クロムヨウラン、やっぱり咲いていない

2017.07.28 06:43|ムヨウラン属

2016/7/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 花が咲いていなかたら、ガッカリするのが普通だが、クロムヨウランに限っては「やっぱり咲いていないな」と、平常心でいられる。
 この場所も、車で半時間もあれば来られるので、2009年から毎年通っている。今年は株数が多くて、10株はあったが、膨らんだ蕾は付けていても、咲いているのは一輪もなかった。
 地面に落ちた蕾を拾い集めて見たが、開いてから萎んだようには見えない。蕾のまま開かずに落ちたに違いない。

   高知県では、クロムヨウランは花が開かないのが普通で、むしろ、これこそがクロムヨウランのほんとの姿だ、というのが常識(?)。たまたま、花が開いているのが見つかったら、幸運としか言いようがないが、それは変わり者で、普通のクロムヨウランとは違う変種だと考える。
 澤完先生(元 高知大学助教授、故人)は、花が咲くのは、変種のトサノクロムヨウランと名付けられた。
 


 最近、ラン科植物と菌と関係を解明する本が出版された。一つは、5月に出版された 森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界 で、もう一つは、8月出版の ランの王国
 どちらも、豊富な写真と素人(私)にも理解しやすいように工夫されているように思う。
 (下記の画像をクリックすれば、より詳しい内容が判ります)



タグ:クロムヨウラン 7月

クロムヨウラン どうせ今年も咲かないでしょうけど

2017.07.27 07:58|ムヨウラン属

2010/7/22 の記事を改めて掲載しました。

 ここのクロムヨウランはどうせ今年も咲かないでしょう、と思いながらも、やっぱり来てしまいました。
どうせ今年も咲かないでしょうけど
 自生地は、子供の頃、遊んだこともある所で、周りは杉に植林されましたが、この一画だけが里山の風情を残しています。ここに多いときは20株ぐらいのクロムヨウランが現れます。 数年前からここに通うのですが、一度も花が開いたのを見たことがありません。 
クロムヨウランは「花はおそらく晴天の日、朝に平開する」と、家の光協会出版の「野生ラン」に書かれています。 幸い自生地が近くでしたので、5・6回以上もカメラを持って通ったのですが、蕾の写真しかものにできませんでした。
 どうも日照り続きであまりにも乾燥していたのが災いしたのではないか、と思った年もありましたが、雨もふり地面はたっぷりと水分を含んでいた年もダメでした。
 早朝にも行きました。本命の10時前後にも、もちろん行きました。午後に行ったこともあります。残るのは、夜の暗闇だけです。
 しかし、落ちている花を拾って観察しますと、一度開いてから萎んだようには見えない。硬い蕾のまま落ちたようです。それにいくつかの株では、果実もつけているのです。とすると、ここのクロムヨウランは、閉鎖花のまま自家受粉しているのだ、と観念しました。

 昨年そう観念しましたが、やっぱり今年も来ました、クロムヨウランさん。



タグ:クロムヨウラン 7月

ヒメノヤガラは唇弁上位

2017.07.25 05:10|ヒメノヤガラ属

2012/8/1 の記事を再度掲載しました。

 ヒメノヤガラの花は、唇弁が上になっていることを知ったのは、昨年のことです。手元の図鑑に「唇弁は上に位置し・・・」と書かれているのを読んで、あらためて撮りだめした写真を見直した次第です。
 しかし、この花は筒状であまり開きませんし、小さい上に薄茶色一色ですから、その構造はわかりにくい。よそ様のホームページやブログなどを検索しても、はっきりと解る写真は見つかりません。 私の撮ったのも例外ではありません。
 日本のランで、唇弁が上になるのは珍しく、ほかには ホザキイチヨウラン などのヤチラン属だけではないでしょうか。  世界的にみても、唇弁上位の種は少ないようです。 「世界のラン科植物」花の一覧 をご覧下さい。
 唇弁が上になる状態を「倒立」を書いた図鑑も見ますが、人間が逆立して唇が鼻の上になるのとは、わけが違います。むしろ、この方が「もとの姿であり、基本的形態だ」といっても良いと思います。なぜ、唇弁が下になるように進化したのか、考えてみるのも面白いですね。
 追記:  ヤクシマネッタイランも 唇弁上位でした。




日本ラン科植物図譜




タグ:7月 ヒメノヤガラ

キバナノセッコク セメントの擁壁で咲く

2017.07.19 17:31|セッコク属

2016/7/19 の記事を改めて掲載しました。

 
 キバナのセッコクが道路脇の、セメントの擁壁で咲いていた。
 近くの高い樹の上に、着生していて、そこからタネが飛んできて、ここで発芽して、花が咲くまでに成長したと推測する。
 セメントの壁も、年月が経つと、苔むして、キバナノセッコクの良い住処になるらしい。これまでも所々で見てきたが、花を咲かせているのは、初めて見た。
 大きくなる前に、むしり取っていく者もいるが、どうぞ、無事に、これからも毎年花を咲かせておくれ。



タグ:7月 キバナノセッコク

12年間、一度も花を開かなかったクロムヨウラン

2017.07.18 07:17|ムヨウラン属

2015/8/9 の記事を改めて掲載しました。

12年、一度も花を開かなかったクロムヨウラン

開きそうにもない固い蕾 根元に、固い蕾が4個落ちていた。

 
 家から、5分足らずで行きつける所に、クロムヨウランの自生地がある。 近いから花の時期には、毎年必ず見に行く。
 今年も行ったが、ご覧の通り。固い蕾が一個とまだこれから大きくなりそうな小さな蕾が4個ほどついていた。根元には、開花せずに蕾のままで落ちたのが、4つ集まっていた。
 ここの自生地を見つけたのは2004年で、以来訪問を欠かしたことはない。今年で、12年通ったことになる。
 初めの4・5年は、見事に開花した花を見たくて、写真に撮りたくて通った。クロムヨウランは、気難しくて「晴天の日の早朝に開花する」とかいろいろいうから、何日も続けて一時間おきに行ったこともあった。
 しかし、最近の数年は、花が開かないことを確認するのが目的で訪問し、写真を撮っている。そして、お前こそが、ほんとのクロムヨウランだ、と言い聞かせている。


タグ:7月 クロムヨウラン

シロテンマとオニノヤガラと見比べてみたら・・・

2017.07.14 07:22|オニノヤガラ属
オニノヤガラ(左)とシロテンマ。
高さは、オニノヤガラが40~100cm、シロテンマはその半分ぐらい。
花数は、オニノヤガラが20~50個、シロテンマは5~20個。
オニノヤガラ(左)とシロテンマ。
高さは、オニノヤガラが40~100cm、シロテンマはその半分ぐらい。
花数は、オニノヤガラが20~50個、シロテンマは5~20個。

オニノヤガラ(左)とシロテンマ オニノヤガラ(左)とシロテンマ

 
 ここ数年、友人の案内で沢山のオニノヤガラとシロテンマとを見ることができた。
 両者については、学者の間では、品種説から変種説、さらには別種説まである。
 品種とする説は、花の色が違いに重点をおいて、その他の違いは軽視する。別種する説は、シロテンマは小さく、花数も少ないし、花期が遅いとし、更に花の形態が違うと主張する。
 しかし、花の形態の違いについては、花をむしり取って、解剖して中まで観察するのは、遊び半分でやっている者としては遠慮すべきだから、外から見ることができる範囲で、見比べた。
➊ 萼筒の下部左右に膨らみがあるが、オニノヤガラは非常に大きい。これに比べたら、ヒメテンマのは、それほどの膨らみはない。
❷ オニノヤガラの萼筒は、壺のようであり、開花しても大きくは開かない。口の小さい壺のようである。これの比べたら、ヒメテンマのほうは、大口であり、コップに近い形になっている。
➌ その口から、覗いている舌(唇弁)にも、違いがある。オニノヤガラのほうは、外側につき出していて、先端部分の毛が長く、良く目立つ。ヒメテンマのほうは、外側につき出していないことが多く、はっきりとは分からないが、先端部分の毛は少なく、短いように見える。

