シソ科シソ属シソ 本家本元

2017.09.20 10:53|山野草・9月

2010/9/18 の記事を改めて掲載しました。

 
 人家の近くの畑、豆類を植えてはあるが、あまり手入れができていない畑の畦に雑草に埋もれてシソが花を咲かせていました。
 これはアカジソで、梅を漬けるときに入れて、紅色に染めるのに使っていました。香りはあまりしないので、料理に使うのはアオジソの方です。
 ちょっと前までは農家はシソを植えていて、料理で必要なときに近くの畑に行って葉っぱを摘んできていたものが、それはたいていアオジソの方でした。
 今では農家も自家用の野菜でも買ってきて使う場合が多いようで、近くの畑にもあまり行かず、手入れもいきとどきません。ここのアカジソも栽培していたもののタネが残っていたのでしょう。雑草に埋もれて野生状態でした。 
 シソ科の花はたくさんあって、秋に咲くものも多く私たちを楽しませてくれますが、シソの花がこんなに魅力的なことにはこれまで気づきませんでした。




タグ:シソ科 シソ属 シソ

オオミヤマウズラ あちらこちらで咲く

2017.09.19 07:14|野生ラン・9月

2014/9/21 の記事を改めて掲載しました。

 
 いま、オオミヤマウズラがあちらこちらで咲いています。
 ミヤマウズラより花期が1ヶ月ほど遅いので、今咲いているのはオオミヤマウズラのほうだと見て、まず間違いないと思います。
 花期が遅いことのほかに、花の形もだいぶ違います。ミヤマウズラほどに開きません。まあ半開といって良いでしょう。
 また、花と花との間隔も広いのも特徴です。
 丈は、30㎝を超すものもあり、平均的にミヤマウズラより大型です。




タグ:シュスラン属 オオミヤマウズラ

「66年ぶり確認」のヨツバハギ 今年も元気に咲いています

2017.09.18 18:44|山野草・9月

2007/9/28 の記事を改めて掲載しました。

 
 2007年、地元高知新聞に、「県内66年ぶり確認」の見出しで載ったヨツバハギが今年も元気に咲いています。
 あれから7年経ちましたが、ほとんど当時の状態で維持されているのはうれしい。ここらあたりが「開発」されなかったことの証かもしれませんが。
 このマメ科の花は花期が長くて夏に咲き始めて、11月ごろまで咲き続けます。








追記(2017/9/18):
今年も咲いています。






タグ:マメ科 ソラマメ属 ヨツバハギ

08 ← 2017/09 → 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

メール

お名前 ↓
あなたのアドレス ↓
件名 ↓
本文 ↓

 

Author: hisa
“   ”