シュンラン 1茎2花

2018.04.02 13:48|野生ラン・3月

2016/3/28 の記事を改めて掲載しました。

 シュンランの1茎2花というのを見た。シュンランは、一本の花茎に一つの花を付けるのが普通だから、二つ花を咲かせたら変わり者である。
 これで3度目かな。今年、シュンランの花を見たのは、そんなに多くないのに、1茎2花に出会うことになったから、極端に珍しいものではないようだ。




タグ:シュンラン

ハルカンラン咲く 自然界ではまぼろし

2018.03.19 10:11|野生ラン・3月

2014/4/20 の記事を改めて掲載しました。

 牧野植物園で、ハルカンランが咲いています。だが、自然界でこの花に出会うことはないでしょう。
 ハルカンランは、カンランとシュンランとの自然交雑種と推定されており、学名は Cymbidium × nishiuchianum です。

種小名(nishiuchianum)は、寒蘭の栽培技術の研究、普及に努めると共に、土佐愛蘭会を創立した西内秀太郎氏のことです。
 カンランは花も姿もいろいろと変化がありますから、ハルカンランと命名されるまでは、カンランの品種として栽培されていたのではないか、と想像します。

 カンランの花期は秋から初冬にかけて、シュンランは春ですからずれがあります。しかし、大昔の高知県ではカンランの開花株も沢山あったそうです。シュンランは高知県人は手を出す者はいなかったので、いくらでも咲いていたはずです。
 ですから、遅咲きのカンランと早咲きのシュンランとが出会う機会もあって、ハルカンランが誕生したと考えられます。

 これは昔の話。今はカンランの開花株は捜しまわても見ることはできません。自然界に両者が同時に花を咲かせて、交雑種が誕生することは夢のまた夢でしょう。




タグ:ハルカンラン

シュンラン、ヒメフタバラン  春一番はどちら?

2018.03.15 09:19|野生ラン・3月

22016/2/24 の記事を改めて掲載しました。

シュンラン   左=昨年9月18日撮影、右=今日2月24日撮影 シュンラン  左=昨年9月18日撮影、右=今日2月24日撮影

ヒメフタバラン 今日2月24日撮影 ヒメフタバラン 今日2月24日撮影

 
 野生ランの中で、春一番早く咲くのは、どちらか?
 常識的にはシュンランだが、ヒメフタバランも意外と早い。
 友人が、facebookで「佐賀県ではヒメフタバランが開花している」と載せていたので、南国土佐の高知でも、咲いているかも、と早速行って見た。
 たったの一株だけ見つかった。蕾も付いてはいたが、開花は先のことになる。昨年までに撮り貯めた写真を見たら、4月中旬から下旬にかけて咲いている。まだまだ先のことになる。

 シュンランのほうは、どうか、と思って、続いていって見ると、こちらもまだ蕾の状態である。
 ここのシュンランンは、昨年の9月にも撮っている。その時は、花茎が5本出ていたが、今日見ると、2本になっている。それに、5ヶ月も経つのに、伸び具合がほとんど変わらないのは、どうしてか? シュンランのほうも、開花はまだまだ先のことになりそう。
追記(2017/3/7)
facebook に、「モミランは3月半ばに咲きますよ」とのコメントがあった。残念ながら、モミランは四国では絶滅状態だから、私の頭にはなかった。




タグ:シュンラン ヒメフタバラン

カシノキランの種まき

2018.03.14 07:52|野生ラン・8月
左=2014/8/7撮影、  右=2016/3/1撮影 左=2014/8/7撮影、  右=2016/3/1撮影  
 この寒いなか、カシノキランが種まきをしている。
 生垣のサンゴジュに、ずっと前に拾ってきてつけたものだが、良く花を咲かせ、実を結ぶ。
 いま、種まきをしているのは、一昨年の夏に咲いたものであって、昨年のものではない。
 つまり、カシノキランは花を咲かせてから、2年近くにもなって、果実が割れて、タネを飛ばしている。
 ヤツシロランなどは、この期間が短い。タシロランは、花茎の先端はまだ蕾なのに、下の方では、果実が割れてタネを飛ばしている。
 一般に、着生ランはゆっくりしている。樹の上なら安全だから、ゆっくり養生して、果実を充実させてから、種まきに取り掛かろう、という算段らしい。




追記:(2016/3/3)
 すぐ側に、カシノキランの子生えが10株ほどあった。
 まだ小さくて、指先で隠れてしまうほど。何年前に咲いた花のタネが発芽したものやら、判らないが、 数年先には大きくなって、花を咲かせてくれそうだ。





カヤラン、ゴマ粒ほどの蕾

2018.03.13 07:47|野生ラン・4月

2017/3/13 の記事を改めて掲載しました。

今は、ゴマ粒ほどの蕾だが・・・

4月になれば、満開

 
 庭のキンモクセイで、カヤランが蕾を付けている。
 4月半ばになると、濃い黄色の花を咲かす(写真左)のだが、今は、ゴマ粒ほども、あるかないか、よくよく見ないを判らない。
 この蕾は、昨年の秋には、もう、できている。その時から冬を越して今まで、ほとんど大きさが変わらない。
 もしかしたら、寒さにやられてダメになったのじゃないかと心配するかもしれないが、毎年こうだから、4月半ばには必ず綺麗に咲くはずだ。

 昨年の果実が長く垂れ下がっている。タネはほとんど飛ばして、少ししか残っていない。 普通のランは、6か所が割れるのだが、カヤランの果実は、長くて、一か所が縦に裂ける。









タグ:カヤラン

着生ランの果実は、一か所が大きく割れる

2018.03.12 08:11|野生ランいろいろ

2016/3/12 の記事を改めて掲載しました。

左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン 左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン

クロムヨウラン クロムヨウラン

 
 着生ランの果実は、一か所が割れて、そこから、タネを散布するものが多いように思う。
 わずか、カヤラン、カシノキラン、クモランの3種を観察しただけのことだから、偉そうなことは言えないが。
 クロムヨウラン(写真左)の果実を見ると、6カ所が裂けている。これがラン科の普通の姿だのようだ。
 もう一つ、花が咲いてから、種まきまでの期間が、地生ランの比べて長い傾向がある。
 カヤランは春に咲いて、翌年の春に種まきをする。開花と種まきが同時ということもある。
 カシノキランは、翌々年の春にタネを撒く。2年間も蓄えていることになる。
 クモランは、7月に咲いて、翌年の春に種まきをしている。








タグ:3月

 ホソバシュンラン

2018.03.09 07:53|野生ラン・3月

2009/3/19 の記事を改めて掲載しました。

 
 ホソバシュンランは、四国東部の一部に自生するシュンランの品種です。
 意外と簡単に最初の1株に出会いましたが、これは急斜面に生えていて、花の後姿しか見ることができませんでした。 写真の株は道路ぶちに立ってカメラを構えることができる理想的な場所。しかも、2輪咲いていました。
 ホソバシュンランは確かに普通のシュンランに比べて葉は細い(幅が狭い)のですが、「2・3mm」と書いた本もあれば、「4mm以下」としたものから「5mm以下」とするものまで、いろいろです。
 3mm幅の葉は見当たりませんでした。狭いものでも4mmほどで、5・6mmのものもあるようでした。
 近くには普通のシュンランも生えており、開花時期は同じですから自然交配で中間的な種類が増えている可能性もあるかもしれません。









タグ:3月 シュンラン

クロムヨウラン 種まきのあとも美しい

2017.12.07 07:31|野生ラン・12月

2010/11/29の記事を再度掲載しました。

 どんな植物でもふつう花が凋むと、人も蜂や蝶までも見向きもしなくなりますが、実を結びタネを播いた後までも美しいのは、このクロムヨウランです。
 クロムヨウランの果実の殻は来年の花が咲くときまで残ることも珍しくなく、花と果実の殻と一緒にカメラに収めることもできます。
 もっともクロムヨウランの花が咲くのを見るのは難しく、「クロムヨウランは花が開かずに結実する。花を咲かすのは変種のトサノクロムヨウランだ。」という説もあります。
 ここらで良く見られるのは、クロムヨウランのほかにムヨウラン、ウスギムヨウラン、エンシュウムヨウランがありますが、クロムヨウランの果実の殻がとくに美しいように思います。
 「クロ」は鋼鉄のように黒光りすることから名づけられたものに違いありません。









タグ:ムヨウラン属 クロムヨウラン

ツチアケビ 花が咲いて、実がなっても・・・

2017.12.06 07:40|野生ラン・12月

2016/12/8 の記事を改めて掲載しました。

左から、5/11、6/13、7/20、12/5 撮影 左から、5/11、6/13、7/20、12/5 撮影

2007/10/29撮影
鳥が啄んだような跡が見られる。
2007/10/29撮影
鳥が啄んだような跡が見られる。

 
 ツチアケビは、花が咲いて、実がなっても、タネが撒かれなければ、なんにもならない。
 人様は、綺麗に咲いた花をカメラに収めれば、一巻の終わりで良いが、ツチアケビのほうにしてみれば、子孫繁栄に繋がらなくては、春に地上に現れた意味がない。
 近くの神社へは、今年も、10回前後訪問した。上の写真は、その時、撮った写真のうちの4枚。右端が、最新のものだが、果実がすべて、真っ黒になっている。小鳥が啄んだような形跡は全くない。赤いうちは良いが、こんなに黒くなっては、小鳥の食欲をそそることもあるまい。
 左下の写真は、2007年に、別の場所で撮ったものだが、数個の果実に、小鳥が啄んだような形跡がある。喰った小鳥はどこかへ飛んで行って、そこで糞をする。糞の中のツチアケビのタネがそこで発芽する(もしかして、運が良ければだが)。 これは成功例である。
 多くの場合は、真っ黒に変色して、腐ってしまう、残念ながら。




タグ:ツチアケビ

ツチアケビ豊作、小鳥さん食べに来て

2017.12.04 07:40|野生ラン・12月

2016/12/4 の記事を改めて掲載しました。

 
 ちょっと奥山へ行ってみたら、なんとツチアケビが豊作で、果実が小山のように盛り上がっていた。
 幾株あるように見えるが、おそらく地下茎で繋がっているはずだ、つまり一株。
 ツチアケビの果実は、ほかのランのように、裂けて、タネを風にのせて飛ばすようなことをしない。鳥が啄んで、遠くへ行って、糞と一緒に排出する。そこで運が良ければ、発芽して成長する。
 この株では、何者かが齧ったような痕跡が、三つほどの果実に見られた。しかし、小鳥が啄んだというより、小動物が齧ったように思えた。
 果実をむしり取られたような茎も、いくつもある。これは鹿が喰ったものだろうか、あるいは、人の仕業か。 もし、鹿が喰ったとしたら、タネは消化されてしまうのだろうか。




タグ:ツチアケビ

03 ← 2018/04 → 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”