ショウジョウバエとクロヤツシロランと

2016.09.30 12:13|野生ラン・9月
 今年のクロヤツシロランは株数が少ない。例年沢山見られたのに今年は2株だけ。
 その一つの花をカメラで覗くと、なんと赤い目の小さなハエがいました。ショウジョウバエというらしい。
 背中に白いものがくっ付いていますが、これはヤツシロランの花粉です。小さなハエのとっては大きなお荷物ですが、これを背負ってハエは花の中で動き回っていました。なんでも唇弁が閉じて無理やり受粉の役目をせらされているとの話です。が、私にはハエが自由に動き回っているようにも見えました。
 半時間以上もカメラを覗き、シャッターを切り続けたのですが、最後に近くにいた山蟻は入ってきてハエに襲い掛かってお仕舞。

 なお、ハエのお尻のところに見える白いものはハエの卵だと思いますが、どうでしょうか。




タグ:オニノヤガラ属 クロヤツシロラン ショウジョウバエ

アキザキヤツシロラン 地中より現る

2016.09.29 16:27|野生ラン・9月

2015/9/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 四国には、ヤツシロラン類が3種あって、春にはハルザキヤツシロランが、秋にはクロヤツシロランと、ここに載せたアキザキヤツシロランが咲く。
 3株写っているが、お判りだろうか。この地味な花は背景に溶け込んでいる。人目を引くような、華やかさや色気がまったくない。
 生えている場所も「お花畑」ではない。ここは、川の側の竹林で、増水の時に流れてきた落ち葉や枯れ枝が溜まっている。ゴミ捨て場で、蚊が襲来してくるところを住処としている。
 アキザキヤツシロランは人を歓迎しないように見える。  

タグ:オニノヤガラ属 アキザキヤツシロラン

08 ← 2016/09 → 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”