キバナノセッコク セメントの擁壁で咲く

2017.07.19 17:31|野生ラン・8月

2016/7/19 の記事を改めて掲載しました。

 
 キバナのセッコクが道路脇の、セメントの擁壁で咲いていた。
 近くの高い樹の上に、着生していて、そこからタネが飛んできて、ここで発芽して、花が咲くまでに成長したと推測する。
 セメントの壁も、年月が経つと、苔むして、キバナノセッコクの良い住処になるらしい。これまでも所々で見てきたが、花を咲かせているのは、初めて見た。
 大きくなる前に、むしり取っていく者もいるが、どうぞ、無事に、これからも毎年花を咲かせておくれ。



タグ:セッコク属 キバナノセッコク

キバナノセッコクが、民家のブロック塀で繁殖

2017.07.13 05:52|野生ラン・8月

2015/7/17 の記事を改めて掲載しました。

 
 キバナノセッコクは、絶滅危惧種に入っている。近くの山の木についていたのが、採られてなくなったし、絶滅の危惧は高まっているかもしれない。
 が、町内の民家の柿の木でキバナノセッコクが満開の花を咲かせていた。
 その下のブロック塀でも、立派な株が見られた。
 柿の木のは、家人がくっつけたものかもしれない。しかし、ブロック塀のは、タネが落ちて、そこで発芽し、成長して、花を咲かせていることは間違いない。
 その横でも、小さな株が3つ4つ育っている。




タグ:セッコク属 キバナノセッコク

草むらにキンバイザサの星ふたつ

2017.07.10 08:00|山野草・7月

2009/7/10 の記事を改めて掲載しました。

 草むらの中にキンバイザサの花が二つ、天上から落ちた星のように光をはなっていました。この花は花茎が3cmほどで根元に埋もれているようです。周りにはいろいろな草が茂っていますから、簡単には見つかりませんが、一度眼に入るとその強い黄色が印象的です。
 コキンバイザサという花も同じ頃咲きます。こちらは花茎が10cmほどですが、やはり草丈よりは低い位置で咲きます。 どちらも小高い山の日当たりの良い草原に、背の低いカヤや芝にまぎれるように生えています。
 アッツザクラという外国から入ってきた園芸品種は、キンバイザサと同じ科です。名前のとおり桜色で、花も草丈より上に咲きますから、全く印象が違います。




タグ:キンバイザサ科 キンバイザサ

06 ← 2017/07 → 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”