  決め手は花の数
 花の形態の違いは、あやふやで明確ではない。両者を区別する決め手はないか。ある。それは、花の数だと思う。
 オニノヤガラは、花数が多くて、20~50個も付ける。対する、シロテンマは5個から多くても20個以内である。高さはだいたい花の数に比例する。花の色は、オニノヤガラでも白に近いものがあれば、シロテンマの花でも緑がかったのもあるから、参考程度にするのが良い。
 花数が20個以内であればシロテンマ20個を超えればオニノヤガラで決まり。単純明快。   
2015年5月に出版された日本のラン①低山・低地編のシロテンマ のページで解説者遊川氏は、オニノヤガラとは別種とするのが適当であろうとする立場で、幾つかの特徴を挙げている。
①全体が小さい。 ②花数がすくない。 ③花色は白が強い。 ④花の形態に違いがある。 ⑤開花期が遅い。
 しかし、花の形態については、どこがどう違うのか書かれていない。

参考:
オニノヤガラ
シロテンマ



タグ:7月 オニノヤガラ シロテンマ

キバナノセッコクが、民家のブロック塀で繁殖

2017.07.13 05:52|セッコク属

2015/7/17 の記事を改めて掲載しました。

 
 キバナノセッコクは、絶滅危惧種に入っている。近くの山の木についていたのが、採られてなくなったし、絶滅の危惧は高まっているかもしれない。
 が、町内の民家の柿の木でキバナノセッコクが満開の花を咲かせていた。
 その下のブロック塀でも、立派な株が見られた。
 柿の木のは、家人がくっつけたものかもしれない。しかし、ブロック塀のは、タネが落ちて、そこで発芽し、成長して、花を咲かせていることは間違いない。
 その横でも、小さな株が3つ4つ育っている。




タグ:7月 キバナノセッコク

ベニバナギンリョウソウ ?

2017.07.13 05:10| 山野草
この花は、ベニバナギンリョウソウかな?

左は普通ベニバナギンリョウソウといわれるもの

 
   この花は、ベニバナギンリョウソウかな?
 普通ベニバナギンリョウソウと呼ばれているものは、子房だけがピンクであるが、こちらは、花被を含め全体にピンク色をしている。
 また、ずんぐりしている。花も終盤の様だから、ギンリョウソウなら、もっと背丈が伸びているはずだと思う。
 撮ったのは、2010/7/10だが、普通のギンリョウソウにしては、花期が遅い。
 あった場所に毎年のように行っているが、その後はまったくお目にかかれない、残念。

 追記:
 ホームページ 花調べ さんに、 ベニバナギンリョウソウ ’03.7.6 霧島(宮崎/鹿児島県) として載っているんと同じもと思う。




タグ:7月 ベニバナギンリョウソウ

キバナノセッコクが サンゴジュで花盛り

2017.07.11 09:07|セッコク属

2015/7/9 の記事を改めて掲載しました。

 
 わが家の庭の一辺は、サンゴジュの生垣であるが、その一本でキバナノセッコクが、今、盛りを迎えている。
 もう一週間以上前から満開だったから、ピークを過ぎているといわれるかも知れないが、このころが黄色みが強くでて、キバナノセッコクに相応しい色になる。
 このキバナノセッコクは、今世紀の初めごろ、我が家に来た。それは、フラスコ苗というもので、小さな瓶の中の寒天培地に100株近くも入っていたように思う。
 庭木に残っているものは数株だけだが、その内の一株はご覧のように立派になって、たくさんの花を付けている。


 
5月に出版された日本のラン①低山・低地編キバナノセッコク Dendrobium catenatum Lindl. のページに次のように書かれている。
日本では高知県産の標本に基づき牧野富太郎が命名した D. tosaense Makino が学名として定着していたが、上記よりも古い学名がキバナノセッコクと同一の植物であることがわかったため、正式名が変更された。

タグ:7月 キバナノセッコク

マイサギソウ、幻か!?

2017.07.08 08:13|クモキリソウ属

 
 このマイサギソウは、花数が多い。
 30個を優に超える。普通の2・3倍はあるだろう。 一昨年(2015年)の6月に、友人に教えてもらって、撮ったものだ。
 ところが、今年は見ることができなかった。昨年も確認できなかった。友人もその後、見ていないと言う。
 このジャンボマイサギソウは一年で幻のように消えた。
 だから、生育場所の関係などで、たまたま異常に大きくなったのか、あるいは、遺伝的に特異な個体なのか、もう判らない。




タグ:6月 マイサギソウ

06 ← 2017/07 → 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき