アオビユ はるばる外国からようこそ

2017.08.20 07:47| 山野草

2013/8/20 の記事を改めて掲載しました。

 
 アオビユ別名ホナガイヌビユです。
 このところの猛暑を敬遠して、昼間は家にこもり、朝夕に自転車で散歩(?)するのを日課としていますが、その散歩道の傍の畑に群生していました。
 日本帰化植物写真図鑑を見ますと「南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアなどの熱帯、亜熱帯から温帯まで広く分布する」そうです。日本には大正末期に入ったと書かれています。
 アオビユはヒユ科ヒユ属ですが、高知県植物誌にはこの仲間が8種載っています。なんと全部が帰化植物です。もし高知県植物誌からすべての帰化植物を抹消したら、本の厚さはぐんと減るでしょうね。
 しかし、散歩がてらに外国の植物を観察できるとは素晴らしい。帰化植物だといって毛嫌いしない、グローバルでいきましょう。








タグ:アオビユ 8月

クロムヨウランは咲かない

2017.08.20 05:18|ムヨウラン属

2014/8/7 2014/8/11 2014/8/12 2014/8/13 2014/8/19

 クロムヨウランの開花を期待して山へ通った頃があった。7月17日に始まり8月19日まで、8日も行った。
 車で半時間ほどもかけて、蚊に刺されながら、よくも頑張ったものだ。
それだけ、ぱっと開いた花を一目見て、カメラに収めたいとの、欲望が強かったわけだ。

 しかし、今は、開花は望まない。「クロムヨウランは、開花せずに、結実する」と教わったからだ。 むしろ、花が咲いていないのを確認して、「これがほんとのクロムヨウランだ」と安心する。
 「クロムヨウランは開花せずに、結実する」と書かれたのは、澤完元高知大学助教授である。 稀に、開花する株があるが、これは変種のトサノクロムヨウランであるとされた。
 だから、8日通って、一輪も開花しなかった株こそが正真正銘のクロムヨウランだということになる。
 クロムヨウランの原記載には「花ハ正開セズ、花被ハ相接シテ円筒状ヲナス」とある。
澤先生の説は、この原記載を根拠としている。

 残念ながら、トサノクロムヨウランが一般に認知されていない。
Ylistで検索してもヒットしない。
高知県植物誌(2009年)を見ても、項目として掲載はされているものの、 「クロムヨウランと区別することは難しい」とそっけない。
「開花せずに結実する」ものを開花するものとを区別するのは、素人でもできる。 ルーペがなくても、一目で一目で判る特徴ではないか。

 もっとも、「クロムヨウランは開花せず・・・」とすると、 立派に開花した写真をクロムヨウランとして載せている、すべての図鑑はどうなる。
 




タグ:クロムヨウラン 8月

コクラン、色の変化

2017.08.19 08:02|クモキリソウ属
タイプ1

タイプ1 タイプ2 タイプ3

 
 コクランは、四国では、10種あるクモキリソウ属の一つだ。 そして、この中で一番ポピュラーで、ちょっと山に入ると良く目につく。
 その理由は、繁殖力が強く、場所を選ばないことだ。 里山の山道で、日当たりの良い、乾燥した場所で見ることもあれば、 薄暗く、ジメジメした、スギの植林の中に群生していることもある。
 さらに、もう一つ考えられるのは、割合に人に採られないことを挙げても良いだろう。

 コクランの色の変化といえば、3つのタイプに分かれる。
タイプ1=花被片、花柄子房、花茎のすべてが紅紫色である。
タイプ2=花被片は、紅紫色であるが、花茎と花柄子房は緑色である。
タイプ3=花被片、花柄子房、花茎のすべてが緑色である。
 タイプ1は、コクランとして典型的なものであり、魅力的である。 また、このタイプが一番個体数が多いように思う。 次に多いのは、タイプ2であるが、 緑色が強いせいか、花被片の色も、タイプ1のような鮮明な紅紫色ではなく、暗い色になる。 タイプ3は、稀にしか出会うことができない。全体として、緑一色といって良いが、部分的に赤紫がにじみ出る。
 身近で楽しめるランとして残ってほしい。撮ることで、その魅力は何時でも楽しめる。採るのは禁物。




 

タグ:コクラン 7月

07 ← 2017/08 → 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事の分類

最近の記事

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“ 梅雨時に逆さ傘 ”

車に乗るとき、降りるとき