イリオモテラン、植物園で咲く

2017.12.23 10:59|ラン of 世界

2015/4/7 の記事を改めて掲載しました。

 
 イリオモテラン(またはニューメンラン)が牧野植物園の温室で咲いていました。
 絶滅危惧ⅠB類(EN)となっています。
 こうして植物園で見ることができるのは有り難いことですが、 自然の中のものがいつまでも残ってほしいですね。




内容紹介
日本にはおよそ300種類のラン科植物が自生すると言われる。しかし1991年に最後のラン図鑑が刊行されて以来、数々の新種や新産地発見とともに、DNAによる研究も飛躍的に進歩し、分類も劇的に変化した。本書ではラン科植物の研究では第一人者の解説とランの写真では他の追随を許さない植物写真家を総動員し、生育環境別に3分冊して刊行する。




グラマットフィルム・パンテリヌムも 大きいぜ

2017.12.21 15:05|ラン of 世界

2015/8/7 の記事を改めて掲載しました。

 
 グラマットフィルム・パンテリヌムが、牧野植物園の温室で花を咲かせていた。本来ならソロモン諸島の樹上で咲きほこっているはずが、採取されて、この小さな温室の中に据え置かれているのは可哀そうではある。
 しかし、はるばるソロモンの島まで行って見ることなど夢にもかなわない者にとっては、ここで見せていただいて有り難い。文句など言ったら罰が当たる。

 そばに、次のような説明書きがあった。
 東南アジアの熱帯林の樹上に生えるグラマットフィルム・スペキオスムは、ジャイアントオーッキドと呼ばれ、世界最大のラン科植物として知られています。
 スペキオスムは、ミャンマーからソロモン諸島まで広く分布するとされていましたが、最近の研究によりソロモン諸島のものは、グラマットフィルム・パンテリヌムという別種であることがわかりました。
 パンテリヌムの花序はやや短く、花被片が短く丸みを帯びます。
 この株は、牧野植物園のソロモン諸島植物調査の際に採集されたものです。





Liparis gibbosa クモキリソウ属の仲間

2017.12.19 08:35|ラン of 世界

2010/12/13 の記事を改めて掲載しました。

これは Liparis gibbosa 、日本のクモキリソウ属の仲間。
インドシナなど東南アジアに広く分布しているそうです。
 こんなの野生の姿を見たいものですが、実情は友人の温室で撮らしてもらいました。
 この属は、日本では クモキリソウコクランジガバチソウスズムシソウセイタカスズムシフガクスズムシササバランギボウシラン など20種類近くあるようです。
 しかし、世界には熱帯アジアを中心に
450を超える種が分布しているそうです。そのほんの一部ですが、 世界のラン科植物 に載せました。日本の地味なクモキリソウ属を見慣れている私たちには、外国の Liparis は変ったのや派手なのやあって驚きです。




Bulbophyllum マメヅタラン属 2種

2017.12.16 09:02|ラン of 世界

2010/12/8 の記事を改めて掲載しました。

Bulbophyllum gracillimumBulbophyllum gracillimum  12月に入ると、日本のランは大体お仕舞いですが、洋ランの方はこれから咲くものも多い。といっても温室での話です。
 農家の方が趣味で原種の外国のランを作っておられます。そこの温室で撮るのですから、野山を駆けずり回って1日にひとつ出会えるかどうかの苦労と比べると楽といえば楽です。その替わりひとさまがお金をかけて、一生懸命に育てた成果を頂くのですから、厚かましいと言われても仕方ありません。
Bulbophyllum fascinatorBulbophyllum fascinator  左上は、Bulbophyllum gracillimumで、右下が Bulbophyllum fascinatorです。日本のマメヅタラン属は、 マメヅタランムギランミヤマムギラン など6種ぐらいですが、世界ではおよそ2000種があると言われています。
 Bulbophyllum は、世界中に広く分布しますが、熱帯アジアが中心ですから日本などは北限に位置する言っても良いかもしれません。ここに載せた2種は日本のものと比べると、花は大きいですが、形はミヤマムギランに少し似ていませんか。




柿の実、 人も 鳥も食わない

2017.12.09 07:45|昔むかし/子供のころ

2013/1/11 の記事を再度掲載しました。

 今年は(/今年も?)、柿の実が枝にぶら下がって、いつまでも残っています。これは、人家のすぐ側にあって、甘柿らしい。採って食べればいいのに、などと思ってしまいます。
 我が家には、柿の木がありませんが、隣近所からいただいて、相当食べました。美味しくて、いくらでも食べれそうです。柿が赤くなったら、医者が青くなる、との言い伝えもありますが、今の人には、あまり人気がないようです。
 もう、全部が熟柿になっています。カラスやメジロなどの小鳥が啄ばんだ痕も、ボツボツありますが、後は、地面に落ちてべとべとになってしまうでしょうね。
 また、昔の話になりますが、甘柿は、まだ渋が抜けきらないうちから争ってもぎ取って食べていました。渋柿は、干し柿にしたり、アルコールで渋抜きして、全部食べました。
 ただし、一個だけは、木に残しておくものだ、という決まりがあって、これを「木守り柿」というそうです。私は、小鳥のために残しておくものだ、と教えられたように思います。どちらにせよ、自然の恵みに対する感謝と、次の豊年を祈願する気持ちがあってのことでしょう。




12月の園芸家 「たった一つ、忘れたことがあった」

2017.12.05 08:28|いろいろ

2013/12/5 の記事を改めて掲載しました。

 園芸家12カ月 (カレル・チャペック著 小松太郎訳)という小さな本を、おそらく20年も前に買って、今でもときたま手にすることがあります。
 園芸家の一年12ヶ月の生態を描いたもので、花つくりの実用書を期待したら、まったく的外れですが、とにかく面白い。日本人にはあまり縁のない植物の名前が、ずらずら並んでいるところは飛ばして。
 最後の章の「12月の園芸家」は、次のように始まっています。
 さて、もうこれでなにもかもおしまいだ。園芸家の仕事といば、いままでは耕耘、天地がえし、施肥、石灰散布、ピートと灰と煤のすきこみ、剪定、播種、移植、根分け、球根の植えつけ、耐寒性の弱い球根の堀り上げ、スプレー、灌水、芝刈り、除草、防寒のために植物にそだをかぶせたり、根もとに土を盛り上げたりすることだった。----2月から12月までのあいだに、これだけのことを全部やったのだ。そして庭が雪の下にしずんでしまったいまごろになって、急に園芸家は思い出す。たった一つ、忘れたことがあったのを。それは、庭をながめることだ。
 私は園芸家じゃありませんが、何かに夢中になってしまって、もともとの目的が吹っ飛んでいるんじゃないか、と反省することはあります。








タグ:12月

11 ← 2017/12 → 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”