コオロギラン、 こんなに小さかったか!

2017.08.29 09:00|野生ラン・9月

2016/8/29 の記事を改めて掲載しました。

 
 コオロギランを、初めて見たとき、こんなにも小さかったか、と思った。
 この花は近くにもあって、ここ十数年、毎年何回か訪れて満足するぐらい見てきた。それなのに、その年の最初のコオロギランを目にしたときは、その小さいことに驚く。
 満月のような、まん丸い唇弁の直径は、およそ4mmほどらしいから、全体の大きさ(小ささ?)も推し量ることができる。




タグ:コオロギラン

ムカゴサイシン 今の姿は

2017.08.26 20:08|野生ラン・9月

2013/8/21 の記事を再度掲載しました。

14枚の葉っぱが見える。 14枚の葉っぱが見える。   これはムカゴサイシンの今の姿です。14枚の葉っぱが写っています。
 6月下旬に果実がタネを撒き消えていくのと入れ替わって、葉が出てくる。だから花が咲いている姿と、このように葉っぱをひろげている姿を一枚の写真に収めることは不可能です。
 地下には球茎がありますが、これがムカゴにたとえられて和名の一部になっています。一つの球茎からは一つの葉っぱが出ます。その球茎は地下で繋がっているかもしれませんから、ここに14株あると言って良いかどうか。
 ムカゴサイシンの花の写真は、良いのをとるのはなかなか難しい。開いてくれない。花弁の赤紫の模様を見せてくれるのはご機嫌の良い時だけ。花期が短いかく、蕾かと思っていたら果実になっていたり・・・
 その点、葉っぱの時期のムカゴサイシンは全部にピントが合って写真になります。また、良く目につきますからきっちりマークしておいて、来年再訪してみてください。
 きっと花が見られるはずです。




タグ:ムカゴサイシン属 ムカゴサイシン

コオロギラン、緑の点

2017.08.19 13:30|野生ラン・9月

2009/8/19 の記事を改めて掲載しました。

 昨日近くの杉林へ行ったら、コオロギランが杉の落ち葉の間から顔を出していました。
 ほんとに小さなランでそれもまだ蕾らしきものが見える状態です。ただ杉の落ち葉は黒味がかっていますから、コオロギランの緑が意外と目に付きます。まだボツボツ出始めた時期ですから、あまり歩き回るとこれから出てこようとしている花茎を踏み潰すことになります。ここの自生地では8月の下旬から9月の上旬にかけてが見ごろのようです。
 コオロギランは高知県では横倉山だけにある、といわれてきましたが、今はもっと多くの自生地が見つかっているようです。私の近くもその一つです。ここは一昔前は水田だったところですが、里人は杉の植林をしてここを出たのです。今は集落全体が消滅して、あたりには廃屋もあります。
 コオロギランは杉林がお好みのようで、必ず杉の落ち葉の間から出てきます。小さなか弱いコオロギランは広い葉っぱを押しのけて出てくる力はありませんが、杉の落ち葉ならどんなに厚く降り積もっても隙間ができますから、その間隙を縫って地表に姿を見せることができます。
 高知県にはかつては水田や畑であった杉林がコオロギランの楽園になっている例がいくつかあります。




タグ:コオロギラン

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”