ツチアケビ 実りの秋

2011.08.31 04:54|野生ラン・8月
花は、2006/6/29に、
実は、同年10/24に撮影。
花は2006/6/29に、実は同年10/24に撮影。
 今頃、山をうろついていると、ツチアケビの実が真っ赤に熟れているのを見かけます。日本のランの中では大形ですから、花の時も目立ちます。薄暗い林の中で黄金色に輝いているので、見逃すことはできません。
 しかし、なんといってもツチアケビがツチアケビらしいのは、果実期です。インターネットで「ツチアケビ」で画像検索したら、花の写真と実の写真と半々、あるいは実の方が多いかもしれません。
 「ランの写真を撮る」といえば、ふつう「花の写真を撮る」ことです。特にランの果実は、花の多彩なことに比較すると、どれも似たり寄ったりで面白みがありません。ツチアケビだけは例外です。

 ツチアケビの果実は裂開しません。他のラン科の果実は、裂けて小さなたくさんのタネを風に乗せて飛ばしますが、ツチアケビの実はいつまでたっても裂けることはありません。
 実の中には、ランとしては格段に大粒の種と澱粉がいっぱい詰っています。ウインナーソーセージのような実がたくさんなると、その重さに耐えかねて、花茎が地面に倒れこんでいるのが普通です。
 ツチアケビのタネを撒くのは、多分鳥や動物が食べて、糞としてばら撒くのではないか、と推測されます。

タグ:ツチアケビ 8月

07 ← 2011/08 → 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”