ユウシュンラン 花盛り

2017.04.29 19:36|野生ラン・4月

2015/4/24 の記事を再度掲載しました。

 ユウシュンランが花盛りでした。
 毎年、2・3か所の自生地をまわりますが、ここは一番綺麗で楽しませてくれます。


 ユウシュンランはキンラン属で、ギンランに近い種ですが、貧弱な葉っぱが1~2枚あるだけです。いわゆる腐生ランに近いわけです。
 小さな株でも必ず一つの花を付けています。これは、花を咲かせるだけの養分を、地下で菌の助けで蓄えてからでないと、地上に姿を現さないということです。
 キンランなどは毎年地上で葉っぱを拡げて光合成で養分を蓄えながら、数年たってから花を咲かすようです。ですから、ユウシュンランはキンランよりも菌に依存する割合が大きい。
 菌依存度の高さでいえば、ユウシュンラン、ギンラン、キンランの順になるのではないでしょうか。どうでしょう?


 ユウシュンランは、もともと新種 Cephalanthera subaphylla Miyabe et Kudô  として発表されたものですが、変種とする説を採用する(YListなど)ことが多いようです。
 しかし、日本のランハンドブック ① 低地・低山編」(文一総合出版) が最近出版されましたが、ここでは、次のように書かれています。

  葉とともに花の形態が異なっているため、独立種とするのが適当である



 
カウンター

タグ:4月 ユウシュンラン

神社はランの宝庫

2017.04.13 07:38|野生ランいろいろ

 
 近くにある神社の森は、ランの宝庫だ。小さな鎮守の森で、50m四方もあろうか。
 とくに菌寄生ランがある。ハルザキヤツシロラン、ムヨウラン、ツチアケビがあるが、まだ現れていなかった。 ツチアケビは、昨年の果実が真っ黒になって立っていた。 鳥が食べて、タネを運んでくれたら良いのだが、うまくいかなかったようだ。 ここのツチアケビは、毎年花を咲かせてきた。4、5年も健在だから、今年も必ず出ると期待している。
 シュンランもあるが、まだ咲いていなかった。
 セッコクとフウランが落ちていた。樹についているのもあるはずだが、見上げても見つからない。
老人の目ではとても無理だし、見つかっても写真に撮るのは難しい。近頃は、上を見るのは止めた。 首は痛くなるし、ふらついて転びでもしたら笑い者になる。余計なことはしないことだ。









タグ:4月

マツラン、庭木で咲く

2017.04.12 11:11|野生ラン・8月

 
 庭木のビャクシンで、マツランが咲き始めた。別名をベニカヤランというが、この名前で呼ばれることが多いかな。
 庭木で咲くのは早いから、山ではもっと遅くなるだろう。
 いつも思うことだが、このランは迷彩服を着たようで、冴えない。葉に紅紫色の斑点があるし、花にもそれがある。 花がどこに咲いているのやら、判然としない。
 花は葉っぱが変化したものだそうだが、ふつう、花は、できるだけ目立とうとする。葉が緑色しているから、 花は黄色だったり、赤かったり、白かったりすることが多い。花粉の運び屋のチョウやハチの目を惹きつけようする。
 ところが、マツランときたら、反対に、目立たないようにしている。









タグ:4月 マツラン

カモシカとにらめっこ

2017.04.09 07:43|動物、鳥


 カモシカに出会ったのは、2009年のこと。
 奥山の林道を車で走っていてカモシカに遭遇した。 車を停めて、カメラを取り出して、2度シャッターを切りましたが、その間カモシカもこちらを興味深げに観察している様子でした。 シカなら一目散に逃げて撮影などできないのですが、カモシカは天然記念物に指定して大事にしているので、人懐こいでしょうね。 最近はこれも大分増えてきているみたいですから、今に害獣に指定されるかも知れない、カモシカさん。

 近年は、カモシカにもあまり出会わないような気がする。どうもこちらの行動力が弱ったようだ。




タグ:4月 カモシカ

クモランも来たか!

2017.04.07 11:15|野生ランいろいろ

 
 最近、気が付いたのだが、庭のビャクシンに、 クモラン がついていた。まだ小さな株だが、4株ほどある。
 いま、果実が付いているので、数年前からあったはずだが、枝が込み合っていて見えなかった。
それにしても、どうしてビャクシンに着いたのか。この木には、拾ってきたカヤランやマツランをくっつけたことはある。 毎年花を咲かせて、果実をつけ、タネを飛ばしている。そのタネが発芽して成長したと思われる株も、 ビャクシンの枝先で成長している。
 しかし、クモランはビャクシンにつけた記憶はない。 が、クモランも落ちているのを拾ってきたことはある。5mほと離れたキンモクセイにつけて、3・4年生きていたが消えてしまった。 クモランはほかの着生ランに比べて格段に難しい。庭木に付けるのは無理だと諦めていた。

 今現在、庭木についている着生ランは何種あるのだろうか?この際、正確に数えてみた。 カヤランマツランセッコクキバナノセッコクカシノキランマメヅタランムカデランムギランミヤマムギランヨウラクラン
 クモランの他に10種もあった。もとは拾ってきてくっつけたものだが、今は、毎年元気に花を咲かせ、 タネを付け、発芽して、どんどん増えている。
四国に分布する着生ランのうち、我が家の庭木についていないものといえば、 フガクスズムシボウランオサランオオバヨウラクランモミラン ぐらいのものか。









タグ:4月 クモラン

ランは、昆虫とうまくやっているか?

2017.04.01 18:12|ランのたくらみ
左上から、クロヤツシロラン、アキザキヤツシロラン、ノビネチドリ
ウスキムヨウラン、ヤマトキソウ、ユウシュンラン
ネジバナ、アキザキネジバナ、ヤクシマアカシュスラン
左上から、クロヤツシロラン、アキザキヤツシロラン、ノビネチドリ、ウスキムヨウラン、ヤマトキソウ、ユウシュンラン、ネジバナ、アキザキネジバナ、ヤクシマアカシュスラン

クマガイソウ クマガイソウ

 
 花を咲かす植物と花にたかる昆虫は、深い関係にあって、その歴史は古い。
 ランは植物の中でも、新しい方だが、それでも我々ヒトよりは先輩だろう。
 ランは受粉を助けてくれる昆虫を呼ぶために、いろいろ企んでいるようだが、それが目論見どおり成功しているか、どうか。
 たとえば、クマガイソウだが、毎年のように幾つかの群生地を訪問しているが、しばらく立ち止まっていても、蝶や蜂などがあたりを飛び回っているのを見たことがない。
 これまでに撮り貯めしてきた写真で、昆虫類が一緒に写ったのは、わずかにこれだけだ。
 しかも、明らかに花粉の運び屋になっているのは、クロヤツシロランとアキザキヤツシロランのショウジョウバエぐらいで、ほかはどうだろう。
 アキザキネジバナの花の中にアリが入っているが、これは花粉を盗みにきただけで、後で訪問してみると、果実はひとつも実ってなかった。








タグ:3月 ポリネーター

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”