ヤツシロラン、花柄の上部だけが伸びる

2017.10.18 05:36|野生ラン・10月

2011/10/14 の記事を改めて掲載しました。

 前に、「ヤツシロランが果実をつけるとぐんぐん伸びる。そして、伸びるのは花茎ではなくて、花柄だ」 と書きました。じゃあゴムひもを引っ張ったときのように伸びるかというと、そうではありません。
左は2007/10/23撮影
右は2007/11/13撮影
左は2007/10/23撮影、右は2007/11/13撮影
 4年前の秋、近くの山にたくさんのクロヤツシロランが生える場所があって、そこでちょっとした実験をしました。
 10月23日に、3つの果実をつけた株の花柄に、等間隔で赤い印をつけました(写真左)。もしゴムひものように伸びるのであれば、花柄がいくら伸びても、赤い印は等間隔のはずです。
 11月13日に、同じ株を撮影しました(写真右)。右端の花柄は、10月23日の時点でほぼ9等分されています。11月13日では、上部3つの区間の間隔は拡がっていますが、下部6つは変わっていません。
 一番上が5.5倍、次が2倍強、3番目が1.5倍ぐらい伸びています。

 左の2つの花柄は、10月23日には右端よりも短かったのですが、11月13日には追いつき、あるいは、追い越しています。左端の花柄では、一番上の区間は10倍にも伸びているようです。




   

タグ:オニノヤガラ属 ヤツシロラン

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”