ムカゴサイシンが咲き始めた

2018.06.01 07:22|野生ラン・5月

2015/5/21 の記事を改めて掲載しました。

 近くの山でムカゴサイシンが咲き始めた。
 比較的狭い範囲に、毎年決まったようにでるので、時期が来たら探すが、今日は3回目でやっと花が咲いているのにであった。
 1回目は、一株見つからなかった。2回目は4・5本あったが、まだ蕾だった。
 このランは、小さい上に、色が保護色みたいに、地面の落ち葉に溶け込んでいて、探すのに一苦労。皆、「最初の一株がなかなか見つからない。ひとつ見つけると、次々と見つかる」という。
 この写真を見て、開いていないじゃないか、と思う方がおられるかもしれないが、ムカゴサイシンとしては、これが咲いた姿だと私は思う。
 唇弁の赤紫の班点が見える。この班点は側花弁にもあるが、そこまで見ることができるのは、めったにない。
 最近、出版された 日本のランハンドブック ① 低地・低山編 に載っている写真では、花が良く開いている。側花弁の模様がバッチリ写されている。私はここまで開花したのは、まだ見たことがない。



 
 内容紹介: 日本にはおよそ300種類のラン科植物が自生すると言われる。 しかし1991年に最後のラン図鑑が刊行されて以来、数々の新種や新産地発見とともに、DNAによる研究も飛躍的に進歩し、分類も劇的に変化した。 本書ではラン科植物の研究では第一人者の解説とランの写真では他の追随を許さない植物写真家を総動員し、生育環境別に3分冊して刊行する。


タグ:ムカゴサイシン

05 ← 2018/06 → 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”