早春、まず シロバナタンポポから

2018.03.05 19:06|山野草・3月

 春といっても、まだまだ寒い。
 この時期は、シロバナタンポポが目立ちます。
 外来種のセイヨウタンポポの黄色い花もボツボツありますが、今は、在来種のシロバナタンポポに遠慮しているかのようです。

 セイヨウタンポポは、年中どこかに咲いているといってもいいのですが、寒い時期には、花は地べたに張り付くように咲いています。寒い風にさらされるのを嫌がっているようです。
 しかし綿毛のタネをつけるときには、花茎がぐんと伸びて、少しでもタネを遠くに飛ばす戦術をとっています。

 4月に入ると、セイヨウタンポポの花ががどんどん増えてきます。
 5月になると、やがてシロバナタンポポは姿を消して、セイヨウタンポポの黄色一色に染まっていきます。

 セイヨウタンポポの生命力は大きく、分布を拡げていることは確かです。 しかし、セイヨウタンポポがシロバナタンポポを駆逐するということはないように思います。
 よく、外来種が入ってきて在来種を滅ぼすような話がされます。もしかしたら、環境破壊という人間を罪を外来種に被せているのかもしれません。


タグ:キク科 タンポポ属 シロバナタンポポ

02 ← 2018/03 → 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”