クロヤツシロラン 今ならあちらこちらで見つかる

2017.11.13 07:00|野生ラン・11月

2014/11/6 の記事を改めて掲載しました。

 秋に咲くヤツシロランは、四国では、クロヤツシロランとアキザキヤツシロランの二種ですが、今年はどちらもあまり見ることができませんでした。
 ところが、今の時期つまり果実期になると、あちらこちらの藪で見つけることがあります。
 花は地べたにへばりつくように咲いていますが、実を結ぶと、花柄がぐんぐん伸びて、20cm、30cm、40cmとなるから、良く目につくわけです。
 今なら藪蚊もほとんどいないのでチャンスです。




タグ:オニノヤガラ属 クロヤツシロラン

ヤクシマアカシュスランも種まき

2017.11.11 08:47|野生ラン・11月

2015/12/9 の記事を改めて掲載しました。

開花期、9月10日撮影

 
 ヤクシマアカシュスランは、ランの中では、開花時期が遅く、だいたい9月になってから。
 でも、今はもう果実が割れてタネを撒いている。撒き終わって空っぽになった殻も見える。
 小豆ほどの小さな果実だが、中には沢山のタネが入っている。これが撒き散らされたとしても、発芽して花を咲かせる株に成長できるのは、いくつあるのだろう。
 おそらくゼロに近いのではないか。もし、一粒でも育っていれば、数年のうちに、このあたり一面ヤクシマアカシュスランだららけになるはずである。




タグ:ヤクシマアカシュスラン

アキザキヤツシロラン 探すなら11月

2017.11.10 08:48|野生ラン・11月

2012/11/1 の記事を改めて掲載しました。

 
 11月ともなると、ランの仲間も大方は花の時期はすぎました。カンランなどこれからというのもありますが、これは鉢で咲かせたものですから、物足りない。
 ここに紹介するアキザキヤツシロランも果実の時期になっています(写真上)。しかし、自生地を探すなら、今が絶好の時期です。
 アキザキヤツシロランは、四国では太平洋側に近く、大きな河川流域の竹林に生えています。一昔前は、モウソウチクにしろ、マダケにしろ、竹は生活の必需品でしたから、竹林は大事されていました。しかし、今は、無用の長物となって放置されているところが大部分です。
 こんな竹やぶには、足を踏み入れるにもちょっと勇気が要ります。また、中に入ると、蚊の集中攻撃を受けることは間違いなし、です。11月ともなると、蚊もぐんと減ってくることも、「今が絶好の時期」といったことの理由です。
 もうひとつ、花の時期よりも果実の時期の方が探しやすい、ということもあります。花(写真下)は、高くても10cmですから、雑草などに埋もれていることもありますし、色はご覧のような保護色ですから、目立ちません。しかし、結実すると、花柄がぐんぐん伸びて、30cmを超すこともありますから、簡単に見つけることができます。

 どんなところを探せばいいか?と聞かれれば、「四国におけるハルザキヤツシロラン,アキザキヤツシロラン及びクロヤツシロランの分布」 が非常に参考になります。
 また、アキザキヤツシロランとクロヤツシロランは、花期が同じで、竹林では両方が一緒に生えていることも良くあります。果実での見分け方は、 ここ を参考にして下さい。





日本ラン科植物図譜




タグ:オニノヤガラ属 アキザキヤツシロラン

10 ← 2017/11 → 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

リンク

 

Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“  L ”