ヒメノヤガラ 姿を変えて楽しませる

2017.08.14 16:31|野生ラン・7月

2013/7/26 の記事を改めて掲載しました。

 ヒメノヤガラも今年は、花はお終いのようです。が、これは年により、場所により違うようで、2枚目の写真は8/2の撮影ですが、まだ蕾の状態です。

杉の落ち葉の間から現れた。燃えるように赤い。2010/7/10撮影 杉の落ち葉の間から現れた。燃えるように赤い。2010/7/10撮影 まだ蕾だが、この頃の姿が一番面白い。2006/8/2撮影 まだ蕾だが、この頃の姿が一番面白い。2006/8/2撮影 開花時期。両側の2株はまだ蕾。2010/7/8撮影 開花時期。両側の2株はまだ蕾。2010/7/8撮影 果実期。2005/8/29撮影 果実期。2005/8/29撮影




 最初の写真は、杉の落ち葉の間から姿を現したところです。小さいランですが、闇に灯が点ったようです。この時期が一番赤みが強い。





 次は、開花の準備が整った状態です。子房の上に載っている丸いのが花被の部分ですが、工業デザイナーを喜ばしそうな姿をしています。







 3番目が、開花期です。まだ、初期で両側の株は開いていません。ちょっと写真ではわかりにくかもしれませんが、唇弁が上になっています。ランでは唇弁が下になるものが多いです。なぜか、この時期のヒメノヤガラは色が褪せていて、燃えるような赤い姿のを見たことがありません。


 最後が、果実期の姿です。ランの花はその形が千変万化ですが、果実のなると皆似たような、ラグビーのボール形になるようです。




追記: 唇弁が上になるランは、四国では ホザキイチヨウラン ぐらいのものです。
世界的にみても少数派であることは間違いありませんが、幾つかありますので、 ここで 探してみてください。

タグ:ヒメノヤガラ

ホザキイチヨウラン 葉っぱが2枚が普通

2017.08.13 15:05|野生ラン・7月
葉っぱが2枚。四国では、これが普通。 葉っぱが2枚。四国では、これが普通。

葉っぱが1枚のは珍しい。 葉っぱが1枚のは珍しい。

 
 ホザキイチヨウランで、「葉っぱが一枚とは珍しい」などと言うとヘンかもしれない。
 和名に「一葉蘭」とついているから、一枚が普通であって良いはずだし、 手元の図鑑 カラー版 野生ラン(家の光協会出版) にも「葉が1枚出る」と明記してあり、そこに載っている写真の株も葉は1枚だ。
 しかし、これまで沢山のホザキイチヨウランを見てきたが、多くの株は葉を2枚付けており、葉っぱ1枚というのは、むしろ稀である、と言って良い。四国など一部の地域に見られる現象かな?

 和名はホザキイチヨウランと名付けられており、学名も Malaxis monophyllos であるここから判断すると、原記載も「葉は1枚」となっているだろう。(monophyllos は「1枚の葉をもつ」という形容詞)
 タイプ標本が採取された地方では、1枚葉のものばかりで、2枚の葉を付けた株は皆無であったのだろう。



 

タグ:ヤチラン属 ホザキイチヨウラン

ホザキイチヨウランは、360度捻って元に戻る

2017.08.12 07:55|野生ラン・7月

2014/8/5 の記事を再度掲載しました。

ホザキイチヨウラン
360度捻って、唇弁上位
オオヤマサギソウ
180度捻って、唇弁下位
ホザキイチヨウランの仲間の外国産
捻らずに唇弁上位

 ホザキイチヨウランの特徴の1つは、唇弁が上になることです。 世界では約400種、日本では8種あるというヤチラン属に共通する特徴だそうです。
 しかし、ホザキイチヨウランのかわっているのは、唇弁を上にするために花柄子房を360度も捩じっていることです。

 唇弁が上になるか、下になるかは、花柄子房が捻じれるか否かにかかっています。
 ① まったく捻じれずにストレートにいけば自然と唇弁は上になります。左の写真では一番下がそうです。これはホザキイチヨウランと同じ属Malaxisの一種です。
 ② ラン科の花で一番多いのは唇弁が下になるものですが、唇弁を下にするためには、花柄子房を180度捩じる必要があります。二番目の写真オオヤマサギソウを見れば、花柄子房の捻じれが良く分かります。
 ③ ホザキイチヨウランのように花柄子房を360度捻じると、当然元の位置に戻ってしまいます。結果は、①の唇弁をまったく捩じらない場合と同じ唇弁上位となります。

 手許の図鑑には、7種のヤチラン属が載っていますが、唇弁上位という点では共通しています。
 しかし、ホザキイチヨウラン以外は、花柄子房をまったく捻らないストレート形の唇弁上位のように見えます。
 ホザキイチヨウランだけが360度捻って、仲間に調子を調子を合わせているわけです。




タグ:ヤチラン属 ホザキイチヨウラン

シロテンマ に 2つのタイプあり

2017.08.07 05:48|野生ラン・7月

2013/8/5の記事を再度掲載しました。

 やっとシロテンマなるものに出会えました。
 オニノヤガラの品種で、「青緑色のものをアオテンマ、

左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ。(唇弁の先端部分の切れ込み方が違う) 左=オニノヤガラ、右=シロテンマ(唇弁の先端部分の切れ込み方が違う)

淡黄色のものをシロテンマという(日本の野生ラン 59.5.10発行)」ことになっています。が、「アオテンマは品種で良いとしても、シロテンマは別種じゃないか」と異議を唱える声は多数あります。

 私が見たシロテンマは、同じ場所に生えていた2株です。
① 高さは一つが25cm、もう一つが24cm。茎の直径は2.5mm。左右にオニノヤガラとシロテンマとを並べましたが、同じ縮尺ではありませんが、高さは3分の1、茎の直径は半分ぐらいではないかと思います。(シロテンマは実際に測りましたが、オニノヤガラのほうは計測していません) 
② 花数は8個です。オニノヤガラの20~50個と比べると非常に少ない。 
③ 花の色は純白です。けっして淡黄色ではありません。 ④ オニノヤガラの唇弁の先端部分は、細かく深く切れ込んでいて、毛状になって縮れていますが、シロテンマは鋸歯状のギザギザがあるだけです。
 こうして比べてみると、オニノヤガラとシロテンマとは、別種とすべきだという見解に軍配をあげたくなります。

 ところで、高知県植物誌(2009.3.15発行)のオニノヤガラの項に、その品種として、シロテンマが載っています。その標本の丈は、およそ56cmぐらいです。また、「花は灰褐色」と記載されています。
 私がシロテンマとして写真を載せたものは、高さや花の色、花数などの違いがあります。

 そうすると、シロテンマと呼ばれているのにも二つのタイプがあることになります。
 サイト上州花狂いの植物散歩野の花賛花 には、この両方の写真が載っていて参考になります。

 シロテンマの学名は、オニノヤガラの変種 Gastrodia elata var. pallens Kitag.として発表されています(1939)。それを品種 G. elata f. pallens (Kitag.) Tuyama としたのは、より大型で花数も多い(普通のオニノヤガラと比べるとやや小型で花数も少ない)タイプのものだと思います。

タグ:オニノヤガラ属 シロテンマ

シロテンマは、白くなくちゃダメか?

2017.08.06 05:07|野生ラン・7月

2015/8/4 の記事を改めて掲載しました。

シロテンマ

シロテンマ オニノヤガラ

 
 待望のシロテンマ発見! とかけつけて、デジカメでパチパチ何枚も何枚も撮る。珍しいものは、とくに沢山撮っておくに限る。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、4・5枚のうちには、1つぐらいピントの合ったものがあるはず。
 初めは真っ白いと思っていた花の色が、薄暗さに目が慣れてくるにつれて、少しではあるが、緑色を帯びていることが気になりだした。
 これは果たして、シロテンマと呼んで良いものか?
 標準的なオニノヤガラと比べたら、丈は低いし、花数も少ない。わずかに緑がかっているとはいえ、まずまず白花と言っても差し支えなかろう。だから、これはシロテンマです、というのが常識的な判定。

 今年の5月にでた  日本のランハンドブック ① 低地・低山編 のシロテンマのページには、オニノヤガラに比べて小さく、花数も少ないことの他に、花の形態に違いがあると書かれている。さらに、別種とすることが適当であろう、とも書かれている。
 この考え方によれば、花の色がどうのこうのというのは、二の次にして、花の形態が判別の決め手になると思う。極端な話、花の色が、オニノヤガラ(写真下)のように緑でも、形態がシロテンマに合致するなら、それはオニノヤガラではなく、シロテンマとすべきじゃないか。
 この場合、和名は「シロテンマ」ではなく、別名の「ヒメテンマ」がピッタリだが・・・
 偉そうなことをくどくどと書いてきたが、白状すれば、私は肝心の花の形態の違いを知らない。どなたか教えてくだされば幸いです。




 今年2016年にはいって、ラン科植物と菌と関係を解明する本が出版された。
一つは、5月に出版された 森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界 で、もう一つは、8月出版の ランの王国
 どちらも、豊富な写真と素人(私)にも理解しやすいように工夫されているように思う。
(下記の画像をクリックすれば、より詳しい内容が判ります)






タグ:オニノヤガラ属 シロテンマ

ナヨテンマか!と思ったが・・・

2017.08.05 05:45|野生ラン・7月

2013/8/15 の記事を改めて掲載しました。

左=7/14、右=7/21 左=7/14、右=7/21  ナヨテンマといえば、四国では絶滅状態で、私はもちろん友人の誰も見た者はいません。見たい、見たいの願望が高じて、ナヨテンマの幻を見たというお話。

 最初、蕾(写真左)を見て「ナヨテンマかも」と思いました。シロテンマも初見ですが、ナヨテンマも図鑑でしかお目にかかっていません。両者とも珍しいものですが、シロテンマはあちこちで出現していると聞いていましたが、ナヨテンマのほうは噂さえありません。こんな場合どうしてもナヨテンマであってほしいと思うのが人情じゃないですか。
 一週間後再訪した時の写真が右。やっぱりシロテンマでした。

 植物学の父といわれた牧野富太郎博士にもシロテンマとナヨテンマとにかかわる面白い、いや興味深い話があります。1952年に書かれた津山尚氏の論文からの受け売りですが。
 博士はシロテンマを Gastrodia gracillis (ナヨテンマの学名) だと同定したそうです。今なら、素人の私でさえナヨテンマの写真入りの図鑑で見分けることができますが、当時はそうはいかなかったでしょうし、博士はその時点では、ナヨテンマの実物を見てなっかたでしょうね。
 シロテンマが Gastrodia gracillis と違うと認識したら、博士はきっと別の新しい学名をつけたことでしょう。オニノヤガラの変種とか品種とかは頭になかったはずです。
 シロテンマの別名ヒメテンマを命名したのは博士だそうです。博士は花の色の違いよりも姿の大小に留意したことになります。
 あれこれ妄想するのも楽しいですね、私は。

 なお、ナヨテンマは津山氏が命名したものです。
Gastrodia gracillisシロテンマ を否定して、
Gastrodia gracillisナヨテンマ としました。


  
5月に出版された日本のラン①低山・低地編のナヨテンマ のページに次のように書かれている。
DNA情報を使った解析の結果、オニノヤガラよりもヤツシロラン類に近縁であることがわかっている。
 

タグ:オノノヤガラ シロテンマ

クロムヨウラン、やっぱり咲いていない

2017.07.28 06:43|野生ラン・7月

2016/7/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 花が咲いていなかたら、ガッカリするのが普通だが、クロムヨウランに限っては「やっぱり咲いていないな」と、平常心でいられる。
 この場所も、車で半時間もあれば来られるので、2009年から毎年通っている。今年は株数が多くて、10株はあったが、膨らんだ蕾は付けていても、咲いているのは一輪もなかった。
 地面に落ちた蕾を拾い集めて見たが、開いてから萎んだようには見えない。蕾のまま開かずに落ちたに違いない。

   高知県では、クロムヨウランは花が開かないのが普通で、むしろ、これこそがクロムヨウランのほんとの姿だ、というのが常識(?)。たまたま、花が開いているのが見つかったら、幸運としか言いようがないが、それは変わり者で、普通のクロムヨウランとは違う変種だと考える。
 澤完先生(元 高知大学助教授、故人)は、花が咲くのは、変種のトサノクロムヨウランと名付けられた。
 


 最近、ラン科植物と菌と関係を解明する本が出版された。一つは、5月に出版された 森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界 で、もう一つは、8月出版の ランの王国
 どちらも、豊富な写真と素人(私)にも理解しやすいように工夫されているように思う。
 (下記の画像をクリックすれば、より詳しい内容が判ります)



タグ:ムヨウラン属 クロムヨウラン

クロムヨウラン どうせ今年も咲かないでしょうけど

2017.07.27 07:58|野生ラン・7月

2010/7/22 の記事を改めて掲載しました。

 ここのクロムヨウランはどうせ今年も咲かないでしょう、と思いながらも、やっぱり来てしまいました。
どうせ今年も咲かないでしょうけど
 自生地は、子供の頃、遊んだこともある所で、周りは杉に植林されましたが、この一画だけが里山の風情を残しています。ここに多いときは20株ぐらいのクロムヨウランが現れます。 数年前からここに通うのですが、一度も花が開いたのを見たことがありません。 
クロムヨウランは「花はおそらく晴天の日、朝に平開する」と、家の光協会出版の「野生ラン」に書かれています。 幸い自生地が近くでしたので、5・6回以上もカメラを持って通ったのですが、蕾の写真しかものにできませんでした。
 どうも日照り続きであまりにも乾燥していたのが災いしたのではないか、と思った年もありましたが、雨もふり地面はたっぷりと水分を含んでいた年もダメでした。
 早朝にも行きました。本命の10時前後にも、もちろん行きました。午後に行ったこともあります。残るのは、夜の暗闇だけです。
 しかし、落ちている花を拾って観察しますと、一度開いてから萎んだようには見えない。硬い蕾のまま落ちたようです。それにいくつかの株では、果実もつけているのです。とすると、ここのクロムヨウランは、閉鎖花のまま自家受粉しているのだ、と観念しました。

 昨年そう観念しましたが、やっぱり今年も来ました、クロムヨウランさん。



タグ:ムヨウラン属 クロムヨウラン

ヒメノヤガラは唇弁上位

2017.07.25 05:10|野生ラン・7月

2012/8/1 の記事を再度掲載しました。

 ヒメノヤガラの花は、唇弁が上になっていることを知ったのは、昨年のことです。手元の図鑑に「唇弁は上に位置し・・・」と書かれているのを読んで、あらためて撮りだめした写真を見直した次第です。
 しかし、この花は筒状であまり開きませんし、小さい上に薄茶色一色ですから、その構造はわかりにくい。よそ様のホームページやブログなどを検索しても、はっきりと解る写真は見つかりません。 私の撮ったのも例外ではありません。
 日本のランで、唇弁が上になるのは珍しく、ほかには ホザキイチヨウラン などのヤチラン属だけではないでしょうか。  世界的にみても、唇弁上位の種は少ないようです。 「世界のラン科植物」花の一覧 をご覧下さい。
 唇弁が上になる状態を「倒立」を書いた図鑑も見ますが、人間が逆立して唇が鼻の上になるのとは、わけが違います。むしろ、この方が「もとの姿であり、基本的形態だ」といっても良いと思います。なぜ、唇弁が下になるように進化したのか、考えてみるのも面白いですね。
 追記:  ヤクシマネッタイランも 唇弁上位でした。




日本ラン科植物図譜




タグ:ヒメノヤガラ

シロテンマとオニノヤガラと見比べてみたら・・・

2017.07.14 07:22|野生ラン・7月
オニノヤガラ(左)とシロテンマ。
高さは、オニノヤガラが40~100cm、シロテンマはその半分ぐらい。
花数は、オニノヤガラが20~50個、シロテンマは5~20個。
オニノヤガラ(左)とシロテンマ。
高さは、オニノヤガラが40~100cm、シロテンマはその半分ぐらい。
花数は、オニノヤガラが20~50個、シロテンマは5~20個。

オニノヤガラ(左)とシロテンマ オニノヤガラ(左)とシロテンマ

 
 ここ数年、友人の案内で沢山のオニノヤガラとシロテンマとを見ることができた。
 両者については、学者の間では、品種説から変種説、さらには別種説まである。
 品種とする説は、花の色が違いに重点をおいて、その他の違いは軽視する。別種する説は、シロテンマは小さく、花数も少ないし、花期が遅いとし、更に花の形態が違うと主張する。
 しかし、花の形態の違いについては、花をむしり取って、解剖して中まで観察するのは、遊び半分でやっている者としては遠慮すべきだから、外から見ることができる範囲で、見比べた。
➊ 萼筒の下部左右に膨らみがあるが、オニノヤガラは非常に大きい。これに比べたら、ヒメテンマのは、それほどの膨らみはない。
❷ オニノヤガラの萼筒は、壺のようであり、開花しても大きくは開かない。口の小さい壺のようである。これの比べたら、ヒメテンマのほうは、大口であり、コップに近い形になっている。
➌ その口から、覗いている舌(唇弁)にも、違いがある。オニノヤガラのほうは、外側につき出していて、先端部分の毛が長く、良く目立つ。ヒメテンマのほうは、外側につき出していないことが多く、はっきりとは分からないが、先端部分の毛は少なく、短いように見える。

  決め手は花の数
 花の形態の違いは、あやふやで明確ではない。両者を区別する決め手はないか。ある。それは、花の数だと思う。
 オニノヤガラは、花数が多くて、20~50個も付ける。対する、シロテンマは5個から多くても20個以内である。高さはだいたい花の数に比例する。花の色は、オニノヤガラでも白に近いものがあれば、シロテンマの花でも緑がかったのもあるから、参考程度にするのが良い。
 花数が20個以内であればシロテンマ20個を超えればオニノヤガラで決まり。単純明快。   
2015年5月に出版された日本のラン①低山・低地編のシロテンマ のページで解説者遊川氏は、オニノヤガラとは別種とするのが適当であろうとする立場で、幾つかの特徴を挙げている。
①全体が小さい。 ②花数がすくない。 ③花色は白が強い。 ④花の形態に違いがある。 ⑤開花期が遅い。
 しかし、花の形態については、どこがどう違うのか書かれていない。

参考:
オニノヤガラ
シロテンマ



タグ:オノノヤガラ属 オニノヤガラ シロテンマ

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”