シモバシラに霜柱が

2016.12.29 08:26|山野草・12月

2012/12/13 の記事を改めて掲載しました。

 
 このごろ、四国カルストで花道楽に、しばしば、シモバシラが登場するものだから、私も、近くのシモバシラを見てきました。やっぱり、霜柱が付いていました。昨年よりも、ずっと出来が良いみたいです。
 後期高齢者に仲間入りすると、早寝早起きは得意ですが、寒さには弱い。撮ったのは、10時になっていましたが、この時間で丁度でしょうか。
 なお、花道楽さん所では、さすが、檮原だけに、いろいろな枯れ草に、美しい霜柱ができるようですが、ここのは、シソ科のシモバシラです。




  

タグ:シソ科 シモバシラ属 シモバシラ 12月 1月

カヤラン もう蕾をつけている

2016.12.27 09:55|野生ラン・4月

2015/12/25 の記事を改めて掲載しました。

もう蕾が見える。

春、花を咲かす。

 
 カヤランがもう蕾を付けている。
 2本の花茎がぶら下がっていて、よくよく見ると蕾がジグザグに付いている。
 4本の棒のようなものが見えるが、これは果実。ふつうランの果実はラグビーのボールみたいな形をしているが、これはちょっと変わっている。
 カヤランが花を咲かせるのは、春四月である。しかし、花芽は晩秋には出来ていて、蕾のまま寒い冬を越す。そして、春を迎えて暖かくなると開いて、黄色い可憐な花を咲かす。




Bulbophyllum medusae 美女メドウーサの髪

2016.12.17 10:34|ラン of 世界

↑ 下から撮ったもので、唇弁など花の中心が見えます。

 
 およそ2100種もある Bulbophyllum (マメヅタラン属) の中には、いろいろと変った花があります。
 この写真は Bulbophyllum medusae バルボフィラム・メドウーセ  で、タイやボルネオなど熱帯にあるものです。ひとつの花から3本の白髪(花弁、正確には萼片?)が垂れています。その花がたくさん集まって白髪頭みたいに見えます。
 ギリシャ神話の美女メドウーサの髪の毛はたいへん美しかったとかで、学名はそれに因んで種小名 medusae がつけられています。メドウーサは後に呪いをかけられて髪の毛を全部蛇に変えられたというお話です。




11 ← 2016/12 → 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”