福寿草咲く、お祭りはないけど

2017.02.25 08:36|山野草・2月

 
 大豊町南大王の福寿草が今年も、咲いていた。
 例年、開催されていた福寿草祭りが、今年は、中止になった。 地元の方々の高齢化で、運営が難しくなったということだ。 淋しいが、致し方ない。
 私など、ちこっと訪れて、花を眺めて、写真を撮って、はい、サヨナラする者は、とやかく言えない。

 時期が来たら咲くのは、自然の理というかもしれないが、いったん人手が加わったら、お世話を続けないと、消えてしまう恐れがある。
 地元の方々は、お祭りはできなくても、福寿草の管理はやっておられるようだ。頭が下がる。





タグ:キンポウゲ科 フクジュソウ 2月 3月

オカオグルマが日向ぼっこしていた

2017.02.20 06:25|山野草・2月

 
 近くの棚田の岸で、オカオグルマが3株か4株か、花を咲かせ始めていた。
 今日は、暖かかったとはいえ、まだまだ冬だが、ここは、南向きで暖かい日光をいっぱい浴びていた。 それに、周りの雑草に包まれた寒風からも守られている。 また、全体に羽毛のような毛に覆われているから、寒さにも強いと見えた。
 キク科の植物は、おおむね、秋に咲くとしたもので、早春に咲き始めるのは、珍しい。
 もっとも、キク科の中で、一番早く咲くのは、タンポポの仲間かもしれない。 先日、紹介したように、シロバナタンポポは早くから咲いている。セイヨウタンポポに至っては、年中切れ目なく咲いているから、これは特別だ。









タグ:キク科 オカオグルマ 2月

第11回 ラン展をみてきた

2017.02.13 16:11|ラン of 世界
 牧野植物園のラン展を見てきた。第11回という。私はおそらく初回から見せてもらっているのじゃないか、と思う。
 高知県に住む高齢者は、入園料はいらない。そのかわりと言ってはなんだが、初日と二日目の、休日は遠慮している。 込み合っていて、写真を撮るにしても、ゆっくりできないということもある。
 3月5日まであるから、慌てることもない。展示会が終わっても、すべての展示品が引き上げられることはない、 牧野植物園が栽培している品は、花期が過ぎるまで、そのまま置いてある。
 世界らん展は、わずか1週間ですべて終わる。東京ドームを借りてやるのだから、致し方あるまい。短期間に全国から押し寄せるから、人ごみの方も半端じゃなかろう。これまで、一度も行ったことがないし、今後も行くことはないから、心配してやることはないが。
 その点、牧野植物園のほうは、私にとっては有難い。タダだし、近いから何度でも行ける。今日咲いていなかったランが、終わりのほうには、綺麗に咲くこともある。
 おそらく、今年も三度は訪問することになるだろう。




世界のラン、いろいろ  Vanda tricolor

2017.02.12 17:18|ラン of 世界

 
 いま牧野植物園でラン展が始まっているが、これは一昨年のラン展で撮ったものだ。
 例年、連休に合わせてラン展が始まるが、大勢の人で込み合いそうだから、もう少したってから行こうと思っている。
 Vanda属は、派手は花を咲かすものが多くて、洋ランファンには人気がある。
 ところが、これが日本のフウランを同じ属だというから、驚きだ。フウランが白一色の花を咲かすのは、 夜、蛾を呼び寄せるためだそうだ。暗闇では、派手な色よりも白一色のほうが目立つし、香りの力もあって、蛾をおびき寄せる段取りである。




コセリバオウレン、遠来の友を迎えて

2017.02.07 19:50|山野草・2月
たくさんの株が咲きそろっていた。

 
 はるばる、県外から花を見に来るという、フクジュソウ、バイカオウレンにコセリバオウレンを。
 コセリバオウレンは、比較的近くにあるので、下調べに行ってきた。
 家から車で40分ほどかけて、着いてみると、期待に反して、株数は少ないし、花はあっても、とっくに盛りを過ぎました、という感じ。
 友を迎えるには、心許ない。
 そこで、もう一か所探索に出かけた。ここは家から近いが、昨年は良くなかったので、あまり期待していなかった。が、こちらは、満開の状態。たくさんの株が咲きそろっていた。




タグ:セリ科 コセリバオウレン 2月

世界のラン、いろいろ  唇弁が袋になった三つの属

2017.02.06 07:39|ラン of 世界

2016/2/2 の記事を改めて掲載しました。

Paphiopedilum delenatii Phragmipedium schlimii

 
 唇弁が袋状になったランは、日本ではアツモリソウ属がある。
 属は違うが、これに似た唇弁を持つ仲間が、ほかに二つあって、合わせて三つの属がある。
 まず、Cypripedium属(アツモリソウ属)は、地球の北半球の温帯~寒冷地にあって、日本では、アツモリソウやクマガイソウ、コアツモリソウで知られている。
 次に、Paphiopedilum属は、インド、中国南部、ニューギニアなど熱帯アジアが主な産地であって、日本にはない。
 三つめは、Phragmipedium属で、中南米の熱帯地域が産地である。前記の属とは、赤道に近い熱帯地域にあるという共通点があるが、遠く離れた地球の反対側に分布している。が、花だけ見ると、素人の私などには見分けが難しいものがある。
 Paphiopedilum delenatii(写真左上)とPhragmipedium schlimii(写真左下)と見比べてください。花だけを見れば、同じ種じゃないか、と言いたくなる。が、根ものに目を移すと、別種別属であると納得できる。
 ランの愛好家には、これら三つの属は非常に魅力的で栽培している者あるが、その特徴である唇弁は、昆虫を誘き寄せ、落とし込み、苦労して脱出する際に、受粉させる企みを持っている。




 

世界のラン、いろいろ  Bulbophyllum phalaenopsis

2017.02.04 07:59|ラン of 世界

2016/2/12 の記事を改めて掲載しました。

Bulbophyllum phalaenopsis バルブは鶏の卵ほどもある。 Bulbophyllum phalaenopsis バルブは鶏の卵ほどもある。

ムギラン バルブはムギの実ほど ムギラン バルブはムギの実ほど マメヅタラン  バルブはない。 マメヅタラン  バルブはない。

 

 ニューギニア原産の、このランは何もかもスケールが大きい。葉は長くて、幅も掌ぐらいある。球茎(=バルブ)は鶏の卵ほどもある。
 Bulbophyllum属は、日本ではマメヅタラン属と呼ばれているが、その一つムギランなどは、バルブが小さくて、名前の通りムギ粒ぐらいしかない(写真左上)。
 マメヅタランに至っては、バルブは小さいどころか、まったくない(写真左下)。細い根茎が樹表を這って、その根茎に直接、マメヅタ(シダ類)のような円い葉が付いている。
 Bulbophyllum(バルボフィラム)属は、根茎球茎(=バルブ)が付いて、そのバルブの頂部に一枚の葉が付く。バルブがあるから付いた属名であり、この属に入る種の特色でもあるわけだ。
 だから、バルブがまったくないマメヅタランは変わり者である。



世界のラン、いろいろ Paphiopedilum 属の一覧

2017.02.02 07:23|ラン of 世界

2016/1/29 の記事を改めて掲載しました。

 
 Paphiopedilum 属は、100種を超えるものが熱帯アジアを中心に分布している。今でも新種が発見されているらしい。
 洋ラン愛好家にも人気があって、原種も沢山日本にはいってきている。ほんのその一部を紹介します。




01 ← 2017/02 → 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”