ユウシュンラン 一つも実らない

2017.06.07 10:20|野生ラン・5月

2009/8/8撮影

 
 今年も、そうとう数のユウシュンランの花を見てきたが、いまは花も終わって、どうなっているだろう。
 気になって、数日前、一か所の自生地へ行って見た。まったく見つからない。狭い登山道の脇に十数株が花を咲かせていたので、残っていれば見つかるはずだが。ヒトが採ったか? ウサギが喰たか? それはないと思う。
 せっかく花を咲かせたのに、結実しなかったのではないかと思う。ユウシュンランは花が咲いて、実を付ければ、タネを撒き終わるまでは残る。しかし、結実しない株は早々に地上から消えてしまうようだ。だから、ここで花を咲かせて十数株のユウシュンランは一株も、一つの実も付けることができなかったと推測する。

 十数年、ユウシュンランを見てきて、果実を付けた株を見たのは、2009年の一株だけである。
 ユウシュンランはいわゆる腐生ランではないが、その葉っぱは貧弱で、地上に現れるのは花を咲かせる株だけで、光合成する目的ではない。出てきた株は少なくても一つは花を咲かす。せっかく地上に出て花を咲かせても、結実してタネを撒くことができなければ意味がない。地下で蓄えた養分を無駄に使い果たしたことになる。私たちの目を楽しませてくれたことには、感謝するが。



   

タグ:キンラン属 ユウシュンラン

ガンゼキランが咲きほこっていた

2017.06.05 13:18|野生ラン・5月

2015/5/30 の記事を再度掲載しました。

 
 山奥の人家の側を通りすぎて、少し登ったところで、ガンゼキランが咲きほこっていた。
 見事な群落である。おそらく栽培していたものであろうが、今は人が世話をしている様には見えない。
 ガンゼキランは繁殖力が強いと見えて、このような群落を作っているのを、このほかにも2・3か所見たことがある。


 元から山に生えていたと思うガンゼキランは見たことがない。
 いや、一回だけ見たことがある。友人の案内で山奥の谷側の傍に一株だけ花を咲かせていた。
 再度ここを訪ねた時は、消えていた。人が盗掘したのか。雨で流されたのだろう、と友人と慰め合った。


タグ:ガンゼキラン

エンシュウムヨウラン、ぼつぼつ咲く

2017.05.24 09:55|野生ラン・5月

2016/5/24 の記事を改めて掲載しました。

 
 ムヨウラン属には、花をきれいに開かないものが多い。
 エンシュウムヨウランのその一つで、咲いても平開することはない。せいぜい「」の字の状態になれば好いほうである。また、一つの花茎の蕾が同時に開くこともない。幾つかある蕾の一つが咲いておれば満足しなければならない。

タグ:ムヨウラン属 エンシュウムヨウラン

ムカゴサイシンが咲き始めた

2017.05.21 09:44|野生ラン・5月

2015/5/21 の記事を改めて掲載しました。

 近くの山でムカゴサイシンが咲き始めた。
 比較的狭い範囲に、毎年決まったようにでるので、時期が来たら探すが、今日は3回目でやっと花が咲いているのにであった。
 1回目は、一株見つからなかった。2回目は4・5本あったが、まだ蕾だった。
 このランは、小さい上に、色が保護色みたいに、地面の落ち葉に溶け込んでいて、探すのに一苦労。皆、「最初の一株がなかなか見つからない。ひとつ見つけると、次々と見つかる」という。
 この写真を見て、開いていないじゃないか、と思う方がおられるかもしれないが、ムカゴサイシンとしては、これが咲いた姿だと私は思う。
 唇弁の赤紫の班点が見える。この班点は側花弁にもあるが、そこまで見ることができるのは、めったにない。
 最近、出版された 日本のランハンドブック ① 低地・低山編 に載っている写真では、花が良く開いている。側花弁の模様がバッチリ写されている。私はここまで開花したのは、まだ見たことがない。



 
 内容紹介: 日本にはおよそ300種類のラン科植物が自生すると言われる。 しかし1991年に最後のラン図鑑が刊行されて以来、数々の新種や新産地発見とともに、DNAによる研究も飛躍的に進歩し、分類も劇的に変化した。 本書ではラン科植物の研究では第一人者の解説とランの写真では他の追随を許さない植物写真家を総動員し、生育環境別に3分冊して刊行する。


タグ:ムカゴサイシン

エビネ

2017.05.21 07:20|野生ラン・5月
廃屋の近くで、今年も咲いた。廃屋の近くで、今年も咲いた。
林道脇に車を停めて、坂道を登ること30分、すぐ目の前にエビネが咲いていました。
毎年訪問するのですが、出来のよしあしはあっても、いつも花を咲かせて待っていてくれます。
後期高齢者へ残りわずかという年齢になると、この坂道はそうとう堪えるのですが、ここから上に人家がたくさんあって、子供は毎日この道を通って小学校にも通っていたのです。私の同級生も二人いました。
しかし10年ぐらい前に最後の一軒も廃屋となり、今は部落全体がなくなってしまいました。
このエビネは、すぐ近くの家人が山から採ってきて植えたものに違いありません。条件が気に入ったのか、世話をする人がいなくなった後も、毎年花を咲かせて楽しませてくれます。

タグ:エビネ属 エビネ

イチヨウラン、むかしの写真で満足

2017.05.19 09:12|野生ラン・5月
2008/5/12 撮影  ホルダーの中から、取りだした一枚。8年も前に撮ったもので、イチヨウランが4株かたまって咲いている。
 すっかり行動力が弱まって、今年は(去年もか)、この山へ行っていない。
 今年は、イチヨウランを一株も見ていない。 他人様の撮ったのを見せて頂いたり、むかし自分で撮った写真を眺めたり・・・。
 今年も行ってみようという気になれないのは、体力の衰えもあるが、どうせ行ったところで、これ以上に咲いてくれていることはあるまい、という諦めもある。



 

タグ:イチヨウラン

金木犀で、マメヅタランが咲く。

2017.05.16 07:04|野生ラン・5月

 
 庭木の金木犀でマメヅタランが咲いた。
 この木には、いろいろの着生ランを拾ってきてつけてあるが、 この間まで咲いていたカヤランは花が終わって、実になっている。
 近くで見られるのも有難いし、庭木で咲いたら山でも間もなく咲くだろう、と目安にもなる。









タグ:マメヅタラン属 マメズタラン

ヨウラクランが柿の木で満開

2017.05.12 13:05|野生ラン・5月

2016/5/12 の記事を改めて掲載しました。

 
 田圃の側の柿の木でヨウラクランが満開になっていた。
 家から200mとは離れていないから、時々観察していたが、今日あたりピークじゃないかな、と思う。
 毎年、たくさんの花を付けてきたが、あまりにも大株になってしまって、台風でも来れば、下半分は落ちてしまうのじゃなかろうか。
 ここには、柿の木が数本あって、その一つにフウランが沢山付いていた。開花を楽しみにしていたが、数年前に全部なくなってしまった。
 柿の木には、良くランが付いている。庭木の場合は、人が付けたのもあろうかと思うが、ここは田圃の側だから、タネが風に乗って運ばれて発芽して成長したものに違いない。



タグ:ヨウラクラン属 ヨウラクラン

ユウシュンラン 花盛り

2017.04.29 19:36|野生ラン・5月

2015/4/24 の記事を再度掲載しました。

 ユウシュンランが花盛りでした。
 毎年、2・3か所の自生地をまわりますが、ここは一番綺麗で楽しませてくれます。


 ユウシュンランはキンラン属で、ギンランに近い種ですが、貧弱な葉っぱが1~2枚あるだけです。いわゆる腐生ランに近いわけです。
 小さな株でも必ず一つの花を付けています。これは、花を咲かせるだけの養分を、地下で菌の助けで蓄えてからでないと、地上に姿を現さないということです。
 キンランなどは毎年地上で葉っぱを拡げて光合成で養分を蓄えながら、数年たってから花を咲かすようです。ですから、ユウシュンランはキンランよりも菌に依存する割合が大きい。
 菌依存度の高さでいえば、ユウシュンラン、ギンラン、キンランの順になるのではないでしょうか。どうでしょう?


 ユウシュンランは、もともと新種 Cephalanthera subaphylla Miyabe et Kudô  として発表されたものですが、変種とする説を採用する(YListなど)ことが多いようです。
 しかし、日本のランハンドブック ① 低地・低山編」(文一総合出版) が最近出版されましたが、ここでは、次のように書かれています。

  葉とともに花の形態が異なっているため、独立種とするのが適当である



 
カウンター

タグ:4月 ユウシュンラン

ユウシュンランはギンランの変種でいいの?

2017.04.22 07:45|野生ラン・5月

2012/6/16の記事を改めて掲載します。

 ユウシュンランをギンランの変種とする説が、今は大勢であるようです。 ギンラン(左)とユウシュンラン(右) ギンラン(左)とユウシュンラン(右) 学名を当てると、
ギンランは Cephalanthera erecta var. erecta
ユウシュンランは Cephalanthera erecta var. subaphylla となります。
 また、ギンランの品種 Cephalanthera erecta f. subaphylla に過ぎないとする説まであります。 (World Checklist参照)

   しかし、もとは独立した1種として、1932年に、宮部金吾・工藤祐舜両氏によって、和名ユウシュンラン、学名  Cephalanthera subaphylla Miyabe et Kudo で発表されています。
 それが、どうして変種とか、品種とかにされたか、どうも合点がいきません。 しかも、身近にギンランとユウシュンランとを見比べることのできる、日本人によってです。

 自分で撮りだめした写真と手許の図鑑(*)をもとに両方を比較してみました。
地上部の高さ  ギンランが大きいものは30cm近くなるのに対して、ユウシュウランはせいぜい10数cmです。
 ユウシュンランの方は、1~2枚で、小さく、膜質で、いかにも貧弱です。
 ギンランは、3~5枚の葉をつけますが、大きくて、革質で、縦じわがあり、濃い緑をしています。
 光合成する能力は、格段にギンランが優れているといえます。
花の数  花の数は、ユウシュンランは普通2~3個です。少ない場合は1個、多くても5個どまりです。
 ギンランは、平均的には5個前後の花をつけますが、多いときは10数個の株もあります。 小さい株では、1個の花しかつけないこともあり、逆に、相当大きな株でも、花をつけないこともあります。
花の咲き方 ギンランの花は、花柄子房を180度捻って横向きになり、唇弁は下位になります。 しかし、ほとんど開かず、僅かに唇弁が覗く程度です。
 ユウシュンランの方は、お互いの唇弁をつき合わすようにして、上向きに咲きます。そして、ギンランと比べると、良く開くのも特徴のひとつです。
菌への依存度 ランは、全般に菌への依存度の高い植物ですが、キンラン属は特にその傾向があります。
 さらに、ユウシュンランはギンランよりもずっと依存度が高く、腐生ランに近い性質をもっているようです。先に②で書いた葉の違いも、そのひとつです。
 もうひとつ、ユウシュンランは小さな株でも最低1つは花を咲かせることです。つまり、地上に現れるのは、光合成するためではない。花を咲かせ、実をつけるためです。 それまでは、地下で菌に頼って養分を蓄えているわけです。

 ユウシュンランはギンランの変種あるいは品種ではなく、1932年に新種発表されたときの、別の種とする説に復帰すべきだと思うのですが、素人考えに過ぎないでしょうか。

 

追記:(2015/4/24)
カラー版 野生ラン(家の光協会出版) および 日本のランハンドブック ①低地・低山編では、変種ではなく独立種としています。


カウンター

タグ:4月 ユウシュンラン

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”