アオビユ はるばる外国からようこそ

2017.08.20 07:47| 山野草

2013/8/20 の記事を改めて掲載しました。

 
 アオビユ別名ホナガイヌビユです。
 このところの猛暑を敬遠して、昼間は家にこもり、朝夕に自転車で散歩(?)するのを日課としていますが、その散歩道の傍の畑に群生していました。
 日本帰化植物写真図鑑を見ますと「南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアなどの熱帯、亜熱帯から温帯まで広く分布する」そうです。日本には大正末期に入ったと書かれています。
 アオビユはヒユ科ヒユ属ですが、高知県植物誌にはこの仲間が8種載っています。なんと全部が帰化植物です。もし高知県植物誌からすべての帰化植物を抹消したら、本の厚さはぐんと減るでしょうね。
 しかし、散歩がてらに外国の植物を観察できるとは素晴らしい。帰化植物だといって毛嫌いしない、グローバルでいきましょう。








タグ:アオビユ 8月

カノコユリとタキユリ

2017.08.11 07:05| 山野草

2015/8/15 の記事を改めて掲載しました。

左=カノコユリ、右=タキユリ  カノコユリ(写真左)とタキユリとが同じ時期に見られる。タキユリはカノコユリの変種とされていて、一見して違うところは、カノコユリは茎が立つのに対して、タキユリは垂れ下がる。
 タキユリは山道の崖や斜面に咲いていることが多い。カノコユリは日当たりの良い平地に見られる。
 タキユリは崖に生えるから茎が垂れ下がり、カノコユリは平地に生えるから茎が立つのじゃないか、という疑問を持ったこともあるが、 二つを同じ場所に植えても、この性質は変わらないらしい。
 高知県植物誌(2009年発行)では、「栽培のカノコユリの逸出の可能性のあるものは除外した」としている。









タグ:カノコユリ タキユリ 8月

タキユリを 国道から見上げる

2017.08.04 13:43| 山野草

2015/7/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 むかし、毎日通勤で通った国道の脇に、今が盛りと、タキユリが咲いている。5mほど高いところである。
 タキユリは、カノコユリの変種で、違いは崖に生えて、茎が垂れ下がることだという。
 タキというのは、崖のことであって、滝のことでない。水がなくてもタキである。水が流れおちる滝の側に、タキユリが咲いているのはあまりみたことがない。
 田舎の国道とはいえ、車は絶え間なく走ってくるし、歩道はここにはついていない。危険を感じながらの撮影であったからか、あまりぱったしない写真になった。タキユリさん、ごめんなさい。




タグ:タキユリ 8月

ヒナノシャクジョウ 黄身がなけりゃ美味しくない

2017.08.01 05:45| 山野草

2013/8/1 の記事を改めて掲載しました。


 数年前、ヒナノシャクジョウ、これぞ満開! と自慢げに載せたことがあります。
 今日はその時の写真を再登場させます。というのは、ヒナノシャクジョウは時々見かけるが、花が開いて黄色(卵の黄身のような)を見せているのに出会えない、と友人がこぼす。
 午前中に開いて、遅い時間になったら閉じるのじゃないか、と応えておいたが、気になって調べてみました。
 私のパソコンのフォルダーにも、卵の黄身を見せている写真は、前に公開したものしかない。そして、撮影時間を見ると午後です。正確には、2007/8/6の15時40分前後。
 早朝開花に開いて午後遅くに閉じる、この説は取り下げます。かわりに、午後ユウスゲが開くころ開花して、翌朝には閉じる、という説に変更します。(朝令暮改=素人の強みでコロコロ変わります)
 同じ場所で、開花した株を3株も見ていたのですから、よほど条件が良かったのでしょう。  この写真を撮った場所にはその後行ってませんので、今日あたり行って調べてみます。

 写真の説明をしておきます。花の先端が茶色になっているのは、咲き終わってしぼんだもの、薄く黄色が透けて見えるのがもうすぐ咲きそうなもの、真っ白なのはもうちょっと先にならないと咲かない蕾。    

タグ:8月 ヒナノシャクジョウ

ベニバナギンリョウソウ ?

2017.07.13 05:10| 山野草
この花は、ベニバナギンリョウソウかな?

左は普通ベニバナギンリョウソウといわれるもの

 
   この花は、ベニバナギンリョウソウかな?
 普通ベニバナギンリョウソウと呼ばれているものは、子房だけがピンクであるが、こちらは、花被を含め全体にピンク色をしている。
 また、ずんぐりしている。花も終盤の様だから、ギンリョウソウなら、もっと背丈が伸びているはずだと思う。
 撮ったのは、2010/7/10だが、普通のギンリョウソウにしては、花期が遅い。
 あった場所に毎年のように行っているが、その後はまったくお目にかかれない、残念。

 追記:
 ホームページ 花調べ さんに、 ベニバナギンリョウソウ ’03.7.6 霧島(宮崎/鹿児島県) として載っているんと同じもと思う。




タグ:7月 ベニバナギンリョウソウ

タツナミソウが林立

2017.05.11 07:06|5月の山野草

 
 小さな道を、よろけながら落っこちないように歩いていたら、見事なタツナミソウが目についた。
 この辺りでは、コバノタツナミは、いたるところにある。日当たりの良い場所にも山中の日陰にも生えている。
 しかし、タツナミソウは日当たりの良い場所にだけ花を咲かせている。 それに、こんな見事な株には初めて出会った。




タグ:タツナミソウ

オウギカズラ 山奥の渓谷に

2017.05.09 07:43|5月の山野草

 
 ずっと山奥の渓谷に降りたら、オウギカズラが岩場に花を咲かせていた。
 この花はシソ科のキランソウ属だが、キランソウが道端などの人目に付く場所に咲いているのに対して、 山奥に隠棲している。
 ほかの植物と争って勝とうとする闘争心はない。かといって、仲良く混生しようする協調性もしない。 ひっそりと隠れ住む性質のようだ。




タグ:オウギカズラ

採らないで! 撮って! サカワサイシン

2017.05.08 19:44|5月の山野草

 
 サカワサイシンの花は綺麗だとか、美しいとかの表現は当たらない。 ウマノスズクサ科の花はグロテスクだと言った方が良いが、 これがなかなかの人気者で採っていって自分のものにしないことには、気が済まない御人が多いと聞く。 ここを紹介してくれた友人が憤慨していた。
 採るのじゃなくて、撮るだけにとどめてほしいものだ。
 葉の模様もいろいろ変化があって面白い。この写真に入っているだけでも、3種類の模様が見える。




タグ:サカワサイシン

ポッと、明かりが灯ったよう

2017.05.07 19:39|5月の山野草

 
 ギンリョウソウは、ちょっと薄暗い山に入ると、良く見ることができる。 別名 ユウレイタケ (幽霊茸) というそうで、確かに、普通のギンリョウソウは透き通るような白さで藪に一人で入って出会うとドッキとする。
 しかし、品種のベニバナギンリョウソウ(と言ったっけ)は、趣が違う。 闇夜に明かりを灯したようで、ほんとに周りが明るくなったように感じる。 もちろん発光はしてないと思うが。




タグ:ギンリョウソウ

キランソウ、色違い三つ

2017.05.01 07:20|4月の山野草
キランソウが花盛りだが、花の色には多少変化がある。
右端は、普通のキランソウで、左端には、モモイロキランソウという名前が付いている。色違いの品種ということだ。 真ん中のは、その中間と見える。
なお、モモイロキランソウは葉っぱにも、赤紫の色がにじんでいる。









タグ:キランソウ

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき