「福寿草まつり」休止だって

2017.01.26 08:30|切り抜き
今年は、福寿草祭りが休止だって、高知新聞にでていた、残念。
 例年、大豊町南大王の福寿草の里はたくさんのファンを楽しませてきたのに、寂しいニュースだ。この祭りを支えてきた地区の住民が高齢になって、開催が難しくなったそうだ。
 考えてみれば、車で行って、楽しむだけ楽しんで、たいした援助はしてこなかった。今更、無理はいえない。
 福寿草そのものは、急に消えてなくなるものではないが、地元の保護がないと、将来、消滅しないとも限らない。
 今年は、九州の友人から、ぜひ見たいと連絡があった。だから、案内しようと思っている。祭りは休止だが、見に来てくれることには支障がないそうだから。  

シカ激増 喰うシカない!

2017.01.11 10:36|切り抜き

2014/1/17 の記事を改めて掲載しました。

 高知新聞(2014/1/11)に、「シカ激増 環境破壊の危機 警備会社に駆除委託」の見出しの記事がありました。
 罠にかかったニホンジカの写真の側に、可愛い小鹿のイラストが載っています。
 「捕まえたときは、二酸化炭素を注入する器具で殺処分し、施設に運んで焼却する」にするのだそうです。人間にとっては害獣でも、シカに罪はないから・・・という配慮もうかがえます。
 
 高知県香美市に、 別府峡温泉(べふきょうおんせん) があって、入り口に幟がたっていて、それに「喰うしかない」と書かれていました。
 鉄砲や罠でとったシカは喰うのが一番だ、というのですが、「シカは売ってない」とも読めて、なかなか面白い宣伝でした。もちろん、シカの肉を入れた料理をだしたり、肉そのものを売っていました。
 理由はどうあれ、殺したものは、処分するのではなく、喰うべきだと思います。
 もっとも、シカを山から降ろして、正規の食肉処理場で解体しないと流通させることができないなど、問題があるようです。
 高知県のホームページに  県内でシカ肉とシカ肉加工品を販売している事業者として、5つの店が載っています。







安倍政権下 改憲反対 55%

2016.10.29 14:50|切り抜き
今朝の高知新聞に、憲法発布70周年に当たり行った共同通信世論調査の結果が載っていた。






以下、Amazonのほんだな


皇太子さま 「今後とも憲法順守」

2016.05.04 07:03|切り抜き

2014/3/1 の記事を再度掲載しました。

 皇太子さまの誕生日の記者会見が、23日の新聞で報道されていました。

 朝日新聞は、皇太子さま「今後とも憲法順守」の見出しで、
「戦後の日本は憲法を基礎に築き上げられ、平和と繁栄を享受している。今後とも憲法を順守する立場で事に当たっていくとこが大切」と語った旨、書かれています。

 読売新聞は、ソチ五輪「努力に思いはせる」という見出しで、憲法についての皇太子の発言は書かれていません。

 日本国憲法には次の条文があります。
第99条 [憲法尊重擁護の義務] 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 この条文を一読すれば、皇太子さまが「今後とも憲法順守」といったのは、ごく当然のことといっていいでしょう。
 読売新聞は、だから、とりたてて記事にすることもあるまい、と考えてのことか?

 しかし、安倍総理大臣を先頭に多くの国会議員が競い合って「改憲!」を叫んでいるご時世ですから、「憲法順守」の一言は重いものがある。「ソチ五輪の努力に思いはせる」よりは、ニュースだと思うのですが、どうでしょう。



「あたらしい憲法のはなし」=文部省発行の教科書

2016.05.03 06:58|切り抜き

2013/12/2 の記事を再度掲載しました。

 「戦争放棄」と書かれた壺に、戦車や戦闘機その他もろもろ、詰め込まれて、燃やされている。
 これは、「あたらしい憲法のはなし」という中学校の社会科の教科書です。文部省が直々に作成したものだそうです。1947年(昭和22年)から1952年(昭和26年)の3月まで使われ、1952年4月からは廃止されたそうですから、短命であったと言えます。憲法そのものは生き残っていますが・・・
 1950年に警察予備隊が生まれ、1952年に保安隊に、1954年に自衛隊にと、2年ごとに脱皮しながら、まぎれもない軍隊に成長しました。保安隊ができた1952年に、この社会科の教科書は消されたわけです。
 1936年生まれの私は、この短い期間に、中学校生であったので、このイラストが記憶の隅っこのほうに残っています。  この頃の「憲法改正」、「集団的自衛権」、「特定秘密保護法」といった言葉が、記憶をよみがえらせます。



 この教科書は、復刊されていています。  もちろん、文化科学省が、ではありません。  



 
カウンター

1000円=2000円 x 0.5

2014.03.20 09:11|切り抜き
 楽天が「不当価格表示指示、定価水増し割引装う」と 朝刊(高知新聞)にでていました。
 要するに、1000円で売りたけりゃ、定価が2000円だったことにして、50%割り引きましたよ、いうことにしなさい、と楽天が出店業者に指示した、ということでしょう。



 二重価格表示になって、法律に触れるらしいが、こんなこと良くあること、あるいは「常識」じゃないか、と思っていました。
 冬物の衣料品が春が近づいて、「1000円」を消して「500円」にするとか、道の駅の弁当の値段が夕方になると半額になるとか、はこれは純粋な(?)割引。
 最初から「50%オフで〇〇〇円です」というのは、すべて眉唾ものじゃ、と思った方が良いのでは。
 買う方は、〇〇〇円が高いか、安いか、で判断しなければ、騙される宣伝が世の中、満ち溢れちいる。




シカ肉ののり巻き発売

2014.01.11 17:06|切り抜き

道の駅「韮生の里」
高知県香美市香北町美良布
1パック250円

 道の駅「韮生の里」で、シカ肉ののり巻きの発売が始まりました。 (高知新聞2014.1.9)
 ここは、私の家から車だと3分もあれば行ける。さっそく、今日1パック(250円)を買ってきて、試食してみたら、美味しかった。
 シカ肉の臭みがない。入っていると宣伝しなかったら、誰も気づかないのではないかと思う。うまく調理したのでしょ 私としては物足りないですが、みんなに美味しく食べてもらうには、やはり、このほうが良いのでしょう。
   だいぶ前のこと、シカ肉を貰ったり、あるいは、買ったりして、食べたことがあります。
 鯨の肉に近い味だったように思います。自分でカレーに料理して、自分一人で美味しくいただいた。家族は敬遠してくれたので、たっぷり食べれました。
07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき