フウランことVanda falcataが、柿の木で満開

2018.07.26 11:49|野生ラン・7月

2015/7/13 の記事を改めて掲載しました。

 
 町内の家々には、よく柿の木が植えられている。
 そして、柿には着生ランが付けられていることが、多い。特にフウランがよく見かけられる。
 これまで見ただけでも十数カ所はあると思うが、これは一番見事に咲いていた。
 ところで、フウランの学名は Neofinetia falcata とされていたが、最近は Vanda falcata とされている。
 手元の図鑑のうち、 カラー版 野生ラン(家の光協会 1991年出版) は、前者であるが、 2015年に出版された 日本のランハンドブック (1) 低地・低山編 は、後者を採用している。
 バンダといえば、絢爛豪華な洋ランを連想するが、フウランがその仲間だとは、驚きである。「DNAを用いた解析の結果、Vanda属とするのが適当である」と言われれば、「見かけによらないものだ」と納得するほかない。



タグ:フウラン

06 ← 2018/07 → 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”