アカカタバミ   愛らしくて、しぶとい

2018.05.26 10:08|山野草・5月
 アカカタバミは、可愛らしい花です。これが絶滅危惧種だったら、高山の高嶺の花だったら、たくさんの人々がカメラを向けて取り囲むことでしょう。
 この小さな花が我が家の庭には、以前から住み着いています。女房がこれを目の敵にして、除草に努めていますが、絶滅には成功してない。が、ひところよりは、花が目立たなくなりました。
 私はこの花を内心ひいきにいるのです。

タグ:カタバミ科 アカカタバミ 庭の千草

ヘビイチゴ   ほんとの蛇もでるよ

2018.05.24 11:29|山野草・5月

2012/5/16 の記事を改めて掲載しました。

 我が家の庭には、ヘビイチゴも繁殖しています。
 ヘビイチゴってのは、人様の食べるものではありませんよ、という意味でしょうが、毒ではないそうです。
 子供のころは、いろいろの野苺を食べました。いま店で売っているような苺は、そのころは、お目にかかれませんでした。

 ところで、庭にはシーズンになると、ほんものの蛇が2類類でます。小さなのは、猫の愛玩具にされますから、女房が早々に退散するよう指導しています。

タグ:バラ科 ヘビイチゴ属 ヘビイチゴ 庭の千草

ニワゼキショウ 北アメリカからきたミニアヤメ

2018.05.23 09:55|山野草・5月

2012/5/23 の記事を改めて掲載しました。

 我が家の庭に来たのはいつのことかは、覚えていませんが、相当前から住み着いていることは確かです。 下の方の、黄色の花はアカカタバミです。 だからといって、やたらと蔓延ることもありません。 白っぽいのと紫の濃いのとが、交じり合ったり、別個の集団をつくったりして、長年の付き合いです。
 もとは、北アメリカ生まれのアヤメ科だということですが、おそらく、このミニアヤメは園芸品として取り入れたものでしょう。それが、野生化して相当山奥の道ぶちでもお目にかかります。
 庭に植えたことはありませんから、野生化したものが、我が家の庭にも入り込んだのです。
 なお、周りのグランドカバーは、シバとチドメグサですが、シバの方は私が植えたものです。チドメグサは自力で侵入して、庭一面に拡がって、グランドカバー主役の座をシバと争っている状態です。

タグ:アヤメ科 ニワゼキショウ 庭の千草

04 ← 2018/05 → 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”