ツチトリモチ、花なのか わからない

2016.11.26 09:26|11月の山野草

 
 四国には、ツチトリモチ科は3種あって、一番ポピュラーなのが、このトチトリモチだが、花の構造がどうも良くわからない。
 真っ赤な卵型の表面を覆っているのが花だ、ということになっている。だから、この赤い卵は、ツチトリモチの花穂とであり、花は微小で、無数(おそらく数千個)。
 この花は全部雌花であって、雄花はない。ここに写っているのは、すべて雌株である。それじゃ、雄株はどこだ? という疑問が起こるが、見つかっていないそうだ。 これは、おかしい。が、この話はまた後日。

   花(=雌花)は、花弁はなく、ほとんど雌蕊だけで、果実は1個、果実の中の種も1個という構造らしい。
 赤い卵の表面を埋め尽くしているのは、雌花というより、果実である、と言った方が当たっているような気がする。




キイレツチトリモチ、 雄花を観る

2016.11.24 11:00|11月の山野草
A 一つの根茎から3 - 10個の花茎がでる。

B 新しい花穂は白っぽい。 C クローズアップ D 古い花穂は茶色がかっている。 E クローズアップ

 
 キイレツチトリモチは、沖縄や九州南部にのみ自生するとされていたが、数年前に四国でも発見された。四国や九州、沖縄が陸続きであった太古から生き延びてきたものだろうが、最近になって人目に触れるようになったのは、地球温暖化の影響で繁殖しているためだろうか。
 四国には、ツチトリモチミヤマツチトリモチは分布していたが、新たに一種加わって、三兄弟になった訳で嬉しい。

 キイレツチトリモチの特徴は、卵型の花穂に雄花を付けることだ。花穂の表面が小さな無数の雌花で覆われる点では、ツチトリモチと同じだが、キイレの場合は、数個の大きな雄花が混じる。

 地下の根茎から3-10個の花茎がでて、先端に卵型の花穂がつく。花穂が新しいもの(写真B)は、全体として乳白色をしているが、これは、表面に密生している、小さな雌花の色である。
 雌花に交じって、数個の雄花がつく。これは、雌花に比べると極端に大きい。3(または2)枚の花被片と3(または2)裂の雄蕊からなっている。花柄が伸びているので、雄花全体は、花穂の表面から突き出ていて、良く目立つ。

 残念ながら、雌花の構造はクロースアップした写真でもはっきりしない。

 古い花穂(写真D)は、こげ茶色を帯びてくるが、これは、毛のような雌蕊が白色からこげ茶色に変色したためである。また、古い花穂では、雄花も萎んで黒っぽい塊になって見える。




 

ツチトリモチ、赤き血潮の冷めぬまに

2016.11.14 11:41|11月の山野草

2009/11/17 の記事を改めて掲載しました。

これは雌株だそうです。花婿募集中ってところですか。  
 ツチトリモチはちょっと花というよりはキノコの感じがします。下の方のやや白っぽい部分が葉っぱで、あとは全身真っ赤っか。
クロキ、ハイノキなどの根に寄生して生活しているので、緑の葉はありません。自分では陽の光で光合成という苦労することなく、日陰者の暮らしです。その点でもキノコに似ていますが、立派に沢山の花を咲かせます。
 球体の方面を覆っているブツブツのひとつひとつが花だそうです。しかし私は開花しているのをまだ見たことがありません。
 ツチトリモチは雌雄異株だそうで、私たちの目にするのはすべて雌株で、雄株はまだ見つかっていないとか。ほんとかなぁ?
このなに沢山の雌花をつけても彼がいなくちゃあだ花じゃないか。ぜったいそんなはずはない、どっかに潜んでいて通っているはずで、ヒトが知らないだけじゃないか、と思うが・・・




07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき