ギンランは、たくさん実をつけていた。

2016.06.07 07:05|野生ラン・5月
開花期(4月28日撮影)

果実(6月6日撮影)

 
 先日、「 ユウシュンランは、一つも実らない 」と書いたので、こんどは、ギンランの所へ行ってみた。
 こちらギンランのほうは、たくさん実を付けているし、実を付けていない株も元気で残っていた。
 開花期(4月28日)に訪れたとき、76株あって、その内54株が花を咲かせており、22株は花も蕾もなかった。今回(6月6日)は、87株あって、44株が果実を付けていて、43株は果実がなかった。(株数が増えているのは、前回の訪問後に新しく出てきたものか、あるひは、数え違いがあるかもしれない。)
 この数字を見ると、およその結論として、ギンランは ① ほとんどすべて結実する、② 花を咲かせなかった株も残っている、ということだ。
 ユウシュンランとギンランとは、分類学的には、同じ属で近い関係にあるが、その暮らしぶりには大きな違いがあるように思える。



05 ← 2016/06 → 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ amazon ”