今年初めて見た 「新種」 三つ

2015.12.30 20:04|山野草・12月
ヤマハンショウヅル

キリシマシャクジョウ キイレツチトリモチ

 
 今年も明日を残すのみとなったが、この一年でどれだけの「新種」をみたのだろうか。
 「新種」と言ったのは、分類学上のそれではなく、ただ私が初めて見たということだ。しかし、高知県植物誌(2009年3月発行)を見ても、ヤマハンショウヅルとキイレツチトリモチは載っていない。キリシマショウジョウは載ってはいるが、「1969年に採取されているが、近年では確認されていない」と書かれている。
 そんなわけで、「新種」といったほうが、「四国新産」というよりピンとくる。
 ここに挙げた3種とも、どちらかというと、九州など暖かい地域に分布するものらしいから、地球温暖化の影響があるかもしれない。
 しかし、ヤマハンショウヅルは、その蔓の大きさといい、その数といい、近頃になって生育したものではない。ずっと前からあったに違いない。

 だから、来年も新しい花が見られることだろう、きっと。
11 ← 2015/12 → 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”