セイタカスズムシ 2つの型あり

2018.06.16 07:20|野生ラン・6月

2010/6/12付の記事を再度掲載しました。

上は唇弁が丸いタイプ。色は緑一色。背はあまり高くない。 上は唇弁が丸いタイプ。色は緑一色。背はあまり高くない。
下は唇弁が狭く方形にみえるタイプ。わずかに紫色がつき、背が高い。

 スズムシソウを写真でしか見たことがなかった時分、なんとか実物を見てみたいとあこがれていたとき、これに出会って「スズムシソウじゃ!」と思いました。友人から「セイタカスズムシソウよ」と言われて夢はしぼんだのですが。

 唇弁に赤紫の色を塗るとスズムシソウにそっくりじゃないか。どう見ても、唇弁の狭いタイプのセイタカスズムシよりはスズムシソウに近い、といまでも思います。  「セイタカスズムシ」という名をつけた人はどちらのタイプが頭にあったのでしょうか。「セイタカ」の方は唇弁角型ですし、「スズムシソウ」は唇弁丸型の方です。

 近い将来二つのタイプのどちらかに、セイタカスズムシとは違った名前を付けてくれるでしょう。期待しています。
 ムヨウラン類にしてもヤマサギソウ類にしてもわずかな違いでいろいろの名前が付けられています。マイサギソウとハシナガヤマサギソウなど私には区別がつきません。
 セイタカスズムシもこれだけの違いがあれば別名を差し上げないことには、不公平じゃありませんか。

タグ:クモキリソウ属 セイタカスズムシ

05 ← 2018/06 → 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”