ヨウラクラン、Bulbophyllum careyanum、Dendrochilum wenzelii

2017.06.30 05:03|ラン of 世界

2013/6/28の記事を再度掲載しました。

ヨウラクラン ヨウラクラン Bulbophyllum careyanum Bulbophyllum careyanum Dendrochilum wenzelii Dendrochilum wenzelii

 小さなたくさんの花をびっしりと付けるためには、乱雑なのはダメで、きちんと整理整頓することが肝心です。 もちろんラン科の花に限ったことではないでしょうし、人が物を収納する際にも共通することでしょう。 個々の花はそれほどではなくても、このように整列していると美しいものです。

最初は、日本のヨウラクランです。 先日はフィリピン産のヨウラクランの仲間 を紹介しましたが、日本代表もなかなかのものです。

 次は、洋ランの Bulbophyllum careyanumです。ネパールからインドシナ半島にかけて分布するものらしいですが、日本では マメヅタラン属が同じ仲間です。
しかし、日本にはこんなに沢山の花をつける種はありません。
 世界には、熱帯アジアを中心に2000種ものBulbophyllumが分布しています。

最後は、 Dendrochilum wenzeliiです。日本にはこの属のランはありませんが、世界には熱帯アジアを中心に300種ほどの Dendrochilum属が分布していて、どれも小さな花をきれいに整列させいて見事です。

タグ:6月 ヨウラクラン

世界のラン、いろいろ Bulbophyllum picturatum

2017.03.11 19:24|ラン of 世界

2012/3/1 の記事を改めて掲載しました。

Bulbophyllum picturatum Bulbophyllum picturatum  ミヤマムギラン Bulbophyllum japonicum と同じ属です。形も似たところがありますが、大きさは数倍大きく、バルブはピンポン玉ぐらいあります。これは愛好家の温室で冬の最中に咲いていますが、原産地は熱帯アジアです。
 Bulbophyllum マメズタラン属 は、世界的には2000種を超える大所帯ですが、その姿形は千変万化。日本にあるのは マメヅタランムギランミヤマムギランなど8種程度です。

2007年のラン展示会で、世界最大のランをみた!

2017.03.04 06:39|ラン of 世界

2014/2/21 の記事を改めて掲載しました。

 世界最大のランといわれるGrammatophyllum speciosum グラマトフィラム・スペシオサム の開花を見たことがあります。
 2007年の、牧野植物園のラン展示会でのことです。 早朝の、まだ人もまばらな時間に、このランの前に三脚を立てルフタイマーをセットして、自分が花を見つめている姿を撮ったものです。
  これで、このランの大きさもお判りでしょう。  「茎の長さは7メートルに達し、1株の重量が2トン近くにも達することもある」と説明されています。
 私の目の前の株は、数段小柄とはいえ、自生地での巨大な姿を想像することができます。
 また、このランの開花は、なかなか見られないそうです。「自生地でも数年に一度しか開花せず、日本での開花も、まだ数例しか報告されれいません」とのことです。
 その後今年まで、牧野植物園では、7回のラン展示会が開催されていますが、グラマトフィラム・スペシオサムは一度も展示されていません。
 開花してないか、あるいは、枯らしてしまったか。
 この写真は、私にとって記念すべき大事な宝となっています。
同属の別種Grammatophyllum pantherinumである可能性があります。




タグ:3月

世界のラン、いろいろ Robiquetia 2種

2017.03.03 06:00|ラン of 世界

2016/2/20 の記事を改めて掲載しました。

Robiquetia compressa

Robiquetia cerina

 
 Robiquetia compressa(写真上)は、フィリピン原産で、種小名のcompressaは、花が固まって付いている様子をいったものだろう。
 しかし、この点では、Robiquetia cerina(写真左)のほうが更に上だ。これは、数年前に友人が栽培していたものだが、花同士がくっつきあっていて、パイナップルを思わせる。
 同属で、こちらもフィリピン原産である。




世界のラン、 人目を惹くように作られた花々

2017.03.02 07:43|ラン of 世界

 ラン展といえば、大きく、派手な花々が目を引く。その多くは、人工的な交配によって作られた、園芸品種だ。
原産地は、中米、南米、熱帯アジアなど様々で、国籍によって差別はしない。配色は考慮されるだろうが。
 これらを寄せ集めて飾り立てるから、中に入ると、その強い香りも相まって、ちょっと狂おしくなることもある。

