コクラン、色の変化

2017.08.19 08:02|クモキリソウ属
タイプ1

タイプ1 タイプ2 タイプ3

 
 コクランは、四国では、10種あるクモキリソウ属の一つだ。 そして、この中で一番ポピュラーで、ちょっと山に入ると良く目につく。
 その理由は、繁殖力が強く、場所を選ばないことだ。 里山の山道で、日当たりの良い、乾燥した場所で見ることもあれば、 薄暗く、ジメジメした、スギの植林の中に群生していることもある。
 さらに、もう一つ考えられるのは、割合に人に採られないことを挙げても良いだろう。

 コクランの色の変化といえば、3つのタイプに分かれる。
タイプ1=花被片、花柄子房、花茎のすべてが紅紫色である。
タイプ2=花被片は、紅紫色であるが、花茎と花柄子房は緑色である。
タイプ3=花被片、花柄子房、花茎のすべてが緑色である。
 タイプ1は、コクランとして典型的なものであり、魅力的である。 また、このタイプが一番個体数が多いように思う。 次に多いのは、タイプ2であるが、 緑色が強いせいか、花被片の色も、タイプ1のような鮮明な紅紫色ではなく、暗い色になる。 タイプ3は、稀にしか出会うことができない。全体として、緑一色といって良いが、部分的に赤紫がにじみ出る。
 身近で楽しめるランとして残ってほしい。撮ることで、その魅力は何時でも楽しめる。採るのは禁物。




 

タグ:コクラン 7月

マイサギソウ、幻か!?

2017.07.08 08:13|クモキリソウ属

 
 このマイサギソウは、花数が多い。
 30個を優に超える。普通の2・3倍はあるだろう。 一昨年(2015年)の6月に、友人に教えてもらって、撮ったものだ。
 ところが、今年は見ることができなかった。昨年も確認できなかった。友人もその後、見ていないと言う。
 このジャンボマイサギソウは一年で幻のように消えた。
 だから、生育場所の関係などで、たまたま異常に大きくなったのか、あるいは、遺伝的に特異な個体なのか、もう判らない。




タグ:6月 マイサギソウ

セイタカスズムシ 四国のは 変わっちゅうぜよ

2017.06.29 07:45|クモキリソウ属

2015/7/8 の記事を改めて掲載しました。

 
 四国にも、セイタカスズムシは、あるにはある。が、図鑑にあるようなのとは、違う。
 図鑑には、「スズムシソウに似ているが、花は小さく、花茎はむしろ高い」と書かれている。四国にあるのは、写真でご覧になるようなもので、スズムシソウに似ているとは言い難い。
 唇弁の色は、緑に紫がはいった、くすんだ色をしている。形は円形ではなく、むしろ方形に見える。唇弁の両側が下に折れ曲がっているので、そのように見えるとも言える。
 つまり、セイタカ(背高)ではあるが、スズムシではない。これだけ違えば、誰か別種として命名してくれそうなものだ。
 最近、クモキリソウ属では、新種シテンクモキリが発表されている。しかし、この新種とクモキリソウとの相違点より、四国のセイタカスズムシは大きな違いがあるように思うが・・・



 

タグ:6月 セイタカスズムシ

セイタカスズムシ 2つの型あり

2017.06.28 08:57|クモキリソウ属

2010/6/12付の記事を再度掲載しました。

上は唇弁が丸いタイプ。色は緑一色。背はあまり高くない。 上は唇弁が丸いタイプ。色は緑一色。背はあまり高くない。
下は唇弁が狭く方形にみえるタイプ。わずかに紫色がつき、背が高い。

 スズムシソウを写真でしか見たことがなかった時分、なんとか実物を見てみたいとあこがれていたとき、これに出会って「スズムシソウじゃ!」と思いました。友人から「セイタカスズムシソウよ」と言われて夢はしぼんだのですが。

 唇弁に赤紫の色を塗るとスズムシソウにそっくりじゃないか。どう見ても、唇弁の狭いタイプのセイタカスズムシよりはスズムシソウに近い、といまでも思います。  「セイタカスズムシ」という名をつけた人はどちらのタイプが頭にあったのでしょうか。「セイタカ」の方は唇弁角型ですし、「スズムシソウ」は唇弁丸型の方です。

 近い将来二つのタイプのどちらかに、セイタカスズムシとは違った名前を付けてくれるでしょう。期待しています。
 ムヨウラン類にしてもヤマサギソウ類にしてもわずかな違いでいろいろの名前が付けられています。マイサギソウとハシナガヤマサギソウなど私には区別がつきません。
 セイタカスズムシもこれだけの違いがあれば別名を差し上げないことには、不公平じゃありませんか。

タグ:6月 セイタカスズムシ

コクラン 30個もの花をつける

2017.06.16 17:42|クモキリソウ属

2015/6/16 の記事を改めて掲載しました。

 
 今日見たコクランは、花の数が多かった。 30個ほどもの花をつけていた。
 手元にある二つの図鑑を調べてみると、 カラー版 野生ラン(家の光協会) には、花茎に5~10個の花が咲くと書かれている。
 最近出版された 日本のランハンドブック (1) 低地・低山編(文一総合出版)のほうは、5~15個となっており、5個増えている。
 しかし、ここに載せた写真のコクランは、2倍の個数の花をつけているから驚きである。

 コクランに近いユウコクランは、沢山の花を咲かせるということだが、九州から南に分布しているもので、四国にはないと思われる。
 写真の実物も、花の数が多いこと以外には、ユウコクランの特徴が見られない。







 

タグ:6月 コクラン

セイタカスズムシに、 図鑑とは違う2つのタイプ

2016.06.24 08:21|クモキリソウ属
手許の図鑑 カラー版 野生ラン(家の光協会出版) のセイタカスズムシのページに、「スズムシソウによく似ているが、花は小さく、花茎はむしろ高い」と書かれている。 この図鑑の両者の写真を見比べると、「セイタカスズムシ」の和名をつけたことが納得できる。
 ところが、四国で見るセイタカスズムシは、図鑑に載っているのとは大分違う。

方弁タイプ

 
 これが、ふつう四国でセイタカスズムシと呼んでいるものである。
 唇弁の両側が折れ曲がって、上から見ると四角形の弁当箱のよに見える。スズムシソウの丸い唇弁とは全く似ていない。色は、暗い紫の入った、くすんだ色で、色彩の点でも違う。(これを仮に方弁タイプと名付けた。)


 スズムシソウのように唇弁の丸いのは、四国にはないかというと、ないことはない。が、前のに比べると、自生地が少なく、稀であるようだ(仮に円弁タイプと名付けた)。

円弁タイプ

 
 

 先に書いた方弁タイプと比較すると、花の形だけでなく、花数が少ない、花茎が短いなど大差がある。
 唇弁の形は、図鑑に載っているセイタカスズムシやスズムシソウに似ていて丸い。 しかし、花茎はずっと低く、花数も少ないことなど、「セイタカ」とは言い難い。



 つまり、四国のセイタカスズムシは、① 背は高いが、スズムシソウのように唇弁が丸くないもの、と ② 唇弁は丸くスズムシソウに似ているが、背は低いもの との二つのタイプがある。図鑑のセイタカスズムシのように、スズムシソウより背が高くて、唇弁はスズムシソウように丸いものは、私は見ていない(今の所)。
   昨年5月発行の 日本のラン ハンドブック ➊ 低地・低山編 には、セイタカスズムシは載っていないので、「❷ 深山・高山編」に載るだろう。なにか新し見解が出されるのではなかろうか、楽しみにしている。



 




コクラン よく見られる

2013.07.19 10:30|クモキリソウ属

ここに紹介する コクラン は、 四国では、クモキリソウ属の中で一番おなじみの深いものです。 近く里山の道端で見かけることもあれば、奥山でも出会えます。  乾燥したところにも、また、日陰の薄暗いような、湿っぽい場所にも生えています。
 山野草愛好家にはあまり人気がないようですが、そのことが幸いして繁栄しているかも。  この写真の花は、赤紫色が強く出ています。花茎も同様です。反対に、花茎は緑で、花も緑が勝った個体もあります。
 次いで、良く見られるのは、 クモキリソウセイタカスズムシでしょう。 この二つも、人が乱獲することはない種類です。
 ジガバチソウは、花の形・模様が面白く、これまでの3種よりも人気があるようです。
 フガクスズムシは、 一昔前は深山のブナやモミの倒木についているのを撮影したものですが、このころは見かけません。
 野生の姿を見るのが、絶望的になっているのが、 ササバランギボウシランスズムシソウです。
四国クロスズムシは、高額で売買されていると聞きますが、展示会に行けばタダで見られます。私は誘われても、行く気がしませんが。  

続きを読む >>

コクラン 冬も葉が残る

2013.01.07 08:45|クモキリソウ属
この寒い時期には、地上から姿を消す植物が多いです。野生ランもシュンランなどは少数派で、大半は冬篭りしています。が、コクランは今でも緑の葉っぱを付けています。
 四国のクモキリソウ属は、コクランのほかに、クモキリソウ、スズムシソウ、セイタカスズムシ、フガクスズムシ、ジガバチソウ、ギボウシラン、ササバラン全部で8種も自生しています。
 しかし、コクラン以外は、冬は葉は枯れてなくなり、球形のバルブ(茎)だけが、地中に、あるいは、苔や落ち葉の中に埋もれて、冬の寒さを凌いでいます。春、暖かくなってから、新しい葉っぱが出てきます。
 コクランのバルブは、円柱形で地上に立っています。少なくても昨年のバルブには葉っぱは残っています。一昨年より古いバルブは、葉っぱは落としていますが、バルブ自体は数年残ります。
 クモキリソウ属の中で、一番良くお目にかかるのは、コクランですが、この耐寒力が繁殖の原因の一つかも知れません。

マイサギソウ 舞う

2010.07.26 06:58|クモキリソウ属
 先日オオヤマサギソウを賞賛しましたが、花の精が舞い降りて、乱舞しているよう今日はマイサギソウの登場です。舞鷺草の言葉がぴったりです。ハシナガヤマサギソウなど見分けが難しい種類があるようですが、私は距をまっすぐ上に伸ばした姿を見たら「これは舞鷺草に違いない」と信じています。他のツレサギソウ属の仲間は、距は横に伸びていて、真上につんと立てることはありません。
 オオヤマサギソウがひとつひとつの花が端整で、花の並びも整然としているのに対して、マイサギソウは小さな花の精の一団が天から舞い降りて、目の前で乱舞しているようです。
 他のツレサギソウ属は日陰や湿地を好むものが多いのですが、このマイサギソウは日当たりの良い草原、笹原に埋もれるように生えているようです。

クモキリソウ

2010.05.27 07:41|クモキリソウ属

 数年前に撮った写真が「珍しいもの」ということで、友人と探索に出かけました。途中の道が崩れてテクテク歩いて、ここらあたりだったという場所を念入りに探したがナシ。
 その代わりに見つかったのが、このクモキリソウです。ジガバチソウなどと比べると、人気は高くないようですが、それは緑一色のせいか、それとも、この属のなかでは一番出会う機会が多いためか。
 「珍しいもの」は、今年は出ないのかとか、これから出てくるのではないか、とかブツブツ言いながら、後日に希望を残しました。

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき