナ 庭の千草

ツチアケビがだいぶ伸びてきた

2019.05.29 08:02|野生ラン・5月

2016/5/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 近くの神社の杜のツチアケビがだいぶ伸びてきた。
 丈夫な花茎がぐんとまっすぐに天に向かって立ち上がっている。
 途中で10前後の枝を出していて、この枝に蕾が付いている。頂部では10個ぐらいの蕾が直接付いている。
 このように花茎が枝分かれしているのは、珍しい。日本のランの中では、ツチアケビだけではなかろうか。
 無事にいけば、6月下旬には沢山の花が見られると思う。



 

タグ:ツチアケビ 5月

ギンランは、たくさん実をつけていた。

2019.05.28 08:00|野生ラン・5月

2016/6/7 の記事を改めて掲載しました。

開花期(4月28日撮影)

果実(6月6日撮影)

 
 先日、「 ユウシュンランは、一つも実らない 」と書いたので、こんどは、ギンランの所へ行ってみた。
 こちらギンランのほうは、たくさん実を付けているし、実を付けていない株も元気で残っていた。
 開花期(4月28日)に訪れたとき、76株あって、その内54株が花を咲かせており、22株は花も蕾もなかった。今回(6月6日)は、87株あって、44株が果実を付けていて、43株は果実がなかった。(株数が増えているのは、前回の訪問後に新しく出てきたものか、あるひは、数え違いがあるかもしれない。)
 この数字を見ると、およその結論として、ギンランは ① ほとんどすべて結実する、② 花を咲かせなかった株も残っている、ということだ。
 ユウシュンランとギンランとは、分類学的には、同じ属で近い関係にあるが、その暮らしぶりには大きな違いがあるように思える。



ムカゴサイシンが咲き始めた

2019.05.27 07:19|野生ラン・6月

2015/5/21 の記事を改めて掲載しました。

 近くの山でムカゴサイシンが咲き始めた。
 比較的狭い範囲に、毎年決まったようにでるので、時期が来たら探すが、今日は3回目でやっと花が咲いているのにであった。
 1回目は、一株見つからなかった。2回目は4・5本あったが、まだ蕾だった。
 このランは、小さい上に、色が保護色みたいに、地面の落ち葉に溶け込んでいて、探すのに一苦労。皆、「最初の一株がなかなか見つからない。ひとつ見つけると、次々と見つかる」という。
 この写真を見て、開いていないじゃないか、と思う方がおられるかもしれないが、ムカゴサイシンとしては、これが咲いた姿だと私は思う。
 唇弁の赤紫の班点が見える。この班点は側花弁にもあるが、そこまで見ることができるのは、めったにない。
 最近、出版された 日本のランハンドブック ① 低地・低山編 に載っている写真では、花が良く開いている。側花弁の模様がバッチリ写されている。私はここまで開花したのは、まだ見たことがない。



 
 内容紹介: 日本にはおよそ300種類のラン科植物が自生すると言われる。 しかし1991年に最後のラン図鑑が刊行されて以来、数々の新種や新産地発見とともに、DNAによる研究も飛躍的に進歩し、分類も劇的に変化した。 本書ではラン科植物の研究では第一人者の解説とランの写真では他の追随を許さない植物写真家を総動員し、生育環境別に3分冊して刊行する。


タグ:ムカゴサイシン

エンシュウムヨウラン、ぼつぼつ咲く

2019.05.25 07:11|野生ラン・5月

2016/5/24 の記事を改めて掲載しました。

 
 ムヨウラン属には、花をきれいに開かないものが多い。
 エンシュウムヨウランのその一つで、咲いても平開することはない。せいぜい「」の字の状態になれば好いほうである。また、一つの花茎の蕾が同時に開くこともない。幾つかある蕾の一つが咲いておれば満足しなければならない。

タグ:ムヨウラン属 エンシュウムヨウラン

オオキンケイギク 御用だ!

2019.05.24 08:42|山野草・6月

2013/6/7 の記事を改めて掲載しました。

 オオキンケイギクは、北アメリカ原産のキク科の植物です。今、車で走っていても良く目につく華やかな花です。
 明治中期に導入されたものが野生化して日本中に広がっているそうです。
 特定外来生物に指定されていて、指定された生物を飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つことなどを原則禁止して、違反した場合、最高で個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金、法人の場合1億円以下の罰金が科せられます、とのこと。恐ろしいですね。
 写真のオオキンケイギクは、ビニール紐で縛られていますが、傍を走る車に傷みつけられないようにと配慮してのことか。見せしめに縛り付けられている様にも見えますが・・・

タグ:キク科 オオキンケイギク 外来種

金木犀で、マメヅタランが咲く。

2019.05.24 08:38|野生ラン・5月

2017/5/16 の記事を改めて掲載しました。

 
 庭木の金木犀でマメヅタランが咲いた。
 この木には、いろいろの着生ランを拾ってきてつけてあるが、 この間まで咲いていたカヤランは花が終わって、実になっている。
 近くで見られるのも有難いし、庭木で咲いたら山でも間もなく咲くだろう、と目安にもなる。









タグ:マメヅタラン属 マメズタラン

ツチアケビ ぐんぐん伸びるはイタドリに似る

2019.05.23 07:59|野生ラン・5月

2017/5/13 の記事を改めて掲載しました。

左(円内)は4月26日撮影。右の黒っぽいのは昨年の花茎や果実の残骸。 左(円内)は4月26日撮影。右の黒っぽいのは昨年の花茎や果実の残骸。  ここは近くの神社の杜の一部か、手入れがされてなくてあまり入りたくないような藪のなかです。
ここでツチアケビが3年続けて花を咲かせています。もっと前からかも知れませんが、私が知っているのはそこまで。
 ツチアケビは同じ場所で何年も花を咲かせることはあまりないようで、昨年立派な果実があったところをマークしておいて、今年行ってもまったく姿を見せないことが多いのです。
 ツチアケビは私が知っている野生ランの中では飛びぬけて大きなものですが、今の時期からそれを予感させるものがあります。(ツルツチアケビはつる状に伸びて20mにも達するそうですが、屋久島からフィリピン、ジャワ方面が自生地で縁が薄い。)

タグ:ツチアケビ

風にそよぐニガナ

2019.05.23 07:54|山野草・5月

2010/5/21 の記事を改めて掲載しました。






 ニガナはどこにでも咲いて、花の期間も長いので「いつでも撮れる」と思っていました。それが今日やっとカメラに収めたという次第です。
 三脚もすえてカメラを向けたことは、これまで何回かありましたが、風にゆらゆらと揺れて、なかなかシャッターを押すことができませんでした。
 たいていの草花が少しの風にもそよぐように作られていて、素人カメラマンのことなど気にかけていないのです。動くことは蝶や蜂の目に止まる戦略かも知れません。

タグ:キク科 ニガナ属 ニガナ

04 ← 2019/05 → 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”