三宝山の古城 よみがえるか?

2014.02.26 19:29|いろいろ

 野市町(高知県香南市)の三宝山の頂上に、この古城のような建造物が建っています。
 三宝(さんぽう)山という名の山は、あちらこちらにあって、「三方」ともいわれ、その頂上は見晴らしが良い。
 この「古城」は、下界からも良く見えます。先日、孫をつれて動物園へ行く途中、写真を撮りました。
 野市から龍河洞へ通ずるスカイラインがあって、そこからちょっとだけ入った場所にありますが、いまは、立ち入り禁止で、敷地内にも入ることができません。
 1970年(昭和45年)にできたそうです。「古城」は「シャトー三宝」といわれ、レストランでした。側には、遊園もありましたが、観覧車や回転木馬などがあって、当時としては相当な規模のものでした。
 私も当時まだ小さかった、二人の子供を連れていったことがあります。その時は、スカイラインは有料でしたが、それでも相当賑わっていたように思います。

 それなのに、やがて閉鎖されました。最近また復興されそうだ、という話も聞きましたが、どうなることやら。

やなせたかし生家跡地公園がだいぶ出来ました

2014.02.22 07:36|アンパンマンの町

 香北町(高知県香美市)の朴ノ木(ほうのき)という集落に、やなせたかし生家跡地公園ができつつあります。
 昨年10月に亡くなられた やなせたかしさんは、ここで生まれました。やはり生まれたところ、先祖の眠る場所が安らぐのでしょう、ここが墓地となるようです。


 アンパンマンとバイキンマンの像が建っていて、
その間に、先生ご自身が書かれた碑文が置かれています。



 この碑文の下に、やなせたかしさんは眠ることとなるでしょう。



 ホウノキの詩碑。 お墓の南側に、対面するように置かれています。
 この歌碑は、アンパンミュージアム別館で見たことがあります。ここに移されたものと思います。



 アンパンマンのマーチの詩碑。 お墓の南側に、に対面するように置かれています。





ラン展はじまる  牧野植物園

2014.02.15 18:30|ラン of 世界


 恒例の春のラン展が、牧野植物園(高知県)で始まりました。
 朝一番に行ったので、まだ人ごみはありませんでしたが、初日ですので、2・3枚の写真を撮って切り上げました。
 珍しい種類の接写は、日を改めて来週の火曜日ごろにも、と思っています。

 2年ぐらい前から、非常に華やかになりましたが、原種のランは少なくなったようにも思います。
 個人的には、やっぱり原種のランの写真が撮って、ホームページ「世界のラン科植物」に載せたいのです。
 次の時は、じっくり探してみます。

やなせたかし生家跡地公園ができつつあります

2014.02.12 05:30|アンパンマンの町

先生の生まれた朴ノ木集落 整備中の生家跡地公園 アンパンマンミュージアム別館前に置かれていた「ホウノキ」の歌碑


 朴ノ木(ほうのき)集落は、昨年亡くなられた やなせたかし先生の生まれ故郷です。
 詳しくは、高知県香美市香北町朴ノ木。もとは、「高知県香美郡在所村朴ノ木」ですが、何回かの町村合併のすえ、現在の地名になっています。

 その朴ノ木の、生家跡地に公園が造成されています。今は、青いシートで包まれていますが、完成したらアンパンの像などが姿を現すことでしょう。

 先生がつくった「ホオノキ」という歌があり、その歌碑は、アンパンミュージアム記念館別館の前におかれていました。

 しかし、今は、ここには見当たりません。
 おそらく、生家跡公園に移されたのではないか、と想像します。青いシートに包まれたものの、一つに、この歌碑があると思います。
 ホオノキの歌は、生まれ故郷の朴ノ木に置かれるのが、ふさわしいでしょう。




アンパンマンの町の保育園児たち

2014.02.08 19:24|アンパンマンの町
緞帳は、もちろんアンパンマン 緞帳は、もちろんアンパンマン

たんぽぽ組(3歳児)の劇「眠っちゃだめだよ かえるくん」 あひる組(2歳児)の劇「にんじんさん だいこんさん ごぼうさん」 さくら組(5歳児)の劇「浦島太郎」 3・4・5歳児合同で歌う「アンマンマンのマーチ」


 今日、孫が行っている保育園の「生活発表会」というのがありました。

 場所は香美市(高知県)美良布の保健福祉センター。ここはアンパンマンミュージアムのすぐそばで、日曜日なら、アンパンマン目当てにくる車で駐車場がいっぱいになります。

 孫が「おじちゃんもきてよ」というので、行きました。
 3歳児の孫たんぽぽ組が「手のひらを太陽に」を歌いましたが、やなせたかし作詞、いずみたく作詞です。

   最後に、3~5児全員が「アンパンンのマーチ」を合唱して終わりました。
 この歌を作詞した、またアンパンマンの生みの親の やなせたかしさんは、昨年亡くなりましたが、子供たちは元気いっぱいに歌いました。

 先生も、きっと喜ばれていることでしょう。







シロバナタンポポ、今日は立春

2014.02.04 06:58| 山野草

 今日は立春。
 暦の上では春だか、2月の初めは一番寒い時期です、などと例年ならいうところですが、今年は、ここ数日はほんとに暖かい。
 昨日、陽気に誘われてぶらぶらしていたら、 シロバナタンポポ が咲いていました。耕作放棄したような、この畑には毎年一面に咲きますが、今はまだ、ぼつぼつ。
 この畑には、 セイヨウタンポポ も咲きます。初夏のころになれば、シロバナタンポポを圧倒して、やがて黄色一色になります。
 セイヨウタンポポは、年がら年中どこかには咲いていますが、春の早い時期には咲きほこることはありません。在来種のシロバナタンポポの顔を立てているのでしょうかね。
01 ← 2014/02 → 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき