キバナシロタンポポも咲き始めた

2017.02.16 10:08|2月の山野草
キバナシロタンポポ

シロタンポポ セイヨウタンポポ

 
 近くの草原で、キバナシロタンポポが咲き始めた。
 高知県植物誌(2009年)には、載っていなかったが、その後に、あちらこちらで自生地が見つかったものだ。 高知県植物誌作成のため、数年間、大勢のボランチアが高知県内全域を調査したが、その時は確認できていなかった。 もちろん、急に生え出すということはないから、見逃していたということだろう。
 花の色が、セイヨウタンポポとシロバナタンポポとの中間にあるし、同じ時期に咲く。また、シロバナタンポポは、雄蕊の黄色が周りに映えて、全体として薄い色に見える。こうしたことが見逃していた原因だろうか。
 昨日訪れた場所でも、この3種のタンポポが咲いていた。なお、セイヨウタンポポは、外来種だが、あとの2種は在来種である。 そして、ここ数年の観察では、在来種のほうが多くて、外来種はむしろ少ない。
 外来種が在来種を駆逐する、というのは、ここでは見られない。




07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき