ナナちゃん、これでも蘭

2018.02.01 17:25|ラン of 世界

2012/2/23 の記事を改めて掲載しました。

Pterostylis nanaプテロスティリス・ナナ。オーストラリアの蘭ですが、どうしても蘭の花には見えません。日本では見かけない形ですし、いわゆる洋ランでも馴染みの薄い姿です。ここは、学者がラン科に仕分けしているのですから、鵜呑みにするほかありません。
 あまり世話もしないのに、毎年、いまの一番寒い時期に花を咲かせます。洋ランは温室にいれて、 冬は暖房を入れるのが普通で、これなら真冬に咲いても不思議はありませんが、 このナナは冬も暖房なしです。
 秋の終わり寒くなりだしてから、新しい葉を出し始め、今ごろ花をつけ、春も終わるころは枯れて、地上部は消えてしまいます。冬眠ではなく、夏眠にはいるわけです。
 産地のオーストラリアでもいま花を咲かせているのか?いまオーストラリアは夏ですから、眠っているのか?どちらでしょう。
01 ← 2018/02 → 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”