 お目当ての原種のランを探して、人込みの中を歩くのも辛いから、できるだけ入場者の少ない時を狙って行くことにしている。
 ランに限らず、植物の花は葉が変化したものだそうだが、目的は、花粉の運び屋を呼び込むことにある。決して、人目を引くことではなかったはずだ。人が「美しい」を愛でるのは、花粉運び屋と同じ感性を、ヒトが持っていたからだろう。




 

タグ:3月

世界のラン、いろいろ  Paraphalaenopsis serpentilingua

2017.03.01 19:36|ラン of 世界

2016/2/17 の記事を改めて掲載しました。

Paraphalaenopsis serpentilingua

Phalaenopsis の4種

 
 この美しいランは、ボルネオ原産。
 この属には、ほかにも数種あるが、いずれ劣らぬ美人ぞろいである。
 属名 Paraphalaenopsisは、Para+phalaenopsis であり、もとは、Phalaenopsis属として発表され、後に分離されたものである。
 右に、Phalaenopsis属の4種を載せたが、これまた、美しい。




世界のラン、いろいろ Miltonia kayasimae

2017.02.28 07:24|ラン of 世界

2016/2/16 の記事を改めて掲載しました。

 ミルトニア属は、洋ランの中でも、とくに華やかな花を咲かせる。たくさんの園芸品種も作りだされているが、これは原種である。
 ラン展でも、私は原種に惹かれて、園芸品種は二の次にしている。今年のラン展は、昨年ほど豪華ではないが、原種が多くて、私には有り難い。
 原種の学名は、もっぱら側にあるラベルを頼りにしている。これも有り難い。写真に撮ると、このラベルは目障りではあるが、致し方ない。できるだけ、写り込まないように角度を工夫してはいるが・・・




タグ:2月

世界のラン、いろいろ Dendrobium chameleon

2017.02.26 05:02|ラン of 世界

2016/2/15 の記事を改めて掲載しました。

 
 デンドロビウム属、日本のセッコク属で、台湾からフィリピンにかけて分布する。
 牧野植物園のラン展(2016年)で撮った Dendrobium chameleon (写真上)と同じ学名のものが、2004年11月に撮影されていた(写真左)。
 花の色が違う。牧野植物園で撮ったものは茶色がかっているが、ずっと前に友人の温室で撮った方は白色に近い。
 学名の種小名が chameleon だから、開花後の経過とともに、カメレオンのように花の色が大きく変化するのだろうか?







タグ:2月

世界のラン、いろいろ Angraecum germinyanum

2017.02.24 18:40|ラン of 世界

2016/2/23 の記事を改めて掲載しました。

Angraecum germinyanum Angraecum germinyanum

Angraecum sesquipedale Angraecum sesquipedale Vanda falcata(フウラン) Vanda falcata(フウラン)

 
 Angraecum属は、アフリカなどに分布するランで、長い距が特徴である。
 夜、蛾が飛んできて、距の中の蜜を吸う。その際に受粉の仕事をさせられるという仕組みらしい。/だから、夜目立つように、花の色は白い。
 Angraecum sesquipedaleは、 植物の私生活 で紹介されているので、一部引用させてもらう。
   「sesquipedale の意味は「1フィート半(約45センチ)」で、長く垂れ下がった距からついた名です。実際には、ふつう30センチ程度です。アングレクムの長い距の奥にたまった蜜に届くような、長い口吻をもっている昆虫は1種類しかいません。それはススメガの1種キサントバンススズメガで、このランの唯一のポリネータなのです。

 Angraecum属は、日本にない。しかし、白色で、長い距をもつランといえば、フウランがある。
 これについては、 日本のラン ハンドブック ① 低地・低山編 の解説をお借りする。
 「白い花色、長い距、甘い香り、これらの形質の組み合わせは、夜行性のガに花粉媒介をゆだねる種の特徴。本種はアフリカでガ媒に進化したアングレクム属 Angraecum と瓜二つで、収斂進化の好例である。




 


タグ:2月

世界のラン、いろいろ Dendrobium mannii

2017.02.23 09:10|ラン of 世界

2016/2/22 の記事を改めて掲載しました。

Dendrobium mannii

左上=D. distichum、右上=D. leonis
左下=D. rosellum、右下=D. rosellum(白花)
左上=D. distichum、右上=D. leonis、 左下=D. rosellum、右下=D. rosellum(白花)

 
 Dendrobium mannii は、いわゆるデンドロの仲間で、日本ではセッコク属と呼ばれているが、姿はだいぶ違う。

 葉が縦になって、鋸の歯のように並んでいる。
 この特徴を備えたデンドロは、Aporum 節のグループに纏められる。

 友人の栽培しているものを左に紹介します。




タグ:2月

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき