ムカゴサイシンは、花の季節から 葉の季節へ

2019.06.16 09:20|野生ラン・6月

2015/6/5 の記事を改めて掲載しました。

 このあたりでは、ムカゴサイシンは花が咲き、実を結び、タネを撒き終わった。
 と同時に、地面には葉っぱが出始める。つまり、ムカゴサイシンは花の季節から葉っぱの季節へ移り替わる。

 蕾の頭が地表に現れるのが、5月半ばごろからで(写真上左端)、
 5月下旬から6月上旬にかけて花が咲く(写真上左から3番目)。
 そして、6月中旬から7月にかけて、実を結び、タネを撒く(写真上右端)。

 早いものは、6月中ごろから、葉っぱが出始める(写真下左端)。つまり、タネを撒いていると同時に、葉っぱが姿を見せ始めることもある。
 折りたたまれていた葉が展開して、精一杯光を受けている(写真下左から3番目)。
 冬が近づくと、葉の緑は褪せて(写真下右端)、11月終わりには消えてしまう。
 そして、来年の5月までは、ムカゴサイシンの姿は地上には全くない。


タグ:ムカゴサイシン 6月

ムカゴサイシン 葉っぱが出始める

2019.06.15 07:58|野生ラン・6月

2014/6/14 の記事を改めて掲載しました。

 近くの里山では、ムカゴサイシンの花の時期は終り、タネも撒いて、葉っぱの季節へと移行しています。
 役目を終えた花茎の側に、葉っぱがちょびっと覗いています。
 ご覧になっている画像より、実物は小さいかもしれません。だから漫然と探すのでなく、 残っている花茎の側に注目していて、やっと発見できる。
 まあ、そんなに急いで見つける必要があるか、と言われればその通りです。



タグ:ムカゴサイシン 6月

シロバナモジズリは、今年も庭に

2019.06.14 06:26|野生ラン・6月

2016/6/21 の記事を改めて掲載しました。

左は昨年、右は今年   庭の芝生の中に、今年もシロバナモジズリが咲いてくれた。
 昨年初めて現れたのだが、今年の春から注意して見ても、昨年咲いたところに葉っぱが見つからなかったので、心配していた。昨年よりも、やや弱々しい感じだが、残っていてくれて嬉しい。
 この芝生は、洗濯物の干場になっているし、二人の孫が走り回るので囲いをした。こうしておけば芝刈りの時に、間違って刈飛ばすこともない。
 庭には、今年は50株ほどのネジバナが出たが、芝刈りのとき、大半を刈り取ってしまった。毎年この調子だが、ネジバナは栄枯盛衰を繰り返して、もう20年にはなるだろう。

追記:(2018/6/25)
 このシロバナモジズリは、2年続けて咲いてくれたが、その後姿を消した。
 普通のネジバナは、たくさんでて庭の芝生を賑わせているが・・・



05 ← 2019/06 → 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”