ムカゴソウに、7年ぶりに会う

2019.08.19 06:33|野生ラン・8月

 
 7年ぶりに、ムカゴソウに出会えた。
 2009年に、初めて見て、ホームページにも載せたが、その後、同じ場所に行っても、見つからなかった。
 今回は、隣の県まで遠出して、4株のムカゴソウを見ることができた、ラッキー。
 この花を見つけるのも、老眼ではやさしいことではない。車道沿いに150mほどの範囲にあることを、友人から教わって、必ずあると信じて歩いたが、無い。
 半分諦めて引き返す途中で、最初の一株を発見した。これをカメラに収めて、駐車場の車の近くで、さらに二株。その一つは、立派な株であった。ここに載せたのがその株。
 




タグ:ムカゴソウ属 ムカゴソウ

マツラン、庭木で咲く

2019.08.17 07:50|野生ラン・8月

2017/4/12 の記事を改めて掲載しました。

 
 庭木のビャクシンで、マツランが咲き始めた。別名をベニカヤランというが、この名前で呼ばれることが多いかな。
 庭木で咲くのは早いから、山ではもっと遅くなるだろう。
 いつも思うことだが、このランは迷彩服を着たようで、冴えない。葉に紅紫色の斑点があるし、花にもそれがある。 花がどこに咲いているのやら、判然としない。
 花は葉っぱが変化したものだそうだが、ふつう、花は、できるだけ目立とうとする。葉が緑色しているから、 花は黄色だったり、赤かったり、白かったりすることが多い。花粉の運び屋のチョウやハチの目を惹きつけようする。
 ところが、マツランときたら、反対に、目立たないようにしている。









タグ:4月 マツラン

台風の落とし物

2019.08.16 08:24|野生ラン・8月

2016/10/12 の記事を改めて掲載しました。

 この間の台風で、小さな柿の木が半分ほど倒れていた。 近づいてみると、案の定、フウランが付いていた。4~5株ほど。 キバナノセッコクも一株付いている。
 すぐ近くに、氏神様があって、その鎮守の森は、ムヨウランやツチアケビ、ハルザキヤツシロランなどが生えるので、良く訪問する。あるときは、落下したカシの木の枝にフウランが付いていたことがあった。
 柿の木に付いているフウランも、そこから飛んできたタネが発芽したものに違いない。




タグ:フウラン セッコク

07 ← 2019/08 → 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の分類

検索

記事一覧

月別アーカイブ

リンク
















Author: hisa
“ 天気予報 ”


-天気予報コム- -FC2-

“ amazon ”