クロヤツシロランに飛んでくる ショウジョウバエはくたびれもうけ!?

2013.10.30 10:36|オニノヤガラ属
 昨夜、ベッドの中で 花はふしぎ―なぜ自然界に青いバラは存在しないのか? という本を読んでいたら、「暗い色の花とハエの関係」の項目に、カンアオイなど褐色の地味な花は、ハエが花粉の媒介をするらしい、と書かれていた。

クロヤツシロランの花の中のショウジョウバエ 雄ハチを誘うオフリスのいろいろ


 スタペリア・ギガンテアは、 南アフリカ原産のガガイモ科の植物で、決して美し花とはいいがたく、おまけに腐臭がする。これに引き寄せられるように(汚物を間違えて)、ハエが飛んできて産卵する。と同時に、受粉の媒介者となる。
 ハエのお蔭で受精すると、花は枯れて果実となるので、ハエの卵は孵ることはない。
 スタペリア・ギガンテアだけが得をして、ハエは何の見返りもないばかりか、無駄に大切な卵を奪われたことになります。

   2013/10/9に、 クロヤツシロランへ ショウジョウバエは何しにくるの? の記事を書きました。
 クロヤツシロランの花に飛んできたショウジョウバエは、卵を産み付けに来たのではないか、と推測しました。 そして、そこで卵が孵り、蛆虫が花被を食べて育つかもしれないと希望的推測をしました。  しかし、これはどうも甘い見方かもしれません。やっぱりショウジョウバエはヤツシロランに一方的に奉仕させられている可能性のほうが大きいようです。

 オフリスなどは、雌蜂に化けて、雄を誘惑し、結婚詐欺みたいなことをやります。
 世界のキク科は25千種という最大の植物ですが、ラン科は遅く地球に誕生して、今は、キク科に並ぶ、あるいは、それを凌ぐ勢いで増えているという。
   しかし、昆虫類を騙すやり方でいつまでも繁栄できるか、考えさせられますね。

カンラン 昔ばなし

2013.10.24 18:27|シュンラン属
 秋もふけてくると林の中からプーンとよい香りが漂ってきて、それをたよりりに探す楽しさはなんともいえないものだった・・・咲いた花の器量をみながら、気に入ったものばかり採集した。 2007年11月28日、牧野植物園にて撮影2007年11月28日、牧野植物園にて撮影
 これは、カンラン採りの様子です。
 ただし、70年前の昔ばなし。のちに牧野植物園の園長もされた山脇哲臣さんが、高知県野根に在住された若き頃の体験談です。( カンラン 寒蘭の美と栽培(成文堂新光社発行)から引用)

 私も一度だけ野生のカンランの花の香りに誘われたことがあります。40年も前のことですが、友人と二人でラン採りに行った時のこと、神社の境内で昼食をとっているとカンランの香りがしてきました。その香りのもとのカンランは見事に花を咲かせていました。
 当時は、ランといえば、カンランであり、カンランを山で見つければ採って帰るもの、これが常識(?)でした。

 今では、カンランは絶滅危惧ⅠA類、つまり野生絶滅に一番近いランクに指定されています。花を咲かせている野生のカンランの姿など夢のまた夢。
 ここに載せたのは、2007年11月28日、牧野植物園で地植えされたカンランを写したものです。
 

赤いがクロヤツシロラン 2株だけ

2013.10.10 04:46|オニノヤガラ属

2013/10/2 撮影 2013/10/2 撮影 孟宗竹の古株に生えたアキザキヤツシロラン(左)とクロヤツシロラン(右)、2010/10/19 撮影2010/10/19 撮影、孟宗竹の古株に生えたアキザキヤツシロラン(左)とクロヤツシロラン(右)

 孟宗竹の林の中に2株のクロヤツシロラン(写真の上2枚)が生えていました。
1週間後にも再訪しましたが、新しく出た株は見つけることができませんでした。
 ここは例年、狭い範囲にアキザキヤツシロランと一緒に比較的高い密度で生えます。昨年の果実期の記録を見ると、クロとアキとそれぞれ20株近く数えることができました。
 今年はわずか2株だけ。夏の猛暑と異常な晴天続きの影響かもしれません。
 だとすると、もう今年はこれでお終いというとこになりますが、2010年には10月19日に、この場所で古い竹株にアキとクロが生えているのをとっています(写真下)から、望みは残ります。

 ここのクロヤツシロランは異常に赤みが強い特徴があります。最初に見つけたのが2009年で、それ以後毎年この特徴は変わることがありません。
 クロヤツシロランは茶褐色ですが、この色には赤が含まれていますから、明度を上げるとこのように赤みが強いものになるのでしょう。
  最近、アキザキヤツシロランの品種として、 ヒスイアキザキヤツシロランGastrodia confusa Honda et Tuyama forma viridis Suetsugu が発表されていますが、そのような類のものかもしれません。

追記:より詳しくは ここ をご覧ください。

チャボホトトギス!? 背が高すぎる

2013.10.02 07:22| 山野草

背は高いし、花もたくさん背は高いし、花もたくさん 果実が14個もあった。果実が14個もあった。

 チャボホトトギスといったら、葉は地面に張り付くようにひろがっていて、その葉っぱの上に置いたように、花が乗っかっている、といった印象が普通。
 ところが、これは違います。草丈も高く伸びている。花もたくさんついている。上の写真では、ごちゃごちゃしていいて数えにくいが、すぐ近くにあった株(写真下)では良く分かります。葉腋に果実が2個ずつついていて、全体で14個もあります。
 これじゃと、チャボホトトギスじゃなくて、ジャンボホトトギスです。
 この場所は、垂直に近い崖で、南向きで日当たりも良い。これまで見てきたのは、日陰の山道の側で、湿度も高い場所でしたから、環境の違いで、こんな変わった姿のチャボホトトギスができるのしょうか。
   手元の図鑑のチャボホトトギスの項をみると、花は「茎の頂と葉腋に1-2個つける」とあります。これが「全体で1-2個」という意味なのか、「葉腋ごとに1-2個」と解釈して良いのか。そこがあいまいです。
09 ← 2013/10 → 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき