タツナミソウが林立

2017.05.11 07:06|山野草・5月

 
 小さな道を、よろけながら落っこちないように歩いていたら、見事なタツナミソウが目についた。
 この辺りでは、コバノタツナミは、いたるところにある。日当たりの良い場所にも山中の日陰にも生えている。
 しかし、タツナミソウは日当たりの良い場所にだけ花を咲かせている。 それに、こんな見事な株には初めて出会った。




タグ:シソ科 タツナミソウ

オウギカズラ 山奥の渓谷に

2017.05.09 07:43|山野草・5月

 
 ずっと山奥の渓谷に降りたら、オウギカズラが岩場に花を咲かせていた。
 この花はシソ科のキランソウ属だが、キランソウが道端などの人目に付く場所に咲いているのに対して、 山奥に隠棲している。
 ほかの植物と争って勝とうとする闘争心はない。かといって、仲良く混生しようする協調性もしない。 ひっそりと隠れ住む性質のようだ。




タグ:シソ科 オウギカズラ

採らないで! 撮って! サカワサイシン

2017.05.08 19:44|山野草・5月

 
 サカワサイシンの花は綺麗だとか、美しいとかの表現は当たらない。 ウマノスズクサ科の花はグロテスクだと言った方が良いが、 これがなかなかの人気者で採っていって自分のものにしないことには、気が済まない御人が多いと聞く。 ここを紹介してくれた友人が憤慨していた。
 採るのじゃなくて、撮るだけにとどめてほしいものだ。
 葉の模様もいろいろ変化があって面白い。この写真に入っているだけでも、3種類の模様が見える。




タグ:ウマノスズクサ科 カンアオイ属 サカワサイシン

ポッと、明かりが灯ったよう

2017.05.07 19:39|山野草・5月

 
 ギンリョウソウは、ちょっと薄暗い山に入ると、良く見ることができる。 別名 ユウレイタケ (幽霊茸) というそうで、確かに、普通のギンリョウソウは透き通るような白さで藪に一人で入って出会うとドッキとする。
 しかし、品種のベニバナギンリョウソウ(と言ったっけ)は、趣が違う。 闇夜に明かりを灯したようで、ほんとに周りが明るくなったように感じる。 もちろん発光はしてないと思うが。




タグ:イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属 ギンリョウソウ

キランソウ、色違い三つ

2017.05.01 07:20|山野草・5月
キランソウが花盛りだが、花の色には多少変化がある。
右端は、普通のキランソウで、左端には、モモイロキランソウという名前が付いている。色違いの品種ということだ。 真ん中のは、その中間と見える。
なお、モモイロキランソウは葉っぱにも、赤紫の色がにじんでいる。









タグ:シソ科 キランソウ属 キランソウ

チチコグサ(?)が庭をとおりすぎた

2016.05.07 06:31|山野草・5月

2016/5/16 の記事を再度掲載しました。

 庭にチチコグサがやってきた。チチコグサモドキのほうだろう、と言われればそうかも知れない。
 この草は我が家の庭では、これまであまり見たことがない。ハハコグサもだが。
 これに、似た名の草は、タチチチコグサ、ウスベニチチコグサ、ウラジロチチコグサ、エダウチチチコグサなどあるが、チチコグサ以外は帰化種である。
 これは、在来種のチチコグサかどうか、もう一度確認しようと、 日本帰化植物写真図鑑 をもって庭に降りたら、ぜんぶ消えていた。
 写真を撮ったのが、4・5日前なのに。はかなく全部消えていた。




タグ:キク科 チチコグサ 庭の千草

ムラサキカタバミ 庭の入り口で

2016.05.05 06:28|山野草・5月

2014/5/3 の記事を再度掲載しました。

 ムラサキカタバミが庭の入り口で咲いています。
 淡い紅紫色の花弁は日本人好みだと思いますが、これは南アメリカ原産だそうでして、いわば帰化植物です。
 人家の側でも野原でも時々見かけますが、我が家へも訪れたわけです。

タグ:カタバミ科 ムラサキカタバミ 庭の千草

孫が育つと 雑草も育つ

2016.05.02 21:30|山野草・5月

2014/6/5 の記事を再度掲載しました。

 トウバナが、我が家の庭の千草に仲間入りしたのは何時ごろだろう。 庭の中央は避けて、周辺部に目立っています。
 もちろん、そこらあたりの野草を掘り取ってきて植えたわけではありませんので、わかりません。
 以前は、妻が除去すべき雑草のリストに入っていましたから、これほどには繁茂していませんでした。  それが、孫がひとり、ふたりとできて、その世話にも忙しくて、草取りどころではなくなった。お蔭でトウバナものびのびと育っています。




タグ:シソ科 トウバナ属 トウバナ 庭の千草

大蛇藤 天空へ舞い上がる

2015.05.02 08:37|山野草・5月

2014/5/12 の記事を再度掲載しました。

 舞川(高知県香南市)の大蛇藤は、ちょっと有名です。
 ちょっと小高い所から、大蛇藤の天辺を見ることができます。



 杉の木にまきつきながら、杉の木の生長と一緒に、フジも伸びていったのでしょう。
 藤色の衣を羽織った今の姿は、杉の木ではなくて、まるでフジの大木のようです。

 フジの根元のほうは、樫の木など一緒に、淵に覆いかぶさっています。
 大蛇藤といわれる由縁は、この淵の大蛇が天空に舞い上がる姿を想像したものしょう。

 舞川は小学校もある集落でしたが、今はほとんど空き家か、廃屋になり、住人は5人ほどだそうです。
 しかし、大蛇藤の花の咲くころは遠方から見物人が集まり、休日には賑やかです。

タグ:フジ

ムシクサ これも庭の野草です。

2014.05.21 12:48|山野草・5月
 ムシクサは、ゴマノハグサ科クワガタソウ属の一種です。何時のころからかは定かではありませんが、いまでは、我が家の庭の千草の仲間です。

ムシクサの花は米粒ほどでよほど近づいて目を凝らさないと見えません。
 ゴマノハグサ科では、このほか、 ウリクサオオイヌノフグリタチイヌノフグリ の3種が庭に生えています。

タグ:ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 ムシクサ 庭の千草

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”