コオロギラン、杉林でないところにもある!・・・今年の大発見

2018.09.29 19:03|野生ラン・9月

2012/12/19 の記事を改めて掲載しました。

常緑広葉樹林。雨で暗かった。

小さなコオロギランの周りは、広葉樹の広い葉っぱばかり。杉の落ち葉は、まったくない

 
 コオロギランは、命名者である牧野博士ゆかりの横倉山が唯一の自生地だ、と一昔前は言われていました。しかし、今では、私がしっているだけでも、5箇所はあります。
 それは、杉林です。水田や畑であったところに杉を植林したところも、2・3箇所あります。ですから、コオロギランは杉林にのみ生える。少なくても、杉の落ち葉が積もっている場所に生える。そう思い込んでいました。
 ところが、今年の9月、土佐植物研究会の例会で案内してもらったコオロギランの自生地は、私の「常識」を覆すもので、今年一番の大事件でした。
 「ここでは周辺には全くスギは無く、ほとんどがウラジロガシ,シロダモ,アカガシ,ヤブニッケイ,ハイノキ,アセビ,シキミ,ヒサカキなどの常緑広葉樹である.」( 土佐植物研究会のニュースレター
 この自生地は、あまり広くはなく、コオロギランの株数も少ないようです。しかし、これからは「杉の落ち葉がないないところにもある」という観点から探してみたら、存外あるかも知れません。




タグ:コオロギラン

日本列島 赤く染めて ヒガンバナ強し

2018.09.29 08:22|山野草・9月

2017/9/24 の記事を改めて掲載しました。


 今、ヒガンバナが咲き誇っています。この生命力は恐るべしで、日のかんかん照る場所を一面赤く染めているかと思うと、うす暗いような山道にボツボツと姿を見せます。
 大昔に中国から渡ってき、飢饉に備えて人々が広めてきたものでしょうが、それにしても良く繁殖したものです。

 私も戦後まもなくのころ、ヒガンバナの球根を少し食べたような記憶があります。当時でも農家はそんなに食料に切羽詰まったようではありませんでしたが、あるいは当時の政府の政策だったかも。イナゴも食べた。小学校の校庭を耕して芋も植えた。当時の農家は水田の畦さえも遊ばさず、大豆か小豆を植えた。小学生も道路の縁に大豆を植えたように思います。

 ヒガンバナはあんなに見事な花を咲かせるのに、実は付けないという。何でも3倍体だからタネができないそうです。ですから、日本国中のヒガンバナが全部株分けから殖えたもので、同じ遺伝子だというからビックリです。
 ヨシノザクラやタネのないバナナにも同じことが言えますが、こちらは同じ遺伝子ゆえの深刻な問題が置きつつあるそうですが、ヒガンバナは健康そのものですから偉い!

 ところで、ヒガンバナもたまにはタネを作るそうです。そのタネから発芽させた実験がホームページ「石川の植物」に載っています。










タグ:ヒガンバナ科 ヒガンバナ

シソ科シソ属シソ 本家本元

2018.09.25 08:39|山野草・9月

2010/9/18 の記事を改めて掲載しました。

 
 人家の近くの畑、豆類を植えてはあるが、あまり手入れができていない畑の畦に雑草に埋もれてシソが花を咲かせていました。
 これはアカジソで、梅を漬けるときに入れて、紅色に染めるのに使っていました。香りはあまりしないので、料理に使うのはアオジソの方です。
 ちょっと前までは農家はシソを植えていて、料理で必要なときに近くの畑に行って葉っぱを摘んできていたものが、それはたいていアオジソの方でした。
 今では農家も自家用の野菜でも買ってきて使う場合が多いようで、近くの畑にもあまり行かず、手入れもいきとどきません。ここのアカジソも栽培していたもののタネが残っていたのでしょう。雑草に埋もれて野生状態でした。 
 シソ科の花はたくさんあって、秋に咲くものも多く私たちを楽しませてくれますが、シソの花がこんなに魅力的なことにはこれまで気づきませんでした。




タグ:シソ科 シソ属 シソ

コオロギランは杉林がお好き

2018.09.24 08:08|野生ラン・9月

2015/9/3 の記事を改めて掲載しました。

 
 コオロギランは杉林がお好き。このことは前にも、何回も言ってきた。
 杉の落ち葉の中にしか生えない、と書いた。
 数年前に、杉の木が一本もない山にコオロギランが生えているのが発見されて、杉の落ち葉の中にしか生えないというのは、言い過ぎだったということが判った。しかし、四国にある7カ所ほど(私が知っている範囲で)の自生地のうち、この一か所のみである。
 だから、コオロギランが杉と相性が良いことには変わりがないと思う。
 とくに、四国では杉林が多い。戦後の食糧難を抜け出すと、国策として、田畑を潰して杉を植林した。それが50年ほどたって、丁度コオロギランの住処として最適になったのかもしれない。


タグ:コオロギラン

小さなコオロギランを大きくして観る

2018.09.22 18:31|野生ラン・9月

2015/8/27 の記事を改めて掲載しました。

① 全体像 ② 花を正面から見る。 ③ 唇弁の付属体と蕊柱のクローズアップ(イラストは牧野博士作図の一部) ④ 花を横から見る。 ⑤ 花を下から見る。

 
 コオロギランは非常に小さな花で、十五夜お月さんのような魅力的な唇弁も、その直径は4mm程度しかない。
 しかし、花のほとんどすべての器官は、解剖しなくても外部から撮影できる。 
 写真をディスプレイの上に拡大して、その構造を観察すると・・・・ 

 全体の長さは、10cmほどで、半分あるいはそれ以上が落ち葉に隠れている。
 (=普通葉)は1枚だけ(まれに2枚)で、
長さ3~5mm。
 (=苞葉)もほぼ同じ大きさ。 
 葉の大きさや数から推測して、光合成の能力は非常に弱いと思われる。 

 は1~4個で、下から上へと順に開花する。同時に2つ開花することはほとんどない。
 写真①の場合、最初の花がしぼみ、2番目が開花している。3番目の蕾は2番目がしぼむ頃に開く。一番上の蕾はひじょうに小さく、開花せずに終わる。 
 背萼片は細長い披針形。 
 側萼片は唇弁の裏側にあって、正面からは唇弁に隠れて見えない。 
 花弁(=側花弁)も背萼片とほぼ同じ形、大きさ。 
 唇弁は円形で、直径4mm程度。前半分の縁には細かい鋸歯がある。 
 唇弁の基部には付属体がある。これは上下2枚に分かれ、さらにそれぞれが左右に裂けている。 
 蕊柱は長さ3.5mm程度。柱頭のすぐ下に細い突起がある。ひじょうに細いが、写真④ではどうにか確認できる。 
 蕊柱の中ほどにも二股の突起があり、このほうは写真でもよく判る。 

 写真④は、横から撮ったもので、背萼片蕊柱の突起が確認できる。 

 写真⑤は、下から見上げるように撮ったもので、2つの側萼片が唇弁の裏側にあるのが確認できる。

 


タグ:コオロギラン

赤い花なら曼珠沙華

2018.09.22 08:23|山野草・9月

2011/10/3の記事を再度掲載しました。

 彼岸のころ、野を真っ赤に染めるのがヒガンバナ、又の名を曼珠沙華。他にも死人花、幽霊花、毒花、痺れ花などなど。子供のころ、「シイレー」と言っていたような記憶があるが、このたぐいでしょうか。
   ヒガンバナは普通、実を付けないのですが、まれに結実することもあるそうです。なぜ結実しないかというと、ヒガンバナが3倍体だからだという。この花はとうの昔、中国から渡ってきたと言われています。そして、原産地の中国のは、すべて2倍体で3倍体はない。日本ではすべて3倍体。そこで、ある学者は「3倍体は日本で生まれ、もとの2倍体は消滅した」と推測しているそうです。
 しかし、「中国で生まれた3倍体のヒガンバナを日本へ持ち帰った」と推測した方が、もっと無理がないように思います。日本で3倍体が生まれるのであれば、中国で3倍体が生まれったていい。中国には3倍体がないというが、日本で消滅したのなら、中国でもその可能性はあるし、広い中国のどこかに残っているかもしれません。
 遣唐使が船に積んで命がけで日本に持ち帰る物品を選ぶとき、並みのものよりは一番際立った品種を選ぶはずです。それが3倍体だった、と推測あるいは空想しても良いではありませんか。



タグ:ヒガンバナ

ひとりぽっちの クロヤツシロラン

2018.09.21 09:51|野生ラン・9月

2015/9/16 の記事を改めて掲載しました。

 
 毎年必ず行く竹林へ行った。クロヤツシロランが一つだけ花を開いていた。
 この花は小さくて、背が低く、落ち葉に埋もれるように咲いているので見つけにくい。とくに今の時期は、出ている株数も少ないので最初の一株を発見するのは大変。が、見つけた時の喜びは大きい。
 9月に入ると、これから咲くラン科の花は残り少なくなるが、四国にはクロヤツシロランとアキザキヤツシロランがあって、楽しませてくれる。



追記(2017/9/17):
ここの花は、非常に赤い。 今年、福永裕一氏によって、クロヤツシロランの新品種として ベンガラヤツシロラン と命名された。




タグ:オニノヤガラ属 クロヤツシロラン ベンガラヤツシロラン

シュスランとアケボノシュスランとの見分け方

2018.09.20 18:10|野生ラン・9月

2012/9/25 の記事を改めて掲載しました。

 四国に自生するシュスラン属は、6種類ありますが、その内、シュスランとアケボノシュスランとは、 シュスラン(左)とアケボノシュスラン(右) シュスラン(左)とアケボノシュスラン(右) 花期が同じで、比較的似たような場所に生えていることがあります。 (アケボノシュスランの方がより湿度の高い所を好む傾向がある。)

 しかし、ポイントさえつかめば、見分けるのは簡単です。

 ① 花序の柄の長さ:シュスランの花序には長い柄があります。言い換えると、茎に付く一番上の葉と一番下の花との間隔が大きく空いているのです。
 アケボノシュスランの花序には柄らしいものはありません。つまり、一番上の葉と一番下の花との間隔はほとんどありません。

 ② 葉の色:アケボノシュスランの葉は緑色です。これに対して、シュスランの方は、暗紫緑色(やや赤みを帯びる)で、ビロード状の光沢があります。 シュスラン(別名ビロードラン)の名は、ここから来ています。
 また、シュスランの葉の中央の主脈は、白く目立つのが、普通です(赤みを帯びることもある)。

日本ラン科植物図譜

タグ:シュスラン属 シュスラン アケボノシュスラン

コオロギランの側萼片 本邦初公開!?

2018.09.19 09:28|野生ラン・9月

2013/9/11 の記事を改めて掲載しました。

唇弁の正面。側萼片は見えない。 唇弁の裏面。側萼片が確認できる。

 前にも言いましたが、今年のコオロギランは不作です。幸い近くにも自生地がありますので、5回ぐらいは通いましたが、株数が例年の数分の一。しかも蕾はあっても、開花してるのはほとんどなくて、一輪の開花を見ることができれば上々、といった具合でした。
 そこでコオロギランのホルダーを開いて、過去10年かけて撮り貯めた写真を見ていました。この花の一番の魅力は、なんといっても唇弁です。ですから、大抵は唇弁が一番良く写る角度から撮ったのがほとんどです。が、横から撮ったのも、背後から撮ったのも少しはありました。
 しかし、残念ながら側萼片がきれいに撮れたのは一枚もありませんでした。ラン科の花は、3つの萼片(背萼片1、側萼片2)と3つの花弁(唇弁1、側花弁2)からできています。コオロギランは側萼片が唇弁の裏側にあるので、正面からは側萼片はまったく見えません。でも、側萼片がきれいの撮れてる写真はどうしても欲しい。
 そこで一昨日、これが今年の最後だと決めて行ってみました。一つだけ開花株を見つけることができて、ちょっと無理して唇弁の裏側を写すことができました。2つの側萼片がはっきりと写っています。  

タグ:コオロギラン

オオミヤマウズラ あちらこちらで咲く

2018.09.18 18:23|野生ラン・9月

2014/9/21 の記事を改めて掲載しました。

 
 いま、オオミヤマウズラがあちらこちらで咲いています。
 ミヤマウズラより花期が1ヶ月ほど遅いので、今咲いているのはオオミヤマウズラのほうだと見て、まず間違いないと思います。
 花期が遅いことのほかに、花の形もだいぶ違います。ミヤマウズラほどに開きません。まあ半開といって良いでしょう。
 また、花と花との間隔も広いのも特徴です。
 丈は、30㎝を超すものもあり、平均的にミヤマウズラより大型です。




タグ:シュスラン属 オオミヤマウズラ

08 ← 2018/09 → 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”