ウスキムヨウラン

2011.06.08 08:14|ムヨウラン属
 この近くの山に生えるムヨウラン類の中では、ウスキムヨウランが一番多いように思います。普通「ウスギムヨウラン」と「キ」に濁点をつけて呼んでいるようです。しかし、発表した方が「ウスキムヨウラン」と名づけたからには、こちらを尊重するのが良いのではと考える次第です。

 椎の木を主体とする山、里山の面影を残している場所で良く見かけます。ムヨウラン類の中では小型の方ですが、唇弁に生えた毛の先が赤紫に染まっているのが特徴で、ムヨウランやエンシュウムヨウランと区別がつきます。

 花は大きく開くことはありません。左の写真のように開いていれば最高、といって良いでしょう。大抵の場合はほとんど閉じていて、唇弁の先端の赤い毛がわずかに覗いていることが多いのです。

 


05 ← 2011/06 → 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき