マヤランは、腐生ランへの進化途上

2016.07.29 09:59|シュンラン属
マヤラン

マヤランの果実 ムヨウラン(円内は果実) ムヨウラン(円内は果実)

 
 マヤランは、いまが開花期である。四国にあるシュンラン属のうち、シュンランは、もちろん、ナギランも花は終わっているし、カンランが咲くのは、まだまだ先のこと。だから、仲間のうちで、この暑い夏に、花を見せてくれるのは、マヤランだけである。

 マヤランは、腐生植物と言われている部類に入る。しかし、良く見ると、花茎や花柄子房はうっすらと緑がかっている。普通の葉はないが、鱗片葉らしきものも見られる。
 さらに、果実期になると、花茎と果実は緑が濃くなって、明らかに葉緑素で光合成していると思われる。この果実は長く残って、種まきは、年を越すことになる。

 これも腐生ランと呼ばれているムヨウラン(写真下)と比べてみると、違いがはっきりする。
 ムヨウランには、開花期から果実期まで、葉緑素らしいものは、まったく見られない。また、花が終わって実を結ぶと、すぐに裂開してタネを撒き散らす。光合成しないから地上に長く留まっているのは、百害あって一利なし、というわけだろう。
 ムヨウランは完全に腐生植物(=菌寄生植物)になっているが、マヤランのほうは、まだまだ、進化途上だ、ということらしい。



   最近、ラン科植物と菌と関係を解明する本が出版された。一つは、5月に出版された 森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界 で、もう一つは、8月出版の ランの王国
 どちらも、豊富な写真と素人(私)にも理解しやすいように工夫されているように思う。
 (下記の画像をクリックすれば、より詳しい内容が判ります)





 

ナツエビネ 木にのぼる

2016.07.26 18:48|エビネ属

2012/8/20の記事を再度掲載しました。

 エビネといえば、春に咲くのが普通ですが、夏に咲くのがナツエビネです。それが神社の古木の枝の上で、花を咲かせていました。
 エビネ属は、四国では8種類ほど自生していますが、すべて地生ランです。もちろんナツエビネもその1つです。
 ずっと前に、木が二又になって、落ち葉が溜まったところに生えているのを見たことはありますが、それは、せいぜい胸の高さぐらいのところでした。

 この神社は川の傍にあって、周りは良く自然が残されており、いくつかの古木にはシシンラン(イワタバコ科)がついています。シシンランが咲く頃、毎年のように出かけるのです。
 今回もシシンランの花をカメラに収めようと、見上げていたところ、意外なものが眼に入った。それが、このナツエビネです。立派な株で3本の花茎に花を咲かせています。周囲には、シシンランの株も写っています。





日本ラン科植物図譜


やなせたかし記念館 開館20周年

2016.07.23 13:45|アンパンマンの町
やなせたかし記念館前の広場

朴ノ木公園のお墓

 
 7月21日、やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)が開館20周年を迎えた。
 この町(高知県香美市香北町)は、アンパンマンの生みの親であるやなせたかしの生まれたところである。
 いまでは、アンパンマンミュージアムは全国で5か所あるそうだが、ここは一号館である。
 また、お墓も同町内の朴ノ木公園にあって、記念館から車で5分もあれば行ける。お墓であると同時に、子供の遊び場所でもある。




     やなせたかし著作集






ツチアケビ、実る

2016.07.21 10:44|ツチアケビ

 
 近くの神社の杜のツチアケビが実っていた。
 花の時期に訪れた時は、花茎が5本立っていたが、今見ると2本だけになっている。地面に、もう1本倒れていたが、後の2本は花だけに終わって、結果を残すことができなかったようだ。
 ツチアケビは、花以上に果実期の姿が見ごたえがある。インタネットで検索しても、花よりも果実の方が沢山でてくる。花の写真は撮っても、果実になったらカメラを向けようとしないのが普通だか、ツチアケビは例外だ。
 私も、最初に出会ったのは果実期のツチアケビで、驚くやら、ちょっと怖いような気分になった記憶が残っている。



出始めから、花期まで
2016/5/11 ツチアケビ、にょきにょき出てきた
2016/5/28 ツチアケビがだいぶ伸びてきた
2016/6/10 ツチアケビ、ぼつぼつ咲きはじめる



フウランことVanda falcataが、柿の木で満開

2016.07.13 08:50|フウラン

2015/7/13 の記事を改めて掲載しました。

 
 町内の家々には、よく柿の木が植えられている。
 そして、柿には着生ランが付けられていることが、多い。特にフウランがよく見かけられる。
 これまで見ただけでも十数カ所はあると思うが、これは一番見事に咲いていた。
 ところで、フウランの学名は Neofinetia falcata とされていたが、最近は Vanda falcata とされている。
 手元の図鑑のうち、 カラー版 野生ラン(家の光協会 1991年出版) は、前者であるが、 2015年に出版された 日本のランハンドブック (1) 低地・低山編 は、後者を採用している。
 バンダといえば、絢爛豪華な洋ランを連想するが、フウランがその仲間だとは、驚きである。「DNAを用いた解析の結果、Vanda属とするのが適当である」と言われれば、「見かけによらないものだ」と納得するほかない。



森に ヒメノヤガラの灯がともる

2016.07.07 19:34|ヒメノヤガラ属

 
 ヒメノヤガラが出てくると、灯がともったように森が明るくなる。発色しているのではないかとさえ思う。
 姿全体が、こんな鮮やかな色を見せてくれるのは他にない。もしあるとすれば、キノコ類か。
 この花だけは、開く前の蕾のときが、一番好きだ。
 花が開くころになると、だんだんと色が褪せてくる。




06 ← 2016/07 → 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき