ヨウラクラン、Bulbophyllum careyanum、Dendrochilum wenzelii

2017.06.30 05:03|ラン of 世界

2013/6/28の記事を再度掲載しました。

ヨウラクラン ヨウラクラン Bulbophyllum careyanum Bulbophyllum careyanum Dendrochilum wenzelii Dendrochilum wenzelii

 小さなたくさんの花をびっしりと付けるためには、乱雑なのはダメで、きちんと整理整頓することが肝心です。 もちろんラン科の花に限ったことではないでしょうし、人が物を収納する際にも共通することでしょう。 個々の花はそれほどではなくても、このように整列していると美しいものです。

最初は、日本のヨウラクランです。 先日はフィリピン産のヨウラクランの仲間 を紹介しましたが、日本代表もなかなかのものです。

 次は、洋ランの Bulbophyllum careyanumです。ネパールからインドシナ半島にかけて分布するものらしいですが、日本では マメヅタラン属が同じ仲間です。
しかし、日本にはこんなに沢山の花をつける種はありません。
 世界には、熱帯アジアを中心に2000種ものBulbophyllumが分布しています。

最後は、 Dendrochilum wenzeliiです。日本にはこの属のランはありませんが、世界には熱帯アジアを中心に300種ほどの Dendrochilum属が分布していて、どれも小さな花をきれいに整列させいて見事です。

タグ:ヨウラクラン属 ヨウラクラン

ハッチョウトンボ

2017.06.29 16:19|昆虫

2009/6/29 の記事を改めて掲載しました。



このトンボの住処は、山間のほんの小さな流れとその周りに庭ほどの湿地があり、周りは低木が取り囲んでいました。
 友人の案内でハッチョウトンボを見に行きました。
一昨年も別の場所に行ったのですが、そのときは残念ながら見つかりませんでした。どうも場所を間違えたようでした。
 今回はバッチリ。最初に茶色っぽいのが草に止まっていましたが、これは多分雌のようです。と言うのも、「雄は成熟すると赤くなる」とのことですから、茶色いのは雌または未成熟の雄ということらしい。赤いのは3匹ぐらいはみましたが、茶色は最初のがだけ。雌が少ないのか、赤いのより発見が困難なためか。なにしろハッチョウトンボは日本一小さなトンボだそうです。
 このトンボの住処は、山間のほんの小さな流れとその周りに庭ほどの湿地があり、周りは低木が取り囲んでいました。ハッチョウトンボは人間は怖くないのでしょう、カメラを近づけてもなかなか逃げません。飛び立ったとしても、すぐ戻ってくるか、近くの草に止まってポーズをとっています。小さい割には写真には撮りやすいと思います。
 ハッチョウトンボはより大きなシオカラトンボなどに捕食さててしまうそうですから、広々とした湿原では暮らせないのでしょうか。「隠れ住んでいる」というのがピッタリ。
 ハッチョウトンボは人間は怖くないのでしょう、カメラを近づけてもなかなか逃げません。飛び立ったとしても、すぐ戻ってくるか、近くの草に止まってポーズをとっています。小さい割には写真には撮りやすいと思います。
 ただし、生息地を自分で探すのは至難の業でしょう。



タグ:ハッチョウトンボ

Dendrobium loddigesii は、帰化するか!?

2017.06.08 07:53|ラン of 世界

2016/6/8 の記事を改めて掲載しました。

 
 庭のキンモクセイで、Dendrobium loddigesii が、2輪の花を咲かせている。このランは、中国南部やラオス原産だそうであるが、日本のセッコクと同じ属。植物園のラン展ではおなじみの可愛らしい、小型のランである。
 キンモクセイに付けたのは、3年ぐらい前のことだが、花を見せてくれたのは、今年が初めてだと思う。根はしっかりと樹表に張りついている。寒さには、セッコクと比べると、少し弱い様だが、枯れる心配はなさそうである。
 毎年、花を咲かせてほしい。できれば、実を結んでほしい。そして、タネを撒いて、このキンモクセイの上で発芽して、成長し、たくさん花を咲かせてほしい。
 日本の、あちらこちらの、暖かい地方の樹木で、Dendrobium loddigesii が花を咲かせだしたら、ラン科では、第一号の帰化植物になる、という夢のような話。



タグ:6月

05 ← 2017/06 → 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ amazon ”