神社はランの宝庫

2017.04.13 07:38|野生ランいろいろ

 
 近くにある神社の森は、ランの宝庫だ。小さな鎮守の森で、50m四方もあろうか。
 とくに菌寄生ランがある。ハルザキヤツシロラン、ムヨウラン、ツチアケビがあるが、まだ現れていなかった。 ツチアケビは、昨年の果実が真っ黒になって立っていた。 鳥が食べて、タネを運んでくれたら良いのだが、うまくいかなかったようだ。 ここのツチアケビは、毎年花を咲かせてきた。4、5年も健在だから、今年も必ず出ると期待している。
 シュンランもあるが、まだ咲いていなかった。
 セッコクとフウランが落ちていた。樹についているのもあるはずだが、見上げても見つからない。
老人の目ではとても無理だし、見つかっても写真に撮るのは難しい。近頃は、上を見るのは止めた。 首は痛くなるし、ふらついて転びでもしたら笑い者になる。余計なことはしないことだ。









タグ:4月

クモランも来たか!

2017.04.07 11:15|野生ランいろいろ

 
 最近、気が付いたのだが、庭のビャクシンに、 クモラン がついていた。まだ小さな株だが、4株ほどある。
 いま、果実が付いているので、数年前からあったはずだが、枝が込み合っていて見えなかった。
それにしても、どうしてビャクシンに着いたのか。この木には、拾ってきたカヤランやマツランをくっつけたことはある。 毎年花を咲かせて、果実をつけ、タネを飛ばしている。そのタネが発芽して成長したと思われる株も、 ビャクシンの枝先で成長している。
 しかし、クモランはビャクシンにつけた記憶はない。 が、クモランも落ちているのを拾ってきたことはある。5mほと離れたキンモクセイにつけて、3・4年生きていたが消えてしまった。 クモランはほかの着生ランに比べて格段に難しい。庭木に付けるのは無理だと諦めていた。

 今現在、庭木についている着生ランは何種あるのだろうか?この際、正確に数えてみた。 カヤランマツランセッコクキバナノセッコクカシノキランマメヅタランムカデランムギランミヤマムギランヨウラクラン
 クモランの他に10種もあった。もとは拾ってきてくっつけたものだが、今は、毎年元気に花を咲かせ、 タネを付け、発芽して、どんどん増えている。
四国に分布する着生ランのうち、我が家の庭木についていないものといえば、 フガクスズムシボウランオサランオオバヨウラクランモミラン ぐらいのものか。









タグ:4月 クモラン

着生ランの果実は、一か所が大きく割れる

2017.03.30 09:47|野生ランいろいろ

2016/3/12 の記事を改めて掲載しました。

左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン 左から、カヤラン、カシノキラン、クモラン

クロムヨウラン クロムヨウラン

 
 着生ランの果実は、一か所が割れて、そこから、タネを散布するものが多いように思う。
 わずか、カヤラン、カシノキラン、クモランの3種を観察しただけのことだから、偉そうなことは言えないが。
 クロムヨウラン(写真左)の果実を見ると、6カ所が裂けている。これがラン科の普通の姿だのようだ。
 もう一つ、花が咲いてから、種まきまでの期間が、地生ランの比べて長い傾向がある。
 カヤランは春に咲いて、翌年の春に種まきをする。開花と種まきが同時ということもある。
 カシノキランは、翌々年の春にタネを撒く。2年間も蓄えていることになる。
 クモランは、7月に咲いて、翌年の春に種まきをしている。








タグ:3月

クモラン 庭木で実をつけていた

2013.08.10 06:47|野生ランいろいろ
 我が家の庭木で、クモランが実をつけていました。
 これはずっと前に(もう10年も経っているかもしれない)、 小さな若いクモランをこの木にくっつけた。それがどうにか生き延びて、株は増えはしないが、ご覧のように花を咲かせ、実をつけています。
 この木には、 ムカデラン も着いていて、とちらのほうはドンドン伸びて増えています。
 着生ランは山で落ちているのを拾ってきて、庭木にくっ付けておくと元気に育ち、増え、花を咲かせてくれる。 うちの庭木では フウランカヤランベニカヤランなど が毎年花を咲かせてくれます。
 山を歩いていると、これらのランは道に落ちていることが多いです。が、上を向いて見上げてもまず見つかることはありませんし、万一見つけても採ることは厳禁。

 話をクモランに戻しますが、これだけは拾ってきて庭木にくっ付けてもなかなか成功しない。もっとも、こんなことやってみる人が珍しいかもしれない。
 難しい原因は、クモランには葉っぱがないことじゃないかと推測しています。  

杉林も「住めば都」とうランたち

2013.07.13 13:44|野生ランいろいろ
 杉林に住むランを紹介します。 タシロランヒメノヤガラムカゴサイシンコオロギランの 4種です。

タシロランタシロラン ヒメノヤガラヒメノヤガラ ムカゴサイシンの葉っぱがみえる。この時期は花はない。5角形をしたムカゴサイシンの葉っぱがみえる。この時期は花はない。 コオロギランコオロギラン


 これらのランは、いずれも大変珍しく、四国での自生地も多くはありませんでした。コオロギランは10数年前までは、本場(?)高知県でも1か所のみ、といれていたものです。
 それが、最近になって新しい自生地が発見されています。場所は杉林が多いと思うのですが、これらランが杉林がお好みなのか、本来の住処が杉の植林にされて、仕方なく住んでいるのかは断言できませんが、案外居心地が良いように感じられます。

梅の木に、クモラン

2013.01.30 08:26|野生ランいろいろ
梅の木についたクモラン 梅の木についたクモラン  梅の木には、クモランが良くついています。梅の木は迷惑がっているかも知れませんが、クモランの方はこの木が大変お気に入りと見えます。もし、クモランを見たいと思ったら、この木を見つけて、幹や枝を丹念に探して見ることです。
 寒い冬の今ごろは、クモランは果実を付けています。米粒より少し大きいかな、と思うぐらいで、形も似ています。この果実が裂けて、タネを飛ばすのは、花が咲くころ、6月から7月にかけてです。まる1年間、少しずつタネを充実させているのでしょう。
 クモランには、茎も葉もありません。あるのは、木の幹にへばりついている根だけで、これが光合成する葉の仕事や栄養分の貯蔵庫の役割を担っています。ただ木にへばり付いてるのじゃない!

追記:
 外国にも、このような葉のないラン Chiloshista があります。
09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”