コイヌガラシ、発見

2018.03.31 07:22|山野草・3月

2017/3/24 の記事を改めて掲載しました。

茎の頂部の花が咲いている。 果実は葉腋につく。柄はない。

 
 コイヌガラシが見つかった。

 家の近くで、よく歩く散歩のコースの一つにもなっている、車道の側で、田圃の畦に生えていた。
 いろいろな草が生えるので、これまでも観察していたのだが、コイヌガラシを見たのは今年が初めてだ。

 高知県には、イヌガラシ属(アブラナ科)は、7種ほどあるが、コイヌガラシは珍しい。 高知県中央部と東部では、一か所しか記録されていない(高知県植物誌 2009年)。
 この種の一番の特徴は、柄のない果実が葉腋につくことだ(写真左下)。

追記: (2017/3/27)
 Kさんの調査で、今は、南国市、香南市、香北市にわたる広い範囲に分布していることが判ったそうだ。 私が見た場所は、その分布範囲から、ちょっと外れた所に位置する。






タグ:アブラナ科 イヌガラシ属 コイヌガラシ 3月

セントウソウ、花は小さくて、可愛い

2018.03.29 19:46|山野草・3月

2017/3/22 の記事を改めて掲載しました。

セントウソウ

セントウソウ ミヤマセントウソウ ヒナセントウソウ

 
 セントウソウというのは、早春に咲く花の中でも、「先頭に咲く」とうことらしい。
 一番かどうかは、ともかく、今どき近くの山に入ると、道端のあちらこちらで見かける。 花は小さくて、ゴマ粒ほどのものだ。その為か、あるいは、どこかしこにあって、あまりにポピュラーな為か、人気はそんなにないようだ。
 しかし、拡大してみると可愛らしい。ここに載せたのは、白一色だが、中にはちょっと、紅をさすのもある。

   ミヤマセントウソウというのがある。小葉の幅が、セントウソウに比べて極端に狭いのが特徴だ。 花の形態などに違いがあるかどうかは、知らない。小さくて、見比べようがないから。
 ミヤマセントウソウより更に小葉の幅が狭いのがあって、ヒナノセントウソウとよぶ。
   この二つは、セントウソウに比べて、奥山に自生しているようだ。




タグ:セリ科 セントウソウ属 セントウソウ 3月 4月

四国のコバイモ 三姉妹

2018.03.22 07:30|山野草・3月

2015/3/31 の記事を改めて掲載しました。

アワコバイモ トサコバイモ トクシマコバイモ


 四国には、コバイモが3種分布しています。
 アワコバイモとトサコバイモ、トクシマコバイモです。香川、愛媛、徳島、高知の4県のうち徳島県がアワ、トクシマと2種の名前をとって、残りの1つトサが高知県です。香川、愛媛には分け前なし。
 一番数も多く、広く分布しているのがトサです。トクシマはアワとトサの雑種ということで、個体数も少ないようです。
追記:(2017/4/1)
トクシマコバイモを雑種とするのには、異論もあるようです。どなたか詳しい方はお教えください。









タグ:ユリ科 バイモ属 トサコバイモ アワコバイモ トクシマコバイモ 3月

 オドリコソウとヒメオドリコソウと

2018.03.17 08:14|山野草・3月

2017/3/27 の記事を改めて掲載しました。

上左:オドリコソウ、右:ヒメオドリコソウ
下左:イヌノフグリ、右:オオイヌノフグリ
上左:オドリコソウ、右:ヒメオドリコソウ
下左:イヌノフグリ、右:オオイヌノフグリ
 身近な所にも、たくさんの外来種が入ってきて、繁殖し、帰化している。中には、同属の在来種を駆逐しかねないものまである。
 一目見たとき、これは帰化植物だなという、在来種にない雰囲気があって見分けることができる。
 いま盛んに花を咲かせているオオイヌノフグリは帰化で、散歩していると、至る所で出会う。在来種のイヌノフグリのほうは、花もより小さく、ほとんど見ることができない、絶滅危惧種である。
 ところが、例外もある。オドリコソウとヒメオドリxコソウとを並べたら、前者が帰化で、後者が在来種だと感じないだろうか。オドリコソウは華やかで、あちらこちらで道脇を飾っている。ヒメオドリコソウは花は地味だし、出会うことも少ない。









タグ:シソ科 オドリコソウ属 オドリコソウ ヒメオドリコソウ 3月 4月

バケットオーキッドに、雄バチはひどい目にあう

2018.03.16 08:08|ランのたくらみ

2016/3/16 の記事を改めて掲載しました。

Coryanthes macrantha Coryanthes macrantha

クマガイソウ クマガイソウ

 
  バケットオーキッドという外国のランは、ハチそれも雄バチを誘い込んで、ひどい目にあわす。
 唇弁がバケツのような形になっていて、中に液が溜まっている。その中に、雄バチを誘い込んで、溺れかけるという災難にあわせて、やっと脱出する。その際に、花粉を運んでポリネータの役を強制する、こりゃひどい。
 バケットオーキッドは学名はCoryanthes属で、熱帯アメリカ原産であるが、日本のクマガイソウは唇弁が袋状になっていて、似たような手を使うが、 バケットオーキッドほどのアクドイことはやらないと思う。
植物の私生活(山と渓谷社) には、一匹の雄ハチの災難を一部始終が臨場感たっぷりに書かれていて、面白い(ハチさん御免)。


追伸:
「バケツオーキッドにだまされた雄バチは、その見返りとして雌バチによりモテるようになる。って話ありませんでしたっけ?」という ご意見を頂いた。 植物の私生活(山と渓谷社) を読みかえしてみると、こんなことが書かれていた。
ハチはこのパッドから精油成分を含んだクリームをかきとり、後脚についているポケットにつめ込みます。食べるためではなく、求愛儀式で雌をひきつけるときにこのクリームを利用するのです。
 タダでこき使っているのじゃなく、雄ハチに媚薬を与えている訳で、仲人役ということか。バケットオーキッドさん、ごめんなさい。
(2016/3/17)







タグ:3月

カシノキランの種まき

2018.03.14 07:52|野生ラン・8月
左=2014/8/7撮影、  右=2016/3/1撮影 左=2014/8/7撮影、  右=2016/3/1撮影  
 この寒いなか、カシノキランが種まきをしている。
 生垣のサンゴジュに、ずっと前に拾ってきてつけたものだが、良く花を咲かせ、実を結ぶ。
 いま、種まきをしているのは、一昨年の夏に咲いたものであって、昨年のものではない。
 つまり、カシノキランは花を咲かせてから、2年近くにもなって、果実が割れて、タネを飛ばしている。
 ヤツシロランなどは、この期間が短い。タシロランは、花茎の先端はまだ蕾なのに、下の方では、果実が割れてタネを飛ばしている。
 一般に、着生ランはゆっくりしている。樹の上なら安全だから、ゆっくり養生して、果実を充実させてから、種まきに取り掛かろう、という算段らしい。




追記:(2016/3/3)
 すぐ側に、カシノキランの子生えが10株ほどあった。
 まだ小さくて、指先で隠れてしまうほど。何年前に咲いた花のタネが発芽したものやら、判らないが、 数年先には大きくなって、花を咲かせてくれそうだ。





着生ランの果実は、一か所が大きく割れる

2018.03.12 08:11|野生ランいろいろ

2016/3/12 の記事を改めて掲載しました。

左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン 左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン

クロムヨウラン クロムヨウラン

 
 着生ランの果実は、一か所が割れて、そこから、タネを散布するものが多いように思う。
 わずか、カヤラン、カシノキラン、クモランの3種を観察しただけのことだから、偉そうなことは言えないが。
 クロムヨウラン(写真左)の果実を見ると、6カ所が裂けている。これがラン科の普通の姿だのようだ。
 もう一つ、花が咲いてから、種まきまでの期間が、地生ランの比べて長い傾向がある。
 カヤランは春に咲いて、翌年の春に種まきをする。開花と種まきが同時ということもある。
 カシノキランは、翌々年の春にタネを撒く。2年間も蓄えていることになる。
 クモランは、7月に咲いて、翌年の春に種まきをしている。








タグ:3月

早春は、ミツバチも シコクフクジュソウも忙しい

2018.03.08 07:56|山野草・3月

2017/3/8 の記事を改めて掲載しました。

ミツバチが花粉集めに忙しかった。

 
 シコクフクジュソウの自生地へ、2回目の訪問となった。
 前回は、大豊町南大王で、例年、福寿草祭りの開催される(今年はなかった)有名な場所だが、 こちらは友人の案内で初めての場所だ。
 落葉樹の大木の下に、見事な群落を作って咲いていた。
 ニホンミツバチが、何匹も、花から花へ飛び回って、花粉集めに忙しそうだった。
 黄色の花弁は、ミツバチの目を引くだろうし、お椀のようになっているのは、 光を中心に集めて、暖かくしているということだ。
 高木が葉を茂らすと、太陽の光は、入らなくなるから、 フクジュソウのほうも葉を展開して、早春の短い期間に、養分を蓄えなければならない。
 フクジュソウは、ミツバチのように動き回ることはないが、あまり悠長に構えてはいられない。




タグ:キンポウゲ科 フクジュソウ属 フクジュソウ シコクフクジュソウ 3月

早春、まず シロバナタンポポから

2018.03.05 19:06|山野草・3月

 春といっても、まだまだ寒い。
 この時期は、シロバナタンポポが目立ちます。
 外来種のセイヨウタンポポの黄色い花もボツボツありますが、今は、在来種のシロバナタンポポに遠慮しているかのようです。

 セイヨウタンポポは、年中どこかに咲いているといってもいいのですが、寒い時期には、花は地べたに張り付くように咲いています。寒い風にさらされるのを嫌がっているようです。
 しかし綿毛のタネをつけるときには、花茎がぐんと伸びて、少しでもタネを遠くに飛ばす戦術をとっています。

 4月に入ると、セイヨウタンポポの花ががどんどん増えてきます。
 5月になると、やがてシロバナタンポポは姿を消して、セイヨウタンポポの黄色一色に染まっていきます。

 セイヨウタンポポの生命力は大きく、分布を拡げていることは確かです。 しかし、セイヨウタンポポがシロバナタンポポを駆逐するということはないように思います。
 よく、外来種が入ってきて在来種を滅ぼすような話がされます。もしかしたら、環境破壊という人間を罪を外来種に被せているのかもしれません。


タグ:キク科 タンポポ属 シロバナタンポポ

世界のラン、いろいろ Dendrobium igneoniveum

2018.03.02 09:43|ラン of 世界

2017/2/15 の記事を改めて掲載しました。

 
 牧野植物園ラン展は、Dendrobium属の原種がたくさん出品されていた。  この属は、日本ではセッコク属だが、これなんかは、まあセッコクに似ているほうである。
 しかし、より派手で、豪奢であって、いわゆる洋ランの雰囲気である。
 ここに紹介するDendrobium igneoniveumは、スマトラ原産である。だから、洋ランと言っても、「西洋」ではない。東洋ランと呼ぶ方が、正確かもしれないが・・・




 
02 ← 2018/03 → 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”