世界のラン、いろいろ Vanda pumila

2018.02.22 07:46|ラン of 世界

2015/5/22 の記事を改めて掲載しました。

 
 バンダの原種 Vanda pumila バンダ・ㇷ゚ミラ
 何年か前の牧野植物園ラン展で撮ったものだが、今回も展示されているかな。
 バンダ属は、日本では、縁がない種類だと思われていたが、 フウランがこの属だということになった。
 あまり似ていないと思うが、DNA検査の結果には逆らえない。










タグ:2月

世界のラン、いろいろ Dendrobium bellatulum

2018.02.17 07:47|ラン of 世界

2017/2/17 の記事を改めて掲載しました。

 
 今年の、牧野植物園ラン展には、デンドロビューム属の原種がたくさん出品されていて、ほんとに、うれしい。
 しかも、そのほとんどが「新種」である。「新種」と言っても、私が初めて見るものという意味だが。
 このDendrobium bellatulumは、ヒマラヤ地方から、インドシナ半島にかけて広く分布しているらしい。 同属の、日本のセッコク類には見られない、派手で大きな花を咲かせている。







キンギンソウ  牧野植物園ラン展で (7)

2018.02.11 19:00|ラン of 世界

2015/2/27 の記事を改めて掲載しました。

キンギンソウ Goodyera procera は、展示が始まったときは、まだ蕾だったと思いますが、今日は花茎の中ほどまで開花していました。
 下の方はもう終わりに近い感じですが、先端の方は今でも固い蕾のままです。

世界のランいろいろ、Cleisostoma arietinum

2018.02.08 08:00|ラン of 世界

2016/2/13 の記事を改めて掲載しました。

Cleisostoma arietinum

ムカデラン

 
 Cleisostoma arietinumは、マレーシアやベトナムなど熱帯アジアに分布する。写真(上の右側)を撮って帰り、整理していたら、同じ学名のが、すでに撮られていた(上の左側)。こちらは、ラン愛好家の温室で撮らさしてもらったものだ。
 両者は、同じ学名のラベルが付いていたが、花や茎、葉の色がまったく異なる。あるいは、変種とか品種とかの関係になるかもしれない。
 日本にも自生するムカデラン(写真左)は、これに非常に近いようだ。同じ属とする説もあるほどで、花も姿も似ていると思う。



世界のラン、いろいろ Miltonia kayasimae

2018.02.06 08:34|ラン of 世界

2016/2/16 の記事を改めて掲載しました。

 ミルトニア属は、洋ランの中でも、とくに華やかな花を咲かせる。たくさんの園芸品種も作りだされているが、これは原種である。
 ラン展でも、私は原種に惹かれて、園芸品種は二の次にしている。今年のラン展は、昨年ほど豪華ではないが、原種が多くて、私には有り難い。
 原種の学名は、もっぱら側にあるラベルを頼りにしている。これも有り難い。写真に撮ると、このラベルは目障りではあるが、致し方ない。できるだけ、写り込まないように角度を工夫してはいるが・・・




タグ:2月

ナナちゃん、これでも蘭

2018.02.01 17:25|ラン of 世界

2012/2/23 の記事を改めて掲載しました。

Pterostylis nanaプテロスティリス・ナナ。オーストラリアの蘭ですが、どうしても蘭の花には見えません。日本では見かけない形ですし、いわゆる洋ランでも馴染みの薄い姿です。ここは、学者がラン科に仕分けしているのですから、鵜呑みにするほかありません。
 あまり世話もしないのに、毎年、いまの一番寒い時期に花を咲かせます。洋ランは温室にいれて、 冬は暖房を入れるのが普通で、これなら真冬に咲いても不思議はありませんが、 このナナは冬も暖房なしです。
 秋の終わり寒くなりだしてから、新しい葉を出し始め、今ごろ花をつけ、春も終わるころは枯れて、地上部は消えてしまいます。冬眠ではなく、夏眠にはいるわけです。
 産地のオーストラリアでもいま花を咲かせているのか?いまオーストラリアは夏ですから、眠っているのか?どちらでしょう。

世界のラン、いろいろ  Bulbophyllum gusdorfii

2018.01.29 18:25|ラン of 世界

2016/1/27 の記事を改めて掲載しました。

ミヤマムギラン

 

 マレーシア原産の Bulbophyllum (マメヅタラン属)で、日本のミヤマムギランに近い仲間。

 日本では、見たこともないようなランばかり紹介してきたが、これは比較的日本のミヤマムギラン(写真左)の花の付き方や形が似ている。






世界のラン、いろいろ  Bulbophyllum falcatum

2018.01.25 09:07|ラン of 世界

2016/1/22 の記事を改めて掲載しました。

 
 これも、Bulbophyllum 属 (マメヅタラン属)で、コブラオーキッドに近い仲間。  花茎が平らな板状で両側に、小さな花が並んでいる。何か、虫のような、蛙のような、何とも言い難い形。
 長いテーブルの両側に、肘掛け椅子が並んでいて、これから会議でも始まるか・・・
 みなさんそれぞれ想像してみてください。





 


世界のラン、いろいろ  Paphiopedilum armeniacum

2018.01.24 09:09|ラン of 世界

2016/1/28 の記事を改めて掲載しました。

クマガイソウ

 
 Paphiopedilum armeniacumは、中国南部からミャンマーにかけてが原産地である。
 この Paphiopedilum属は、熱帯アジアを中心に60種ほど分布しているそうだ。
 日本には、この属はないが、これに近いものにアツモリソウ属がある。この属は日本に何種類か自生するが、四国にあるのは、クマガイソウ(写真左)とコアツモリソウだけである。
 Paphiopedilum属とアツモリソウ属は、袋のような唇弁の形が共通している。この中に昆虫を誘い込んで、脱出する際に受粉をさせる戦略ということだ。




世界のラン、いろいろ  Bulbophyllum maximum

2018.01.23 08:11|ラン of 世界

2016/1/21 の記事を改めて掲載しました。


 数年前、牧野植物園のラン展で撮ったもので、コブラオーキッドと呼ばれている。
 分類学的には、Bulbophyllum maximum、日本のマメヅタラン属と一緒だが、とてもじゃないが、同じ属とは信じがたい。ラン科の植物であることさえ疑わしい。
 アフリカ原産だが、コブラがアフリカにいるかどうかは知らない。
 平らな板を捻ったようなものは、花茎であり、その両面の真ん中に、花が並んで付いている。
 そのひとつひとつを拡大しても、「花」と呼ぶより、ダニかなんかの虫が張りついてように見える。




 


01 ← 2018/02 → 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”